中国

東アジアニュース

人民元売られまくる 中国当局措置を相次いで発表するも効果出ず

28日の上海の外国為替市場では、世界的にドルを買う動きが進む中で人民元を売る動きが強まって、一時およそ14年8か月ぶりとなる「元安ドル高」水準をつけました。 28日の上海外国為替市場では、人民元を売ってドルを買う動きが進み、一時、2008年
東アジアニュース

安倍氏国葬での台湾指名献花、中国反発

【北京、台北=共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は27日の記者会見で、安倍晋三元首相の国葬で「指名献花」の対象に台湾が加えられたことについて「日本は台湾独立分子に対し、政治的なもてあそびの舞台や機会を提供してはならない」と述べ、反発した。
国内ニュース

中国人「日本人は貧乏。」

場所は東京都北区赤羽の立ち飲み屋が並ぶ一角、中国籍の女らが客を泥酔させ、近くのコンビニのATMで多額の現金を引き出させる。逮捕された彼女らはスマホで中国の交流サイト「微信(ウィーチャット)」で煩雑にやりとりしていた。その中に、「日本人は金持っていな
国際ニュース

アップルがiPhone14をインドで生産 中国への依存低減

アメリカのIT大手アップルが、今月発売した新型iPhoneの生産の一部をインドで行っていることが分かりました。 アメリカメディアによりますと、アップルは今月発売したばかりのiPhone14について、インドで生産の一部を行っているということです。
国際ニュース

中国、ロシアのせいでエネルギー危機に

 中国とロシアの「限界なき」友情にもかかわらず、習近平国家主席はウラジーミル・プーチン大統領に対して、多少なりともいらだっているように思える。その理由を探るには、エネルギーセクターに目を向けてみるといい。
東アジアニュース

中国の不動産大手「恒大集団」、1~8月の販売額95%減

 【北京=山下福太郎】経営危機に陥っている不動産大手・中国恒大集団は、今年1~8月の契約ベースの販売額が181億元(約3600億円)になったと明らかにした。中国メディアによると、前年同期に比べて95・9%減少した。
東アジアニュース

中国人『日本人はなんで蕎麦を食べるんだ?下等な雑穀じゃないかよ。』

 食後にそば湯を飲みながら、ふと不思議に思った。昔から、日本は中国山西省からそばを輸入してきたと聞いている。痩せた土地が多い山西省にはそばしか作れないところが多い。しかし、山西省ではおいしいそば麺の話はあまり聞かない。拙著『中国全省を読む地図』とその
東アジアニュース

【中国メディア】韓国・尹大統領、今度はニューヨークで「三度の恥」をかく

2022年9月22日、環球網は、米ニューヨークを訪れた韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が、米国、日本の首脳との会談をめぐって三度恥をかいたと報じた。 記事は、尹大統領がニューヨークで現地時間21日に開かれたグローバルファンドの会合
国内ニュース

中国李克強首相 経団連とオンライン会談 日中関係の発展と中国への投資拡大訴え

中国の李克強首相は日本の経団連の会長らとオンラインで会談し、両国関係の長期的な発展や中国への投資の拡大などを訴えました。 国営の中央テレビによりますと、22日に経団連の十倉会長らとオンラインで会談した中国
東アジアニュース

安倍氏国葬に「格落ち」非党員派遣 中国

 【北京時事】中国は、安倍晋三元首相の国葬に全国政治協商会議(政協)の万鋼副主席の派遣を決めた。  万氏は共産党員ではなく、19日のエリザベス英女王の国葬に参列した王岐山国家副主席と比べると明らかな「格落ち」だ。中国が台湾問題で日本政府に反発していることが
国内ニュース

自民・二階俊博氏「媚中派とか言うけど、中国と話できなくてどうすんだ。言ってるお前は中国の誰と話できるんだ」

来週、国交正常化50年を迎える日本と中国の関係を振り返る「日中50」です。両国関係に欠かせないものに“議員外交”がありますが、最近では「媚中派」という批判の声がついてまわります。 自民党 二階俊博 元幹事長
国内ニュース

iPhone100台「転売ヤー」襲撃 容疑者は中国人、被害者も元中国人だった

100台近くの「iPhone」を購入しようとした男性を、鉄パイプのようなもので襲撃したとして、中国人の男らが逮捕された。現場は、東京・表参道。被害者の男性は、いわゆる「転売ヤー」とみられている。事件の背後には、あの「チャイニーズドラゴン」の影も見え隠れす
国際ニュース

アメリカ海軍とカナダ海軍が合同で台湾海峡を通過 中国怒りの警戒監視

中国が台湾への軍事的圧力を強める中、アメリカ海軍は軍の艦艇がカナダ海軍と合同で台湾海峡を通過したと発表しました。 アメリカ海軍の第7艦隊は20日、ミサイル駆逐艦「「ヒギンズ」がカナダ海軍のフリゲ
東アジアニュース

一帯一路「問題債権」3倍の7.4兆円 中国は融資6割減

中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」で、新興国向け融資の焦げつきが増えてきた。米シンクタンクによると、金利を減免するなどした債権は2020~21年に計520億ドル(約7.4兆円)と18~19年の3倍を超した。中国は新規貸し出しに慎重になり、20年の貸出額は18
国際ニュース

プーチン大統領、ウクライナ侵攻への中国の「疑問と懸念」認める

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席とロシアのプーチン大統領は15日、上海協力機構(SCO)のサミットを前に開催地のウズベキスタンで会談した。プーチン氏はウクライナでの戦争に対する中国の「バランスのとれた立場」を称賛したものの、ロシアの
タイトルとURLをコピーしました