エネルギー

国内ニュース

新潟で新ガス田を開発へ 令和8年めどに商業化

INPEXは11月から新潟県内でガス田の探鉱を始める。商業化できる埋蔵量を確認できれば、令和8年にも生産を始める計画だ。新規の天然ガス田が8年に稼働すれば同社として国内で16年ぶり。 石油資源開発も令和5年に新潟県のガス田での増産を計画する。ウクライナ
国内ニュース

【岸田政権発足後】25年間続いてきたカタールとの液化天然ガス輸入の大型販売計画が打ち切りになっていた

 小麦、大豆、肉、原油……。日々の生活に欠かせない品々の価格高騰が止まらない。先ごろ、政府が発表した物価高対策も弥縫策の域を出ず、日本はすでに“経済無策”によって「岸田不況」に突入していると、専門家は警鐘を鳴らす。
国内ニュース

台風で太陽光パネルが飛ぶ 車に直撃

1: ダサブビル(SB-Android) 2022/09/19(月) 21:13:05.01 ID:ylv8aFLU0 BE:759857947-2BP(1500) sssp://img.5ch.net/ico/u_sofa.gif...
地方ニュース

メガソーラーの異様な光景…パネル5万枚に囲まれ 「命の危険感じた」一家5人で引っ越し【福岡県飯塚市】

土がむき出しの斜面に約5万4000枚(総出力2万1600キロワット)もの太陽光パネルが並び、 住宅地を取り囲んでいる。 福岡県飯塚市の白旗(しらはた)山(標高約160メートル、約150ヘクタール)の裾野に広がる
地方ニュース

【千葉市】停電時にEV車を避難所の電源に活用 「EVサポーター」登録たった4台 「認知度が低いのが原因」

災害などによる停電時に備え、千葉市が4月から行っている「EV(電気自動車)サポーター制度」の登録が4台にとどまっていることが市への取材で分かった。EVが3台で、プラグインハイブリッド自動車(PHV)が1台。目標の登録台数は設けていないが、登録の伸び悩み
国際ニュース

NY原油 急落 8か月ぶりの安値水準

ニューヨーク原油市場では国際的な先物価格が急落し、およそ8か月ぶりの安値水準となりました。 7日のニューヨーク原油市場では、国際的な指標となるWTIの先物価格が急落し、終値は、前の日より4ドル94セント安い1バレル81ドル94セントで取引を終えました。
国内ニュース

ガソリン補助金、段階的縮小へ

政府が年末までの延長を固めたガソリン補助金は11月以降、段階的に縮小される方向であることが7日、関係者の話で分かった。
国内ニュース

【原発事故】3号機建屋ごと水没は可能? 福島原発デブリ取り出しで前例ない工法が浮上

 東京電力福島第一原発3号機の溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出し方法について、原子力損害賠償・廃炉等支援機構は3日、原子炉建屋全体を鋼鉄の構造物で囲って建屋ごと水没させる「冠水工法」を検討していることを明らかにした。水は放射線を遮る効果が
地方ニュース

都内新築住宅に「太陽光パネル」義務化、住宅メーカーが家が売れなくなると不安

東京都が目指す全国初の「新築住宅への太陽光パネル設置義務化」を巡り、都は今週にも、年度内の条例改正に向けた基本方針を策定する。地球温暖化対策に二酸化炭素を排出しない太陽光発電は有効だが、パネル設置は住宅の施工費上昇に直結する。基本方針は、義
国内ニュース

原発新増設は「火事場泥棒的な転換」 原自連(顧問:小泉元首相)が政府へ提言 「全力あげ再エネ100%を」

小泉純一郎元首相が顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連)は30日、政府にエネルギー政策の見直しを求める提言を発表した。原発再稼働の推進や新増設検討の方針撤回、再生可能エネルギーへの全面的な転換を訴えている。
国内ニュース

我が国の電力供給が不安定な理由 ソーラー発電が大量に普及したため、火力発電が不採算になり火発に追加投資できなくなった

その結果として、これらの不安定な発電量をカバーする目的で、本来はベースロード電力を担うはずのLNG火力発電所などを動員してきて、大幅に変動する発電能力の山と谷を平準化させる方策を電力大手各社は採用せざるを得なくなります。
国内ニュース

東電小売り子会社、債務超過67億円―6月末

東京電力ホールディングス(HD)は29日、電力小売り子会社の東京電力エナジーパートナー(EP)が6月末時点で約67億円の債務超過に陥ったと発表した。液化天然ガス(LNG)など資源価格の高騰を受け、電力調達コストが膨らみ、逆ざや状態で電力を供
地方ニュース

小池知事、原発新増設を否定せず 5年前は「30年までのゼロ」公約

 政府が次世代型の原発の新増設や建て替えを検討する方針を示したことについて、東京都の小池百合子知事は26日の定例会見で、「原発を有する地元の方々の信頼を勝ち得るよう、ご努力いただきたい」と述べた。
国内ニュース

玉川徹氏、政府の次世代型原発の建設検討に疑問…「何のためにやるんだ…不誠実でセコイ」

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は25日、政府が24日に将来的な電力の安定供給に向けて次世代型原発の建設を検討する方針を公表したことを報じた。  原発の新増設や建て替えは想定しないとした従来のエネルギー政策
国内ニュース

政府が次世代型原発の建設検討へ方針転換

 政府が次世代型原発の建設を検討する方向で調整に入ったことが24日、分かった。原発の新増設やリプレース(建て替え)は想定しないとした従来の方針を転換し、将来の電力の安定供給を目指す。
タイトルとURLをコピーしました