文部・科学

地方ニュース

【東京】中学校でインド型クラスター発生か

東京都は、インドで見つかった「L452R」の変異があるウイルスに、10代の男性と女性の合わせて2人が感染したことを8日、新たに確認したと発表しました。都内で、10代の感染が確認されるのは初めてです。 2人のうち1人は男子中学生で、都によりますと
国内ニュース

【神】理化学研究所、毛を生やす毛包幹細胞が従来の定説とは違う細胞からできていることを突き止める

髪の毛など体毛を生み出す組織が皮膚上でどのように形作られるのか、理化学研究所などのチームが明らかにした。毛を生やす「毛包(もうほう)幹細胞」が、従来の定説とは違う細胞からできていることを突き止めた。 将来的に毛髪再生といった応用につながる可能性もある。
国内ニュース

日本学術会議、ラムザイヤー教授糾弾にダンマリ 「学問の自由」侵害なのに…民間団体は公開質問状

 「慰安婦は性奴隷ではなかった」という学術論文を書いた、米ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授に対し、韓国や米国で、論文撤回や教授辞任を求める糾弾活動が続いている。まさに「学問の自由」への侵害だが、日本学術会議はダンマリを決め込んでいる
2021.06.05
国内ニュース

大前研一「文系知識の価値は、5円程度。21世紀に文系卒の”生息領域”はほとんどない」

日本は相変わらず高校で「文系」と「理系」に分けており、大学生は、7対3くらいの割合で文系が理系より多くなっている。だが、21世紀に「文系卒」の“生息領域”はほとんどない。文系の学部・学科で学ぶ知識の多くはスマートフォンやパソコンですぐに検索できるし、USBメモリー
地方ニュース

【(`・ω□)ピピ】見るだけでブタ共の体重が分かる装置開発

豚を“見る”だけで処理されたあとの肉の重さが分かるという特殊な装置を、宮崎大学の研究者が開発しました。この装置を使うことで最も高値がつくタイミングで出荷でき、農家の収入アップにつながることが期待されます。 新たに開発された装置には、ヘルメットに取り付
地方ニュース

【錬水素術】世界最小のエネルギーで水を酸素と水素に電解することに成功 ひみつの新開発触媒で必要なエネルギーを従来より2割程度↓

次世代のエネルギー源として期待される水素を、世界最高レベルで効率よく取り出すことに成功したと新潟大学大学院の研究グループが発表しました。新開発の触媒により、水から水素を取り出すのに必要なエネルギーを従来より2割程度下げられ、製造コストの低下につながるとしています。
国内ニュース

【日本医師会】< 中川俊男会長>「多くの国民は度重なる延長に疲れ切っています」

「医療提供体制のひっ迫度を鑑みれば緊急事態宣言の延長に同意しますが、多くの国民は度重なる延長に疲れ切っています。今回を最後と心得て、政府には改めて具体的な対応策を示していただきたい」(日本医師会 中川俊男会長)
地方ニュース

山梨大に爆破予告 五輪反対のドメインから

 山梨大(甲府市)に対し27日に爆破するとの予告があり、大学は全学部で同日の授業をオンラインとすることを決めた。付属の幼稚園、小中学校は休園・休校とする。  山梨大によると、予告は24日午後6時ごろにメールで届き、27日正午に大
国内ニュース

医師ら、国内初の「精子バンク」立ち上げ 提供者募集へ

精子がない病気などで不妊のカップルに対しては、第三者から提供された精子を使った不妊治療が行われています。この治療を安全に進めようと、獨協医科大学の医師らが6月、国内初となる精子バンクを立ち上げ、提供者を募集することになりました。
国内ニュース

日本学術会議「組織形態は国の機関維持が望ましい」 自民「ふざけるな独立しろ」

日本学術会議に関する自民党プロジェクトチーム(PT)は14日、党本部で会合を開き、学術会議の組織形態は現状の「国の機関」維持が望ましいとした同会議の報告書について議論した。出席議員からは「根拠が不明」「国民の期待に応えていない」などと批判が続出。党の提言
国内ニュース

H3後継ロケット「再使用型」開発へ コスト大幅減、30年にも打ち上げ

 政府は、今年度から運用予定の基幹ロケット「H3」に続く次世代機について、打ち上げ後に機体の一部を海上などで回収する「再使用型」で開発する方針を固めた。早ければ2030年にも初打ち上げを目指す。これまでの使い捨てを改め、機体を繰り返し使うことでコストを大
国内ニュース

デヴィ夫人、日本国籍であることのみが条件の音楽コンクールを開催へ 「文化の起爆剤に」

デヴィ夫人(81)が12日、都内で自身が開催する音楽コンクール「第1回 イブラ・グランド・アワード・ジャパン」の発表会に出席した。 参加者の条件は日本国籍を有することのみ。そのほかの学歴や年齢などは一切設けられない。デヴィ夫人は「このコンクールが日本の文
地方ニュース

別府温泉に含まれる微生物がコロナ感染を53%抑制することが判明 その名も「RG92」

 大分県別府市で湧出する温泉水に生息している微生物に、新型コロナウイルス感染リスクを53%以上低減させる可能性があることが、同市に本社を置くバイオテクノロジー企業、サラビオ温泉微生物研究所の調べで分かった。温泉への入浴やサウナなどに加え、この微生物の成分を
国内ニュース

【文科相】教科書「従軍慰安婦」記述、次回から検定意見対象に

 政府が「従軍慰安婦」という表現を不適切とする答弁書を閣議決定したことを踏まえ、萩生田光一文部科学相は11日、閣議後の記者会見で「教科書会社が今後は政府の方針に沿って、適切な表現に変えていっていただけると期待している」と述べ、次回の教科書検定から「従軍慰安婦」
国内ニュース

【これから】日本の製薬会社、変異株ワクチン開発に着手

国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会で明らかにした。変異がある南アフリカ株などでは従来ワクチンの効
タイトルとURLをコピーしました