北朝鮮

国内ニュース

大林ミカ氏「われわれは北朝鮮の経済成長を助ける何らかの手段を見つける必要があり」国際送電網構想を提唱

再生可能エネルギーに関する規制見直しを目指す内閣府のタスクフォース(特別作業班)に提出された資料に中国国営企業のロゴが表示されていた問題で、資料を提出した自然エネルギー財団事業局長、大林ミカ氏が27日、タスクフォースの民間構成員を辞任
国内ニュース

【岸田首相】北朝鮮と「私直轄で様々な働きかけを行っている」

岸田首相は25日の参院予算委員会で、首相が北朝鮮に日朝首脳会談の意向を伝えたとする 金与正キムヨジョン 朝鮮労働党副部長の談話を朝鮮中央通信が報じたことについて、「報道はまだ承知していない」と述べた。
国際ニュース

【サッカー】日本代表、北朝鮮戦は開催せず、「没収試合」となり日本の3-0不戦勝か 「延期日程に余裕がない」FIFA発表

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、中止になっていた26日のFIFAワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮(FIFAランキング114位)-日本(18位)戦について「この試合の開催および日程変更はない」と発表した。
東アジアニュース

【北朝鮮】金正恩「極悪非道な無差別テロは許せない!」

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は23日、モスクワ郊外のコンサートホールで起きた銃乱射を巡り、ロシアのプーチン大統領に見舞い電を送った。「極悪非道なテロ行為は正当化できない」とし、深い哀悼の意を示した。党機関紙、労働新聞が24日、
東アジアニュース

日本vs北朝鮮、中止

 日本サッカー協会は22日、日本代表が同日で今回の活動を終えて解散し、選手を所属先クラブに戻すと発表した。26日に平壌で開催予定だった2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選B組のアウェー北朝鮮戦が、中立地開催も含めて中止になったと
東アジアニュース

【サッカー】平壌の北朝鮮戦は中止か 北朝鮮が26日の試合直前AFCに平壌開催不可を要望

 3月26日に北朝鮮・平壌で予定されていた26年北中米W杯アジア2次予選「北朝鮮―日本」が平壌で開催されない可能性が出てきた。北朝鮮側がアジアサッカー連盟(AFC)に開催中止を要望し、AFC側が受け入れる方向で調整に入った
国内ニュース

外務省 北朝鮮でのサッカー観戦「自粛」呼び掛け 日本代表戦観戦目的で渡航しないで

外務省は19日、同省サイトで、26日に北朝鮮・平壌で行われる26年W杯アジア2次予選について、チームや同行記者団以外の渡航自粛を改めて呼び掛けた。 サイトで「我が国は、対北朝鮮措置の一環として、我が国から北朝鮮への渡航
国内ニュース

【サッカー】日本メディアは産経新聞だけが取材を許可されず 平壌開催のW杯アジア2次予選・北朝鮮戦

 日本サッカー協会は18日までに、平壌の金日成競技場で26日に行われるサッカーの2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮戦について、北朝鮮側による取材の可否判断を報道関係者に通達し、日本メディアでは産経新聞だけが許可され
国内ニュース

森保ジャパンがまた見られない!?アウェー北朝鮮戦、放映権契約に国連の壁 テレビもネットも厳しく

 日本代表の北中米W杯アジア2次予選アウェー北朝鮮戦(26日、平壌・金日成競技場)が中継されない可能性が高くなった。12日、複数の関係者が明かした。アジアサッカー連盟(AFC)は11日、未定だった会場が平壌に決まったと両国協会に
東アジアニュース

【北朝鮮】もはや生きていけない… 金持ちの餓死も相次ぐ

ニューヨークに本部を置く国際人権団体「ヒューマン·ライツ·ウォッチ」は7日、新型コロナウイルスの世界的流行に際し、より悪化した北朝鮮の人権状況を調査分析した報告書「銃弾より強い恐怖;北朝鮮の閉鎖(A Sense of Terror Stronger than a Bullet:
東アジアニュース

【サッカー】「日本側にかたよった判定が見受けられた」北朝鮮指揮官が日本戦の判定に不満。「ゲストの私たちをもう少し尊重しても…」

 北朝鮮女子代表は2月28日、パリ五輪・アジア最終予選の第2戦で日本女子代表と国立競技場で対戦し、1-2で敗戦。試合後、会見に出席したリ・ユイル監督が判定に対して不満を示した。  
東アジアニュース

精度無視・火力至上主義のロシア、北朝鮮にミサイルを返却?「精度が悪過ぎる…」

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は25日、ロシアがウクライナに対して使用している北朝鮮製ミサイルは「衝撃的」なほど性能が劣悪であるとする、韓国の軍事専門家、イ・イルウ自主国防ネットワーク事務局長のインタビューを掲
東アジアニュース

「岸田首相がピョンヤンを訪れる日が来るかもしれない」北朝鮮のキム・ヨジュン氏、異例の談話発表

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏は「すでに解決された拉致問題を両国関係の障害物としないのであれば、岸田首相がピョンヤンを訪れる日が来るかもしれない」などとする異例の談話を発表しました。
東アジアニュース

【金正恩】 肥料工場も厳しいのに原潜? 「危険なバケットリスト」の真実

北朝鮮の原子力潜水艦開発に対する韓国軍当局の評価はこうした表現に要約される。核・ミサイルの真の「ゲームチェンジャー」としての役割が原潜にかかっている点からだ。 北朝鮮が原潜開発にどれだけの成果を出しているのか評価は分かれるが、最近の
東アジアニュース

群馬の「朝鮮人追悼碑」撤去を北朝鮮が非難 復元を要求

【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に徴用された朝鮮半島出身者を追悼するために群馬県立公園「群馬の森」(高崎市)に設置されていた朝鮮人追悼碑を県が撤去したことについて、北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、「ファッショ的な暴挙を敢行した」