中南米

国際ニュース

【中米エルサルバドル】世界初、ビットコインが法定通貨に 法律成立

(更新)中米エルサルバドルで、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(Bitcoin)を法定通貨とする法が、可決、成立した。ナジブ・ブケレ・オルテス(Nayib Bukele Ortez)大統領が8日夜、明らかにした。暗号資産が法定通貨となるのは世界初。
国際ニュース

中国のシノファーム製のワクチンの接種率が高い国で感染者が増えている Forbes

世界で最もワクチン接種率が高くなっている国の一部で、新型コロナウイルスの感染者が再び急増、死者も大幅に増加している。 感染者と死者が増えているのは、少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いセーシェル(72%)と、それに次いで高い水準にあるモルジブ(
国際ニュース

1世紀前に絶滅したはずのガラパゴスゾウガメ、生存を確認

南米エクアドルの当局は25日、ガラパゴス諸島(Galapagos Islands)のフェルナンディナ(Fernandina)島で2019年に見つかったカメについて、遺伝子解析によって、1世紀余り前に絶滅したと考えられていた種であることが確認されたと発表した。
国際ニュース

【共同通信】ワクチン接種が進んでいる国でも感染再拡大 変異株、中国製ワクチンに疑義

新型コロナウイルスワクチン接種が進んでも感染者が再拡大する国が出始めている。 インド洋の島国セーシェルや中東バーレーン、南米チリといった世界有数の接種率を誇る国で再拡大が顕著に。変異株の影響や気の緩みが指摘され、採用する中国製ワクチンの有効性
国際ニュース

世界中の嫌われ者になった中国、南米沖での違法操業に悲鳴

「もう耐えられない。たとえようもない憤怒がこみ上げています」  こう怒りを露わにするのは、国連海洋法に詳しいアルゼンチン人の大学教授。  中国は過去何年も、太平洋の反対側の南米沖まで大漁船団を送って違法操業を行っており、一向に止む気配がないことに対する憤りは強い。
国際ニュース

ホンジュラス大統領「ワクチンをくれるなら中国の言う通り何でもする!頼む!」

ホンジュラスのエルナンデス大統領は11日、中国から新型コロナウイルスワクチンを入手するため同国に貿易事務所を開設する可能性があると表明した。 ホンジュラスは台湾と長年強い外交関係を持つ一方、中国と正式な国交がない。
国際ニュース

ブラジル大統領「コロナのパンデミックは中国に仕掛けられた新たな戦争だ」

】ブラジルのボルソナロ大統領は5日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)について、中国に仕掛けられた「新たな戦争」だとの認識を示した。ボルソナロ氏は親米右派だが、中国はブラジル最大の貿易相手国で、新型コロナワクチンのほとんどを依存していることもあり、あからさまな刺激を避けてきた。
国際ニュース

ブラジル経済大臣「中国のワクチンはクソ」「中国が新型コロナを発明した」

1: ハッチー(SB-Android) 2021/04/28(水) 16:23:42.42 ID:cgmrnDSb0 BE:478973293-2BP(1501) sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2...
東アジアニュース

韓国、コロンビア副大統領・外相らを表敬訪問「日本の汚染水放流に対する懸念を伝達」

韓国のチェ・ジョンゴン(崔鍾建)外交部第1次官は、コロンビア副大統領や外相・次官と会談し、日本の福島原子力汚染水放流決定に対する韓国政府の深刻な憂慮を伝えたと、20日外交部が明らかにした。 今月18日から20日までの日程で、コロンビアを
国内ニュース

日本でギャングを結成する外国人が急増

かつて中国残留孤児の子供たちが不良グループ「怒羅権」を結成し、今でも大きな影響力を持っているのは知られている。だが、ここ最近は、日系ブラジル人の若者や、フィリピンやイランにルーツを持つ若者たちが、反社会的グループを結成しているのだ。
国際ニュース

【マッチポンプ】パラグアイ、中国からワクチン提供の代わりに”台湾との外交関係断絶”を求められる

・パラグアイ外務省は声明で、中国製の新型コロナワクチンの提供を仲介者を通じいくつか受けているものの、条件として台湾との外交関係の断絶を求められたと明らかにしました。仲介者が中国政府と関係あるかは確認できていないということです。中国外務省は圧力を否定してい
国際ニュース

ワクチン接種のペースが世界一 国民の25%以上が中国製などのワクチンを接種したチリ 過去最大規模に匹敵する感染拡大

新型コロナウイルスのワクチン接種が進む南米チリで、新規感染者の高止まりが続いている。すでに国民の25%以上が1回目の接種を終えた「ワクチン先進国」で、なぜ新規感染者が減らないのか。ワクチンが遠因になっているとの指摘もある。  「すべてのチリ人に与えられたメリットだ」
国際ニュース

ブラジル、ワクチン盗難相次ぐ 闇市場で流通か

ブラジルで新型コロナウイルスのワクチンの盗難被害が相次いでいる。ワクチンを打つふりをして実際に接種しない例も発覚しており、ワクチン不足が解消されない中、闇市場で流通しているとの懸念もある。 地元メディアによると、これまでに中部ミナスジェライス州や
地方ニュース

医師免許ないのに腫瘍摘出手術 自称「京大出身」・自称「七夕弘明」のヒロシ容疑者を逮捕「10人以上に医療行為をした」

 医師免許がないのに腫瘍摘出手術などをしたとして、警視庁蔵前署は15日、ペルー国籍で住所不定、職業不詳、サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル被告(26)=偽造有印公文書行使罪などで起訴=を医師法違反(無資格医業)容疑で再逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。
東アジアニュース

中国産ワクチンにより頭抱える国々w 輸送遅延や効果が不透明

新型コロナウイルス克服のため、急いで中国産ワクチンを購入した一部の国が「頭を抱える結果」になっていることがわかった。 ニューヨーク・タイムズは26日(現地時間)、中国の製薬会社「シノバック」が開発した新型コロナウイルスワクチンの輸送遅延と効果に
タイトルとURLをコピーしました