差別問題

国内ニュース

東大入学式「最初の宿題は構造的差別を知ること」 藤井学長式辞

 東京大の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。藤井輝夫学長は式辞で、新入生の性別の偏りに触れ「さまざまな構造的差別は自然には解消されないので、私たちがそれを認識し、自省し、アクションを取る必要がある」と呼びかけ
国内ニュース

トランスジェンダー本監訳者「批判するやつは読んでないだろ」「炎上が手法として確立されてしまった」

心と体の性が一致しないトランスジェンダーの実態を取材した米国書籍の翻訳本「トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇」(産経新聞出版)が3日、全国の書店で発売された。同書は昨年末、大手出版社のKADOK
国内ニュース

「トランスジェンダーになりたい少女たち」にオリジナル※の帯を付ける書店が出現 いいのかこれ?

民主主義の根幹をなす表現の自由への不当な侵害は決して許されない。3日発売の翻訳本「トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽(あお)る流行の悲劇」を巡り、取り扱う書店や発行元の産経新聞出版に脅迫
国内ニュース

【東京新聞】同性婚の実現は、みんながハッピーになるだけで誰も困らない 慶応大・駒村圭吾教授に聞く札幌高裁判決の意義

 同性婚を認めない民法や戸籍法の規定が憲法違反だとして、全国の同性カップルらが国を訴えた裁判で、3月14日の札幌高裁判決(斎藤清文裁判長)は「憲法24条1項に違反する」との初判断を示し、「同性間の婚姻も異性間と同じ程度に保障している」と踏
国内ニュース

「トランスジェンダーになりたい少女たち」発行元や複数の書店に放火の脅迫

4月3日に発行予定の翻訳本「トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇」を巡り、同書を扱う書店への放火を予告する脅迫メールが、発行元の産経新聞出版宛てに届けられていることが30日、分かった。複数
国内ニュース

教科書にLGBT 男女否定の授業にするな…教科書は流行を追うものではない

文部科学省の検定に合格し、令和7年度から使われる中学校の教科書で、LGBTなど性的少数者についての記述が増加することになった。保健体育では、性的少数者に関連し「性自認」「性的指向」など学習指導要
国内ニュース

女性の困難「政治の構造的人災」 上野千鶴子氏、支援訴え

 ドメスティックバイオレンス(DV)防止などをテーマにしたシンポジウムが17日、熊本市内で開かれた。登壇した社会学者で東京大名誉教授の上野千鶴子氏は、感染症流行や経済苦境など多くの不安を抱える現代社会で「女性が困難に陥るのは自己責
国内ニュース

トランスジェンダー元代表、強制わいせつで逮捕  性暴力根絶を訴え精力的に活動も一体何故…

女性にわいせつな行為をした疑いで看護師の男が逮捕されました。関係者によりますと男は「トランスジェンダー」の権利向上や性暴力の根絶を訴える団体で共同代表をつとめていました。
国内ニュース

米エマニュエル大使、同性婚巡り「法の下の平等を実現するために、日本がまた一歩前進」判決を歓迎

米国のエマニュエル駐日大使は自身のX(旧ツイッター)を更新し、同性同士の結婚を認めていない法律の規定を「違憲状態」と判断した14日の東京地裁判決について、「千里の道も一歩から。婚姻の自由、そして法の下の平等を実現するために、日本が
地方ニュース

性自認女性の受刑者を丸刈りに 「髪型強制は人権侵害」大阪弁護士会が勧告

受刑者が刑務所で意に反した髪型を強制されるのは人権侵害にあたるとして、大阪弁護士会は法務省に規定を改めるよう勧告しました。大阪弁護士会によると、50代の受刑者は戸籍上は男性ですが、性自認は女性で
国内ニュース

マクドナルドが男ばかり出てくるCMを発表 → フェミニスト発狂

玉木宏さん、竹原ピストルさん出演の新テレビCM公開!ビッグマックRなんて余裕ですよね?
国内ニュース

アイヌ民族歌手、人権侵犯申し立て 「新党くにもり」元代表・本間奈々氏の差別的投稿で

 アイヌ伝統歌を歌うマユンキキさん(札幌市在住)が7日、東京都内で記者会見を開き、政治団体「新党くにもり」元代表の本間奈々氏がX(旧ツイッター)でアイヌ民族への差別的な投稿を行い、人権侵犯の被害を受けたとして、1月に札幌法務局に申
国内ニュース

角川が脅迫に屈したトランスジェンダー本、産経から出版も発売未定の今すでに脅迫殺到

心と体の性が一致しないトランスジェンダーの実態を取材した米書「IRREVERSIBLE DAMAGE」が4月上旬、産経新聞出版から刊行されることが分かった。邦題は未定。 同書は昨年末、大手出版社のKADOKAWAから「あの子もトランスジェンダーに
国内ニュース

朝日新聞「『~わ』『~かしら』『~のよ』のような女言葉をやめれば男女格差は無くなる」

女性も「うるせえな」と怒ったっていい 性別の美学が広げた男女格差 女性のみなさん。女らしく話すと気持ちがうまく伝わらないと感じませんか。多くの女性が当たり前のように使う「女性のことば」がはらむ問題について、昨年
国内ニュース

性別変更反対の女性デモに3度目の妨害行為 拡声器で「差別者、帰れ」「ヘイトデモ中止」

女子トイレや女子更衣室、女湯などに男性が入ることを反対する「女性の権利と尊厳を取り戻す会」が2日、東京・新宿でデモ活動を行い、戸籍上の性別変更を可能にする性同一性障害特例法の廃止を訴えた。こうしたデモ活動に対しては妨害行為が繰り返