選挙

地方ニュース

【岐阜新聞】岐南町議選、3回連続無投票の異常事態 選挙費用を町が一部負担も、なり手不足は解消せず

 任期満了(25日)に伴い7日告示された岐阜県羽島郡岐南町議選(定数10)は定数と同じ10人が立候補して無投票で当選が決まり、13日には当選した10人に町役場で当選証書が手渡された。町議選が無投票となるのは2013年、17年に続き3回連続。県内で市町村数が合併
地方ニュース

茨城県知事選、大井川氏が再選確実 共産推薦の新人破る

 任期満了に伴う茨城県知事選は5日投開票の結果、無所属現職大井川和彦氏(57)=自民、公明、国民推薦=が、無所属新人の茨城大名誉教授田中重博氏(74)=共産推薦=を破り、再選が確実になった。  1期目の大井川県政への評価や、日本原子力発電東海第2原発(
地方ニュース

サウナ辞職した大阪池田市長選で大阪維新の会公認の新人・滝沢智子氏が当選確実

庁舎へのサウナ持ち込みなどを追及された大阪府池田市の冨田裕樹前市長(45)の辞職に伴う市長選は29日、政治団体・大阪維新の会新人の元市議滝沢智子氏(40)の初当選が確実となった。出直しで再選を目指した冨田氏ら3人を破った。
地方ニュース

横浜市長戦で立憲共産党に秒殺された小此木、打ちひしがれて政界引退 支援者も押し黙る

過去最多の8人が立候補した横浜市長選の投開票が22日、行われ、立憲民主党が推薦する元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)が4選を目指した林文子氏(75)らを破り、初当選した。横浜がお膝元の菅義偉首相(72)が全面支援した前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)は秒殺され、
国内ニュース

【政権交代へ】 立憲民主党 枝野幸男代表 「現政権への不信が突きつけられた」 横浜市長選

立憲民主党(枝野幸男代表)は22日、横浜市長選で推薦した元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)が当選したことを受け、平野博文選挙対策委員長(72)が談話を発表した。以下、全文。  本日、横浜市長選挙の投開票が行われ、立憲民主党が推薦した山中竹春候補が勝利した。多
地方ニュース

【横浜市長選】<自民党>敗北に衝撃!幹部は取材には応じないと拒否。「党として推薦や支援をした候補ではない」 ★2

22日の横浜市長選で地元出身の菅義偉首相が支援した前国家公安委員長小此木八郎氏が敗北したことで自民党内には衝撃が広がり、幹部は一斉に沈黙を保った。野党は立憲民主党推薦の横浜市立大元教授山中竹春氏の当選で「次期衆院選に向けて弾みがついた。投票で政治は変えられると
地方ニュース

横浜市長選 立民推薦の山中竹春氏当確 首相支援の小此木氏・現職林氏ら及ばず(20:00)

過去最多の8人が立候補した横浜市長選挙は、立憲民主党が推薦した元横浜市立大学教授の山中竹春氏の初めての当選が確実になりました。菅総理大臣が支援した元国家公安委員長の小此木八郎氏や4期目を目指した現職の林文子氏らは及びませんでした。
地方ニュース

【週刊新潮】横浜市長選、菅総理側近がゼネコンを”恫喝” 小此木八郎への支援を要請…「無礼千万な脅し」

 総理官邸が気を揉むのが、間近に迫る横浜市長選(8月8日告示・22日投開票)だ。総理のお膝元にもかかわらず、保守分裂に候補者乱立のカオス状態。さらに総理側近による“恫喝”騒動が持ち上がるなど、混迷の度合いを深めている。  市長選史上最多の8人が名乗りを上げた横浜市長選
地方ニュース

【カニエ】町長選で「替え玉」投票図る=プロパン会社会長ら書類送検―愛知県警

 3月の愛知県蟹江町長選で「替え玉」投票しようとしたとして、県警捜査2課が公職選挙法違反(詐偽投票)容疑で、プロパンガス小売会社「カニエJAPAN」(同町)の会長の男(88)=同町=と会長の義妹で80代の元同町職員=同町=を書類送検したことが20日までに、
国内ニュース

【夕刊フジ】総選挙獲得議席予測 自民に激震「57減」単独過半数割れ…立民150議席 日本維新32議席 ★2

 東京都に4度目となる新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されるなか、東京五輪は23日、開会式を迎える。安心・安全な大会を目指すため、プロ野球やサッカーは「有観客」試合を続けているが、五輪は大半の会場で「無観客」開催となった。五輪特需が消えたことにも落胆の
地方ニュース

【兵庫県知事選】井戸知事「なんで金澤が負けたのかわからないわ」

井戸知事ぼうぜん 支援の金沢氏敗れ「『刷新』の言葉に踊らされた」 兵庫県知事選 5期20年続けた県政のバトンを渡すべく、前副知事の金沢和夫氏(65)を全面支援した井戸敏三知事(75)は、金沢氏の選挙事務所で「斎藤氏当選確実」の一報を受けた。結果にぼ
地方ニュース

【兵庫県知事選】自民・維新推薦の新人 斎藤元彦氏が初当選

1: クロ ★ 2021/07/18(日) 20:24:19.90 ID:CAP_USER9 20年ぶりに新人どうしの争いとなった兵庫県知事選挙は、自民党と日本維新の会が推薦した元大阪府財政課長の斎藤元彦氏が初めての当選を果たしまし...
地方ニュース

那覇市議選 自公が勝利、衆院選に向け弾み オール沖縄に打撃

 任期満了に伴う那覇市議会議員選挙(定数40)は11日、投開票された。野党系は19議席で改選前に比べて5議席を増やし、躍進した。与党は14議席で、改選前から1議席を減らした。中立は7議席となっている。投票率は46・40%と過去最低だった。
地方ニュース

奈良市長選、現職の仲川げん氏が4回目の当選 特定の政党の推薦受けず、3期12年の実績アピール

 現職と新人、あわせて5人の争いとなった奈良市長選挙は、11日投票が行われ、現職の仲川げん氏が4回目の当選を確実にしました。  奈良市長選挙の投票は、午後8時に締め切られ、開票はこのあと9時半から始まる予定です。  NHKの事前の情勢取材や、11日投票
地方ニュース

「市民はカジノにNOと言っている」 田中康夫氏、横浜市長選出馬を正式表明

 元長野県知事で作家の田中康夫氏(65)が8日、横浜市内で記者会見し、8月22日投開票の横浜市長選に無所属での立候補を正式に表明した。田中氏は「この街をみなさんと一緒に変えることが、閉塞(へいそく)感のある日本を変えることになると信じている」と訴えた。
タイトルとURLをコピーしました