北海道

地方ニュース

ずさん修理で27万円! 悪質業者の事務所を訪れると… 北海道札幌市

■ずさん修理で27万円! 水まわり修理のトラブル続出 悪質業者の事務所を訪れると… 北海道札幌市 視聴者からの疑問や悩み、暮らしの中のハテナ?を調査する「HBCもんすけ調査隊」です。  今回のテーマは「道内で相次ぐ、水まわり修理をめぐるトラブル」。50代の女
地方ニュース

北海道2区補選は野党共闘が決定 立憲・松木謙公氏を候補に

 衆院北海道2区補選(4月13日告示、25日投開票)で「野党共闘」を模索してきた立憲民主、共産、社民の各党道組織と市民団体「戦争させない市民の風・北海道」は28日、2区補選に関する政策協定に調印し、立憲の松木謙公・前衆院議員を統一候補とすることを決めた。
地方ニュース

【北海道】マイバッグ悪用、万引後絶たず レジ袋有料化8カ月 店内でマイバッグを使わないよう放送で呼び掛けも★3

 政府が昨年7月、小売店でレジ袋の有料化を義務付けてから半年以上が過ぎ、道内のスーパーなど小売店でマイバッグを悪用した万引が目立っている。会計前の商品をバッグに入れる手口は通常の買い物との見分けが難しく、「会計するつもりだった」などと言い
地方ニュース

「同性婚禁止は違憲」 札幌地裁が初判断

 同性同士の法律婚を認めないのは「婚姻の自由」などを保障した憲法に反するとして、北海道内のカップル3組6人が慰謝料各100万円の支払いを国に求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知子裁判長)は17日、違憲性を認めつつ、請求を棄却した。全国5地裁で
地方ニュース

【北海道】国定公園にスプレーで「HAPPY BIRTHDAY」の落書き ※画像

北海道南部の七飯町にある「大沼国定公園」の凍った湖に、スプレーのようなもので文字が書かれているのを、地元の漁師が発見しました。 凍った大沼の上に書かれた「HAPPY BIRTHDAY」の文字…。
地方ニュース

旭川医科大学が病院長を解任…「(コロナ患者)受け入れるならお前がやめろ」学長発言をマスコミに漏らしたとして

国立の旭川医科大学(北海道旭川市、吉田晃敏学長)が、付属の旭川医科大学病院の古川博之院長を解任したことが25日、わかった。院長は昨年12月の朝日新聞の取材に、市内の吉田病院で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した際、吉田学長
地方ニュース

ヒトインフルエンザの薬を鳥インフルエンザにかかった鶏に投与したら全然死にませんでした。予防効果も有るらしいです。

高病原性の鳥インフルエンザに感染したニワトリの治療にヒトに使われている治療薬が有効であると北海道大学の研究グループが発表しました。オジロワシなど、希少な鳥類の保護にも役立つのではないかと期待されています。
2021.03.31
地方ニュース

札幌ススキノからパチンコ店が消滅

パチンコ・パチスロ店の「プレイランドハッピーすすきの店」が、2021年1月11日に閉店した。 これによって札幌ススキノの歓楽街からパチンコ店がゼロになった。
地方ニュース

【北海道】倶知安とニセコ、外国人住民64%減 昨年末 帰国増、入国も困難

後志管内倶知安、ニセコ両町の住民基本台帳によると、2020年12月末時点で両町の外国人の人口は1118人となり、前年同時期より2014人減(64%減)と大きく落ち込んだ。ニセコ地域では近年、好調なリゾート開発を背景
地方ニュース

【ワイン】仏で300年続く老舗ワイナリーが北海道進出 外国資本は初 ブドウ畑は東京ドーム8個分

世界屈指の最高級ワインの産地・フランス東部ブルゴーニュ地方で300年近く続くワイナリーの当主、エティエンヌ・ド・モンティーユさん(57)。この地でワインをつくることを決め、ブドウの植樹式を迎えていた。フランスの老舗ワイナリーが函館の地を選んだ背景には、忍び寄る「地球温暖化」の影があった。
地方ニュース

北海道産小麦使おう 地産地消の機運高まる「十勝にはこんなに小麦があるのに、どうして輸入小麦を使わなくてはいけないんだ」

 北海道で消費・加工される小麦を外国産から道産に切り替える「麦チェン」運動が、大きな成果を上げている。道産を使った商品を積極的に製造・販売する「麦チェンサポーター店」は年々増えて300店を突破。道産使用率も5割に達した。新型コロナウイルス禍で食料自給率向上や地産地消に関心が集まる中、運動の先駆け、十勝
地方ニュース

鈴木北海道知事(前:夕張市長)から夕張を贈呈された香港企業がコロナ倒産

夕張市のマウントレースイスキー場、ホテルマウントレースイ、ホテルシューパロ、合宿の宿ひまわりなど観光4施設を所有運営する夕張リゾート(夕張市末広2丁目4番地)が廃業し、破産申し立てを行うことを自社のホームページで24日に公表した。香港系ファンドが所有運
地方ニュース

自衛隊コロナ医療チーム、北海道から撤退

旭川市は新型コロナウイルスの大規模なクラスターでひっ迫していた病院などの医療体制が回復しつつあるなどとして、道の要請を受けて21日までの日程で派遣されている自衛隊の医療チームについて、派遣の再要請を求めない方針を固めました。自衛隊の医療チームは21日に撤収することになります。
地方ニュース

【北海道】新千歳空港、中国と韓国からの旅客便受け入れ21日から再開へ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、到着が成田、関西、中部、福岡の4空港に制限されている中国、韓国からの旅客便受け入れについて、国土交通省は18日、新千歳空港でも21日から認める方針を固め、航空会社などに通知した。空港での検疫態勢が整ったと判断した。  政府は3月、中国と韓国からの到着便を感染防
地方ニュース

【災害派遣】国内最大のクラスター、迷彩服姿の陸自看護官ら 旭川市の病院到着

新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が複数発生し、看護師不足が深刻化している北海道旭川市の医療機関など計2か所に9日午前、陸上自衛隊の看護官らが到着した。 道の要請に基づく災害派遣で、看護師資格を持つ看護官1人と准看護師の自衛官4人の計5人で編成する2チームが