五輪・万博

国内ニュース

【大阪】万博はもう中止できないのか?「オリンピックと同じ末路に」専門家は警鐘

 2025年大阪・関西万博は、4月13日で開幕1年前を迎えた。国家的イベントが近づくにつれ、世論の期待は高まっている…と思いきや、SNS上では今も「万博中止」のハッシュタグが目立ち、延期を求める声も飛び交う。「期待一色」に
地方ニュース

万博会場への『食品の持ち込み禁止』が一転してOKに 博覧会協会

大阪・関西万博の会場への食品の持ち込みを原則禁止とした規約について、博覧会協会は5日、規約を更新し持ち込み禁止物から「食品全般」を除外したと発表しました。博覧会協会は今年1月、(略)
地方ニュース

万博会場 どこでもメタンガス発生…大阪市、可能性認める

大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)で開催予定の大阪・関西万博の会場建設現場で3月28日に起きた可燃性ガス爆発事故の状況や原因などについて、日本共産党の、たつみコータロー党府委員会カジノ・万博問題プロジェクトチーム責任者と、山中智子
国内ニュース

【吉村知事】「まるで『ガキ』です」玉川徹氏への「大阪・関西万博出禁」発言がSNSで波紋

 大阪府の吉村洋文知事が、先月23日に大阪府茨木市で行われた「維新タウンミーティング」で、2025年大阪・関西万博で「象徴」となる木造の巨大環状屋根「リング」をめぐり、批判的なコメントをしているとして元テレビ朝日社員の玉川徹氏をやり玉
地方ニュース

吉村大阪府知事、『万博リング』に「モーニングショー、玉川徹は出禁」発言の動画拡散で波紋

2025年に開催される「大阪・関西万博」のシンボルとして建設が進む木造の大屋根(リング)をめぐり、大阪府の吉村洋文知事が「『見たい』といっても、モーニングショー、玉川徹は禁止」と発言している動画が拡散され、波紋が広がって
地方ニュース

大阪万博会場で爆発、地下からガス噴出か

大阪・関西万博の会場、「夢洲」で28日、建屋の溶接工事中に出た火花が可燃性ガスに引火し、開幕中に使用されるトイレの床、およそ100平方メートルが破損する事故があったことがわかりました。■産廃処分場だった夢洲
地方ニュース

「犯罪レベルの気持ち悪さ」大阪万博「ミャクミャクのしずく」キャンペーン開催も「不気味ポスター」に非難轟々

 2025大阪・関西万博をめぐり、3月15日から、『いのち、ワクワク。大阪・関西万博グッズを探しに行こう! “ミャクミャクのしずく” プレゼントキャンペーン』が始まった。 期間は3月31日まで。オフィシャルストアとオンラインストアで、公式ライセンス
地方ニュース

万博「2億円トイレ」再入札も不成立 工法の見直し含め協議へ

建設が進む大阪・関西万博の会場=大阪市此花区で2024年3月11日、久田宏撮影 2025年大阪・関西万博の会場に設置予定で、「2億円トイレ」として話題になったトイレのうち、1カ所が2回目の入札でも不成立となった。万博を運営する日
地方ニュース

大阪万博に維新市長が苦言  吉本興業にケンカを売ったあの交野市長も同調

大阪府東大阪市の野田義和市長は27日、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)で、大阪府 が子どもの2回目の招待を市町村に呼びかけていることについて「個人の楽しみを公費で負 担するのはいかがなものか」と疑問を投げかけた。機運醸成に向け2
地方ニュース

「ミャクミャクがPRに使えない!」開催まで1年…大阪万博公式キャラが浸透しない「深刻な理由」

開催まで1年弱と迫った大阪万博だが、工期の大幅な遅れ、海外パビリオンの出店も進まずで、ついには参加辞退国も現れた。会場の大半を囲むように建設されている万博のシンボル「大屋根リング」設置などの計画変更もあり、建築費用は当初の約2
国内ニュース

万博海外館、空調の例外容認 「省エネ」理念に矛盾

 2025年大阪・関西万博に自前建設のパビリオン「タイプA」で参加する国に対し、日本国際博覧会協会(万博協会)が、館内の空調を個別に設ける例外を認めたことが分かった。協会は冷水を使った会場全体の集中管理を想定していたが、専用設備
国内ニュース

大阪万博の目玉「アンドロイド猪木」に決定w

アントニオ猪木さん誕生日に「新プロジェクト」発表…「猪木ロイド(仮)」大阪・関西万博お披露目計画…「IGF」会見2022年10月1日に亡くなった国民的プロレスラーのアントニオ猪木さ
地方ニュース

【悲報】大阪万博に新たな問題か。「維新リングを先に作ったせいで資材搬入ができない🥹」

1: 固めるテンプル(やわらか銀行) 2024/02/22(木) 18:00:50.52 ID:WyM4VHsG0● BE:487816701-PLT(13060) sssp://img.5ch.net/ico/samekimusume32...
国内ニュース

万博”2億円トイレ”に経産大臣見直し否定…吉村知事「建築家が魂を吹き込んでいる」

当初の計画から建設費用が大幅に増加している大阪・関西万博。会場にはおよそ40カ所のトイレが設置される計画で、このうち2カ所が、およそ2億円で契約されていました。 「高すぎる」といった批判も上がっていますが、齋藤健経済産業大臣は計画
国内ニュース

【大阪万博】トイレ1カ所に2億円!「全てデザイナーズトイレ」で、また税金が消えていく

 万博のシンボルとして、会場を木製の建造物でぐるりと囲む大屋根、通称「万博リング」は、350億円というその建設費用の高さから大きな批判を受けたが、「芸術性が高い」として、とりあえずの批判は収まったようだ。しかし、税金で建設される「万博のぜ