サイトのSSL化を行った為、URLが「https://incident-wo.com/」に変更になりました

その他アジア

国際ニュース

中国へ報復、インドがすべての航空会社にインドへ向かう便への中国人客の搭乗拒否を通知か

2020年12月28日、米華字メディア・多維新聞は、インド政府が中国への強い報復措置として、航空会社に対しインドへ向かう便に中国人客を搭乗させないよう要求したと報じた。 記事はインド紙タイムズ・オブ・インディアが28日に「
国際ニュース

インドのiPhone工場で働く労働者に対し賃金未払い 労働者怒りの大規模デモで工場が世紀末状態 ※画像

インドのiPhone工場で働く労働者2000人に対して賃金が未払いだったとして、労働者らが怒りの大規模デモを行っている。 アップル直接の工場ではなくウィストロンという台湾の委託メーカー。南インド、カルナータカ州にある工場は数千人以上にものぼる労働者がアップルのiPhone生産に動員されている。
国際ニュース

スリランカ当局、イスラム教徒の遺体を戒律無視して片っ端から火葬開始

スリランカは9日、新型コロナウイルスに感染して死亡したイスラム教徒19人の遺体について、遺族の反対を押し切って火葬すると発表した。同国では新型ウイルスで死亡したイスラム教徒の火葬をめぐって論争が起きていた。  スリランカでは今年10月から新型ウイルスの感染
東アジアニュース

インド高速鉄道を見れば「インドネシアが中国を選んだ理由がよく分かる」=中国メディア

 2015年9月に中国が受注したインドネシアの高速鉄道計画。一時は日本の受注が有力視されていたが、いったん白紙化されてから中国に決まったという、日本にとってはいわくつきのプロジェクトだ。2019年を完成予定にしていたが、問題続きで2023年にずれ込むとみられている。  この現状を打開したいインドネシアは、日本が受注
東アジアニュース

インドの水が干上がるのに…中国、今度は三峡ダムの3倍の水力発電所作る

中国が世界最大の水力発電所である三峡ダムより3倍大きい水力発電所建設に出ると香港紙の明報が29日に中国のエネルギー問題を専門的に扱う新聞である中国能源報の報道を引用して伝えた。 明報によると、26日に開かれた中国水力発電工程学会成立40周年記念大会で中国電力建設グループの晏志勇董事長は「
東アジアニュース

【侵略】中国、ブータン領内に集落建設か 衛星写真でインド民放報道

インド民放NDTVは22日、中国がヒマラヤ山脈の小国ブータンの領内に約9キロ入った地点まで道路を造成、途中に集落も建設したと報じた。衛星写真を根拠としている。現場は3カ国の国境地帯で、2017年に中国軍とインド軍がにらみ合ったドクラム高地の一角から東に10キロ未満という。 インドは今年、北部ラダック地方の係争地
東アジアニュース

中国、インド軍にマイクロ波攻撃か「山頂を電子レンジに」 係争地域を一部奪還

 中国とインド両軍がにらみ合っているインド北部ラダック地方の係争地域で、中国軍が「マイクロ波」による攻撃を仕掛けたと中国の学者が16日までに明らかにした。攻撃を受けたインド兵は占拠地の一部から撤退し、奪還に成功したと主張している。  マイクロ波兵器は、これまで米国やロシアなどが開発を進めていると指摘されてきたが…
国際ニュース

【バングラデシュ】反フランスデモに4万人 仏大統領の風刺画擁護に反発

バングラデシュの首都ダッカで27日、フランス製品の不買を求めるデモに数万人の市民が参加した。フランスでイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せた教師がイスラム過激派の男に殺された事件をきっかけに、イスラム教徒(ムスリム)の多い国々を中心にフランス製品のボイコット運動や、エマニュエル・マクロン仏
地方ニュース

ネパール人不良集団が暴行 その名も“東京ブラザーズ”

逮捕されたのは、ネパール人の不良グループ「東京ブラザーズ」のメンバーだった。 グルングトムクマル容疑者(27)とサプコタニルマル容疑者(34)は、9月24日、東京・新宿区のネパール料理店で、別のネパール人の客3人を殴るなどして、大けがをさせた疑いが持たれている。
地方ニュース

【技能実習】スリランカの技能実習生が前橋の農業法人告発 日常的に暴言や暴力★2

前橋市内の農業法人で実習しているスリランカ国籍の技能実習生の女性(40)が16日、群馬県庁で記者会見し、上司から日常的な暴言や暴力を受けていると告発した。技能実習生に対するパワハラや長時間労働などが全国で問題となる中、協力する労働組合は「明らかな人権侵害」と指摘した。
国内ニュース

日米豪印連携「アジア版NATO」構想に中国震撼!?  安倍前首相「自由で開かれたインド太平洋構想」を大メディアも今までスルー…

 米大統領選(11月3日投開票)の焦点の1つ、共和党のマイク・ペンス副大統領(61)と、民主党のカマラ・ハリス上院議員(55)による副大統領候補者テレビ討論会が7日夜(日本時間8日午前)、西部ユタ州ソルトレークシティーで開催される。ドナルド・トランプ大統領も感染した新型コロナウイルス対策に加え
国内ニュース

【日米豪印外相会談】対中巡り微妙な温度差 共同声明見送る -毎日新聞

 東京で6日に開催された日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の外相会談は、新型コロナウイルスの感染拡大下で影響力を増す中国を念頭に、民主主義などの価値観を共有する「同志国」が結束をアピールする場となった。4カ国の連携に向けた機運は高まっているが、米国が中国との対立を強める一方、日本は
国際ニュース

【ラジャパクサ政権】日本支援事業に中止指示 スリランカの親中派政権

 AFP通信などによると、スリランカのラジャパクサ政権が、最大都市コロンボでの国際協力機構(JICA)による支援事業に中止を指示した。現政権は親中派として知られる。  問題の事業は、次世代型路面電車(LRT)の整備計画。財政難を中止の理由にしている。
国内ニュース

日米豪印、10月に東京で外相会談へ 中国けん制狙い 菅首相との面会も調整

 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国は10月上旬にも東京で外相会談を開く調整に入った。日本政府関係者が19日、明らかにした。南シナ海や東シナ海で海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。法の支配など国際ルールを重視する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向け、連携を確認する。
国際ニュース

インド人も「お代わりしたい」、ココイチ現地1号店 評判上々

日本で大人気の飲食チェーン店が、インドでのカレー販売を成功させるという輝かしい目標達成に向け、動き出している。「カレーハウスCoCo壱番屋(Coco Ichibanya、略称:ココイチ)」は国内外で1400を超える店舗を展開しているが、オーナーは、人口が世界で2番目に多いインドに進出し、他国の料理を味わいたい人が増えてきた中産階級の人気を得ることに意欲的だ