サイバー

国内ニュース

日本のLINE利用者の画像・動画全データ、韓国で保管 ★2

 国内の月間利用者が8600万人に上る無料通信アプリを運営する「LINE(ライン)」(本社・東京都)が、利用者間でメッセージをやりとりする「トーク」と呼ばれるサービスに投稿されたすべての画像と動画を韓国内のサーバーに保管していることがわか
国内ニュース

ソフトバンク販売店から銀行口座情報が流出 「ドコモ口座」事件に利用される

「ドコモ口座」から現金が引き出される被害が相次いだ事件で、被害に遭った銀行口座の情報が、携帯電話の販売店から流れていたことが警視庁の捜査でわかった。 ドコモ口座が個人の銀行口座と不正にひも付けられ、現金が引き出された事件で、犯行に使われた口座情報が
国内ニュース

コロナワクチン開発公表後、不審アクセス急増…日本のトップメーカーに海外から

新型コロナウイルスのワクチン開発を進める製薬会社「KMバイオロジクス」(熊本市)のコンピューターシステムに対する不審なアクセスが、開発の公表後に急増していたことが同社への取材でわかった。同社は対応を強化しており、情報の流出は確認されていない
国内ニュース

川崎重工に不正アクセス、一部情報流出の恐れ 「痕跡がなく、高度な手口によるもの」

川崎重工業は12月28日、同社の海外拠点から日本国内のデータセンターへ不正アクセスがあり、一部の情報が外部に流出した可能性があると発表した。 同社によると、6月にタイの拠点から日本国内のデータセンターへ不正アクセスを受けていたことを確認。その後、インドネシ
国内ニュース

日立システムズに不正アクセス 顧客企業に被害のおそれも

企業のサーバーやネットワークを監視するサービスを提供している日立システムズは、自社のシステムが不正アクセスを受けたことで、常時接続している複数の顧客の企業も不正アクセスを受けたおそれがあるとして、警察に相談して対応を進めています。 日立システムズによりますと、ことし10月8日に、顧
東アジアニュース

日本を狙う韓国系ハッカーの「ダークウェブ」のやり取り公開

今年9月以降、韓国系グループによるサイバー攻撃が日本を代表とする衣服品関連の少なくとも4社に行なわれ、すでにオンラインストアのデータベースから顧客の個人情報や購入履歴などが大量に盗まれたことが発覚した。『週刊ポスト』12月11日号では、韓国系のハッカーが活動を活発化させていることを報じている。
国際ニュース

ロシアが東京五輪を標的にサイバー攻撃 英発表「強い言葉で非難」

英政府は19日、今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。攻撃の詳細や被害の有無は不明。ロシアはドーピング問題で両大会からの除外処分を受けており、BBC放送は、これに反発して妨害工作を計画していた可能性を指摘した。
国際ニュース

グーグル氏、中国からのDDoS猛攻を受けていた 1秒間に2兆5400億回

Google Cloudは米国時間10月16日、2017年9月に、これまで未発表だった大規模なDDoS(分散サービス拒否攻撃)攻撃を受けていたことを明らかにした。攻撃の規模は最大2.54Tbpsで、これまで明らかになったものの中で最大の規模だ。
国内ニュース

ワクチン狙いサイバー攻撃 国内初確認、中国関与か

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発をめぐり、機密情報を持つ日本国内の組織に対し研究内容を盗み取ろうとするサイバー攻撃が仕掛けられていたことが19日、情報セキュリティー会社への取材で分かった。国内で攻撃が確認されたのは初めてとみられ
国内ニュース

【クレカ情報】1万件が流出か 東映子会社DVD販売サイトから

 大手映画会社東映の子会社「東映ビデオ」は1日までに、映画のDVDなどを販売していたオンラインショップのサイトが不正アクセスを受け、約1万件のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。  同社によると、昨年5月から今年5月までに同サイトでカード決済した人のカード番号、名義人の氏名、有効
国際ニュース

米、中国人ハッカー2人を起訴 ワクチン研究情報など狙う 日本企業も被害 ネット「犯罪国家中国は世界が団結して潰すべき

7月22日 AFP(更新)米司法省は21日、米国をはじめとする各国の企業数百社から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン研究関連の情報や知的財産を盗もうとしたとして、中国人2人を起訴したと明らかにした。米国の他、日本を含む各国の企業数百社が標的になったとしている。
国際ニュース

データも人材もファーウェイに流出?倒産するまで盗み尽くされた大企業に見る、中国の“荒技”

 そんなビジネスウィーク誌が7月6日号で興味深い記事を掲載している。6ページにわたって、カナダの大手通信機器企業が中国政府系ハッカーらによって継続的にサイバー攻撃を受けたことで結果的に倒産に追い込まれた様子を記事にしている。  これこそまさに、中国が世界中で行っているサイバー攻撃の実態を浮き彫りにしている。というのも、この
国際ニュース

オーストラリアに大規模サイバー攻撃、攻撃主体は「国家ベース」

 オーストラリアのスコット・モリソン(Scott Morrison)首相は19日、同国が政府や公共サービスなどを標的とした大規模サイバー攻撃を受けており、攻撃主体は「国家ベース」だと明らかにした。  モリソン氏は緊急記者会見を開き、サイバー攻撃について「あらゆるレベルの政府、産業界、政治団
国内ニュース

NTTコミュニケーションズから防衛省情報流出か 河野太郎防衛相「企業の対策見極めたい」

 河野太郎防衛相は29日の記者会見で、通信大手NTTコミュニケーションズがサイバー攻撃を受け、防衛省・自衛隊の情報が流出した可能性があると同社から報告を受けたと明らかにした。同省関係者によると、自衛隊の通信ネットワーク情報などが流出した恐れがあり、機密情報が含まれるかどうか調査している。
国内ニュース

【中国系ハッカー暗躍】最新鋭ミサイルの性能情報漏洩か 三菱電機サイバー攻撃

 三菱電機への大規模なサイバー攻撃で、防衛省が研究している最新鋭兵器「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同社から漏洩(ろうえい)した疑いが強いことがわかった。防衛省や防衛産業へのサイバー攻撃で、特定の装備に関する情報流出の疑いが発覚するのは異例。防衛省で安全保障上の影響などを調査している。