サイトのSSL化を行った為、URLが「https://incident-wo.com/」に変更になりました

文部・科学

国内ニュース

H3ロケット1号機公開 来年度打ち上げ予定 愛知県飛島村の三菱重工工場

2021年度に初めての打ち上げを目指す新型ロケット「H3」の機体の主要部分が、愛知県飛島村で公開されました。  新型ロケット「H3」の機体の主要部分は、三菱重工の飛島工場で公開されました。機体の外観には、これまでのNIPPONに代わって
国内ニュース

水素100%で発電するエンジン、三菱重工らが安定燃焼の手法を確立

三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET)が水素を燃料とするエンジンについて、水素利用率100%で安定燃焼できる条件を見出したと発表。今回の成果を生かし、1MW級水素エンジンの実用化を目指す方針だ。  三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET)は2020年1
国内ニュース

ノーベル賞の大村氏「治療薬迅速に」感染状況に危機感 ー安価で重い副作用なしのイベルメクチン、重症化を防ぎ致死率低下の効果報告

 ノーベル医学生理学賞の受賞者4人が今月8日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が首都圏に出されたことを受け、医療機関への支援やPCR検査能力の拡充を政府に要望する声明を発表した。その一人、山梨県韮崎市出身の大村智(さとし)・北里大特別栄誉教授(85)が
地方ニュース

【群馬】「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校の女性教員がTwitter投稿 県教委は処分検討★5

 群馬県西部の特別支援学校に勤務する60代の女性教員が、ツイッターに障害者を差別する内容の投稿をしていたことがわかった。県教委も事実を把握し、女性教員の処分も含めて検討している。 県教委によると、女性教員は昨年10月中旬にツイッターのアカ
地方ニュース

和歌山・田辺工業高校で「デロリアン」完成 学校の新たなシンボルに

和歌山・田辺工業高校で「デロリアン」完成 学校の新たなシンボルに - 和歌山経済新聞  映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシン「デロリアン」の実物大モニュメント が12月25日、和歌山県立田辺工業高校(田辺市あけぼの)に設置された。
地方ニュース

ヒトインフルエンザの薬を鳥インフルエンザにかかった鶏に投与したら全然死にませんでした。予防効果も有るらしいです。

高病原性の鳥インフルエンザに感染したニワトリの治療にヒトに使われている治療薬が有効であると北海道大学の研究グループが発表しました。オジロワシなど、希少な鳥類の保護にも役立つのではないかと期待されています。
国内ニュース

「老化細胞」だけを除去する薬剤を発見 動脈硬化や糖尿病改善に期待―東大などの研究チーム

東京大などの研究チームは、加齢に伴い蓄積し、動脈硬化や糖尿病などさまざまな加齢関連疾患の原因となる「老化細胞」だけを除去する薬剤を発見し、マウスの実験で疾患の改善にも成功した。成果は、これらの疾患の治療や予防に役立つと期待される。論文は15日、
国内ニュース

コロナ・変異種が国内に流入した場合、数ヶ月後に爆発的な感染拡大 東大教授がシミュレーション ★2

 感染力が強いとされる新型コロナの変異ウイルスが国内に流入した場合、数カ月後に爆発的な感染拡大を起こす可能性が高いことが10日、東京大大学院の飯野雄一教授(生物科学)のシミュレーションで分かった。  国内では英国と南アフリカの変異ウイルスへの
国内ニュース

中国「千人計画」に日本人研究者44人を確認 ー読売

海外から優秀な研究者を集める中国の人材招致プロジェクト「千人計画」に、少なくとも44人の日本人研究者が関与していたことが、読売新聞の取材でわかった。日本政府から多額の研究費助成を受け取った後、中国軍に近い大学で教えていたケースもあった。政
地方ニュース

群馬の高校生、台湾の大学進学広がる 中国語・英語習得可能、学費年40万円

 群馬県内の高校生の進路として台湾の大学が注目されている。既に進学実績を上げている高校もある。語学が習得でき、学費も安いということに加え、台湾が新型コロナウイルスの封じ込めに比較的成功している点も魅力となっているようだ。【庄司哲也】
地方ニュース

京大研究所で実験中に爆発、中国籍研究員がケガ

 27日午後3時30分頃、京都府宇治市の京都大宇治地区研究所本館で、実験中に爆発が起きたと119番があった。救急隊員が駆けつけると、実験室で中国籍の男性研究員(34)が顔や手にやけどを負っており、病院に搬送した。命に別条はないという。  府警宇治署によると、隣の部屋にいた教員が爆発音を
国内ニュース

はやぶさ2のカプセル、中に5mm超の小石が大量&謎の人工物まで入ってることが判明 ※画像

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月24日、小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰ったサンプルコンテナのサンプルキャッチャーC室内に5mmを超え、1cm近いサイズのサンプル(小石、礫)を確認したことを明らかにした。 はやぶさ2が持ち帰ったリュウグウのサンプルを入れた
地方ニュース

【福岡】行き過ぎ校則「整髪料は洗髪させる」「下着を学校で脱がせる」「男子がうなじを見て欲情するから」

 違反している下着は学校で脱がせる、整髪料は発見したら洗髪させる――。福岡県弁護士会は22日、福岡市内の全市立中学校に実施した校則調査の内容を明らかにした。8割以上の学校に下着の色規制があり、大半の学校で頭髪や眉毛に関する校則があった。違反に対する一部指導には、県弁護士会が「人権侵害」と指摘する対応もあった。
国内ニュース

慶應大学生「政府はネトウヨと結託して攻撃しやすい対象を攻撃している」★2

市民団体主催の「許すな憲法破壊!緊急院内集会」が11月30日、衆院第一議員会館で開かれ、菅義偉政権による日本学術会議の会員任命拒否問題について学者や評論家、ジャーナリスト、労働団体代表らがリレートークを展開した。  中でも特筆すべきは女性研究者と若者代表の大学生による鋭い批判が精彩を放ったことだった。発言要旨を紹介する。
国内ニュース

JAXA 「いやー、0.1㌘でよかったのに、はやぶさ2が5.4㌘も持って帰って来ちゃって参ったよ~」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルの容器内で確認した黒い砂粒状の試料の重量は約5・4グラムだったと発表した。計画では0・1グラムの採取が目標だったが、その54倍に達し、目標を大幅に上回る成果となった。  小惑星リュウグウの試料を収めたカプセル内の容器