サイトのSSL化を行った為、URLが「https://incident-wo.com/」に変更になりました

ロシア

国際ニュース

ヘビの“毒成分”がコロナウイルスの活動を抑制することが明らかに/ロシア科学アカデミーおよびガマレヤセンター研究

研究者らは、ヘビの毒の酵素の1つが新型コロナウイルスに対して効果を発揮することを明らかにした。研究結果がプレプリントサイト「bioRxiv」で発表された。 ロシア科学アカデミー生物化学研究所およびガマレヤ国立
国際ニュース

微量の放射線で新型コロナウイルスは抹殺できる ロシアとウズベクの研究者らが実証

ロシアとウズベキスタン両国の研究者らが、微量の放射線を用い、人体に害を与えずに新型コロナウイルスやその変異体を抹殺できることを実証した。ウラル連邦大学の広報部が発表した。 同大学の広報部によれば、微量の放射線とは軟X線、紫
国際ニュース

「トランプ氏にも責任」「米国衰退の証し」 議会乱入、世界各国の首脳や政府関係者の反応

米議会に6日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の支持者らが乱入した騒動を受けて、世界各国の首脳や政府関係者らが衝撃や怒りを表明した。 ■ドイツ:アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は7日、騒動への「激しい怒りと悲しみ」をあらわにし、トランプ氏にも責任が
東アジアニュース

【スプートニク】中国で大型隕石が落下 ロシア人研究者が落下映像にコメント

中国地震局は、同国青海省で大型の隕石が落下したと発表した。23日には、同省の玉樹市付近で隕石の落下による衝撃と地表の振動が観測されている。 同市の人口は約41万6000人。現在のところ、被害者の情報はなく、この隕石落下による損害も明らかになっていない。
国際ニュース

ロシア・プーチン大統領、大統領経験者を生涯にわたり刑事訴追から免責する法案に署名

 ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は22日、大統領経験者を生涯にわたり刑事訴追から免責する法案に署名した。  22日にオンラインで公開された同法案は、大統領経験者とその家族が生涯の間に犯した罪について、刑事訴追から免責する内容。
国際ニュース

ロシア当局「ワクチン打ったら2ヶ月禁酒な」 ロシア市民「有り得ない。飲まない方が体に悪い」

ロシア連邦消費者庁のポポワ長官は、同国の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の接種を受ける人は、約2カ月間飲酒を控えてほしいと訴えた。 禁酒はワクチンを接種する最低2週間前から始め、接種後も42日間は継続するべきと、地元ラジオ「コムソモリスカヤ・プ
国際ニュース

「北方領土生まれは日本出身と明記せよ」 ロシア人が米国で米国永住権を申請する際の規定にロシア反発

ロシア外務省は6日、ロシアが実効支配する北方領土出身のロシア人が米国で米国永住権(グリーンカード)を申請する際に、出身国を日本と記すよう米国務省が規定していることに「1945年の決定でクリール諸島(北方領土と千島列島)はソ連に帰属する。第2次大戦の結果に疑義を呈するものだ」と反発する声明をツイッターで発表した。
国際ニュース

【コロナ研究】BCGワクチンの再接種が実施された国では、死亡率低い、一度も行われなかったり、20年以上前に中止された国は、死亡率高い

ロシアの学者らは、結核に対するワクチン(BCGワクチン)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大スピードを抑え、 症状を軽減することを明らかにした。サンクトペテルブルク国立大学が発表した。研究結果が学術雑誌Juvenis scientiaに掲載された。 プレスリリースによると、学者らはさまざまな国のCOVID-19の発症
国際ニュース

プーチン露大統領、まだバイデン氏を次期米大統領と認めず

ロシアのプーチン大統領は米国のいかなる指導者とも協力する用意があるとしつつ、米大統領選挙におけるバイデン前副大統領の勝利を認める準備はまだ整っていないと語った。   プーチン氏は22日、ロシア国営テレビで「米国民の信任を得た人物とは、それが誰であれロシアは協力していく」と表明
国際ニュース

【米国】領空開放(オープンスカイ)条約から正式離脱 軍縮後退の恐れも 米国はロシアが一部の地域での査察飛行を制限していると批判

米国務省は22日、批准国の軍事施設を上空から相互に偵察できる領空開放(オープンスカイ)条約から正式離脱したと発表した。ロシアの条約違反を主張し、5月に批准国に対して離脱する意向を通告していた。世界的な軍縮の流れが後退する恐れがある。 オープンスカイ条約の批准国は非武装の航空機
国際ニュース

【ロシア】なぜプーチンはバイデン勝利に沈黙を守っているのか

各国のリーダーたちが続々とバイデン勝利に対して声明を出すなか、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はいまだアメリカ大統領選に関して沈黙を貫いている。もちろん、勝利したバイデン次期大統領への祝福もまだだ。 メキシコのロペス・オブラドール大統領は、勝者への祝辞の前に「司法の判決を待つ」と発言。ベラルーシのアレクサ
国際ニュース

ロシア外務省、アメリカ大統領選挙の制度を批判 「選挙制度に欠陥がある」

 開票結果を巡って混乱の続くアメリカ大統領選挙についてロシア外務省の報道官は、「選挙制度に欠陥がある」と批判しました。  ロシア外務省・ザハロワ報道官:「米大統領選の得票が拮抗(きっこう)し、結果が出ないのは制度の明白な欠陥のせいだ」  ロシア外務省のザハロワ報道官は5日、選挙人を選出す
国際ニュース

WHO、米国からの正式な脱退通知を受理 -スプートニク

米国は世界保健機関(WHO)に対して、脱退を正式に通知した。ロシア外務省がこれを明らかにした。ロシア外務省国連緊急活動および国際発展協力部のグリゴリー・ウスチノフ部長は、米国はWHOの正式な脱退までにある一定のプロセスを経ねばならないと指摘する一方で、WHO側には米国は脱退を正式に通知し
国際ニュース

モスクワ 内務省前で警官らが襲撃される

ロシア政府内務省の施設があるモスクワ市ペトロフカ通りで男が警官ら2人に襲い掛かる事件が発生した。男は現在、拘束されて取り調べを受けている。モスクワ市検察委員会が発表した。 検察によると、男はペトロフカ通りで巡回を行っていた警官らを襲撃し、顔を殴るなどの暴行を働いたという
国際ニュース

アメリカ大統領選 勝者は? 前回トランプ勝利を的中させた”予言グマ”が選んだのは…

アメリカ大統領選挙の勝者を占った。 ロシアの動物園。 トランプ大統領とバイデン氏のイラストが彫られたスイカにクマが近づいていく。 “予言グマ”として知られるクマが選んだのは、バイデン氏だった。 このクマは、4年前の大統領選では、