公務員

国内ニュース

【訃報】石原信雄さん死去 87~95年、歴代最多7内閣で官房副長官

竹下内閣から村山内閣まで7内閣で、事務方トップの官房副長官(事務)を務めた石原信雄(いしはら・のぶお)さんが1月29日、多臓器不全のため死去した。96歳。 群馬県出身。東京大法学部を卒業後、地方自治庁(現総務省)に入庁。自治省財政局長、
国内ニュース

国税庁、チーズタッカルビを食べてゲーム実況する謎の動画を配信

 動画では、男性の実況者が「さて今日やっていくゲームは、これですね」と「Kakushin Simulator」を紹介。静止画と文字が切り替わるだけのシンプルなノベルゲームだ。国税局のオフィスとみられる室内を探検し、アイテムを見つけると、エンディングにたどり着く。
国内ニュース

「安倍氏銃撃の真犯人は別のスナイパー」「トランプの選挙不正は事実。闇の政府DSが裏で関係」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出

 公安調査庁といえば、日本の治安を脅かす団体や組織を監視するために情報収集を行ない、国家の安全を守る重要なインテリジェンス機関である。その公調から、衝撃的な内容のメールが流出して、内部で大騒ぎとなっている。
国内ニュース

人事院職員の女逮捕 弁護士の顔写真に動物の耳を合成し「乳首や胸毛を見せて歩いている」などと投稿…爆破予告にも関与か

国家公務員の40歳の女が、弁護士の顔写真を勝手に加工しインターネットの掲示板に投稿したなどとして、名誉棄損の疑いで逮捕されました。 名誉棄損の疑いで逮捕されたのは、人事院職員で大阪府豊中市の石崎敦子(いしざき・あつこ)
国内ニュース

非正規公務員のボーナス拡充 格差是正に向け総務省法改正へ

 総務省は、自治体で働く単年度契約の非正規職員(会計年度任用職員)のボーナスを拡充する方針を固めた。公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当で構成。会計年度任用職員には期末手当しか支給できないが、正規職員や国の非正規職員と同じく両方を支給できるようにする。格差
地方ニュース

職務中にアダルトビデオサイトを55時間見ながら残業手当を受け取っていた公務員に停職1ヶ月の処分

名古屋市は27日、職場のパソコンでアダルトサイトなどを閲覧したとして市立大の課長級の男性職員(59)を停職1カ月とするなど計2件の懲戒処分を発表した。  男性職員は、1~6月、職場のパソコンで業務と関係ない成人向けの動画販売サイトや風俗
地方ニュース

業務用PCでソリティアなど275時間 横浜市の職員を減給処分

 勤務中などに業務用パソコンを使い、トランプゲームやパズルゲームなどを繰り返したとして、横浜市は26日、地籍調査課担当係長の男性事務職員(50)を、同日付で減給10分の1(5カ月)の懲戒処分にしたと発表した。男性は「業務に支障がない範囲であれば少しくらい構わ
国内ニュース

財務省と岸田総理、実際は増税に失敗か? 防衛増税”事実上先送り”の意味

連日、議論が続いていた「防衛増税」の問題。自民党の税制調査会は15日、増税方針を了承し、議論は決着したのですが、党内の強い反発を受け、具体的な実施時期は盛り込めず、事実上の“先送り”となりました。
地方ニュース

尼崎市でまた紛失 今度はスマホ 気付いて4日間報告せず 「職場にあると勘違い」

 尼崎市は12月13日、同市職員が個人情報入りの公用スマートフォンを紛失したと明らかにした。スマホには市民の電話番号2件やLINEの連絡先約50件、同市で開催したイベントの写真や動画などを保存していたという。13日時点でスマホはまだ見つかっていない。スマホにはセ
地方ニュース

【京都】府警の覆面パトカー、接触事故起こし走り去る 被害者が110番

 25日午前8時45分ごろ、京都市伏見区竹田東小屋ノ内町で、緊急走行中の京都府警高速隊の覆面パトカーが、停車していた京都府久御山町のパート女性(27)の軽乗用車に接触し、そのまま走り去った。けが人はいなかった。
国内ニュース

法相更迭の裏で密かに話題を集めた「北川景子似」美人官僚の存在

「法務大臣は死刑のハンコを押したときだけニュースになる地味な役職だ」などと発言したことで批判が殺到し、11月11日に事実上の更迭となった葉梨康弘前法務相。すったもんだの末の更迭劇は話題を呼んだが、その裏で、政治記者や国会ウォッチャーの間で密かに注目を集めてい
国内ニュース

年度末に雇い止め危機の非正規地方公務員、数十万人規模か 「3年目の壁」

年度末に雇い止め危機の非正規地方公務員、数十万人規模か 「3年目の壁」自動では契約更新されず  非正規で働く地方公務員の多くが、2022年度末に「雇い止め」に遭う恐れが出ている。20年4月に始まった人事制度で政府が雇用契約の更新を原則2回までとする方
国内ニュース

中国の「債務の罠」を調査せよ 途上国への「経済的威圧」 長年”親中派”と目された外務省が覇権主義に対抗の動き

長年、「親中派」と目された外務省がいま、大きく変わりつつある。インテリジェンス分野を強化するとともに、中国の覇権主義に対抗する動きを強めているのだ。 毎年8月になると、各省は概算要求、つまり来年度に取り組む政策とその予算の概算を公
地方ニュース

小池知事と都幹部らがタートルネック着用 「みんなで乗り切る」省エネ対策呼びかけ

東京都の小池知事は冬本番に備えて、省エネ対策として「タートルネック」の着用を呼びかけた。 小池知事は「それぞれ工夫しながら、この冬の厳しいエネルギー情勢、これをみんなで乗り切るための一つのツール」と述べた。
地方ニュース

安倍氏銃撃 奈良県警本部長の決意 失地回復へ「良い仕事」重ねる

 奈良県警の安枝亮本部長(47)が、毎日新聞のインタビューに応じた。7月に奈良市で起きた安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、引責辞任した前本部長の後任として8月に就任。「県警が失った信頼を取り戻すため、一つ一つの良い仕事を積み重ねて行くしかない」と強調した
タイトルとURLをコピーしました