厚生労働

国内ニュース

岸田首相「130万円の壁」見直し検討 衆院予算委で

 衆院予算委員会は1日午前、岸田文雄首相と全閣僚が出席し、2023年度予算案に関する3日目の基本的質疑を行った。  パート労働者らが扶養家族の対象外となり、社会保険料の負担が生じる基準「年収130万円」
国内ニュース

岸田首相「育休中の学び直しを」答弁に批判

 岸田文雄首相が27日の参院本会議で、賃金上昇やキャリアアップに向け、産休・育休中のリスキリング(学び直し)を「後押しする」と答弁した。これに対し、SNS(ネット交流サービス)では「育児してない人の発想」「オッサン政権」などの痛烈な批判が広がった。28日には「
国内ニュース

少子化の背景に「自民党政治」…共産・小池晃氏が批判「家父長制や男尊女卑を『美しい国』と美化」

 共産党の小池晃書記局長は27日、参院本会議の代表質問で、日本の少子化の背景に「明治憲法下での家父長制や男尊女卑の家族制度を『美しい国』と美化する自民党政治」があると批判した。  小池氏は、自民党が「子育ては社会が担うものではなく家族が担うものだと
国内ニュース

【都内病院の呼吸器科医】「コロナによる死亡者が過去最多と騒がれていますが、実際の死因は誤嚥性肺炎がほとんどです」

1月14日の「NHKニュース7」でコロナによる死亡者数が第8波から急増、昨年12月から約1カ月半で1万2000人を超え、コロナ累計死亡者(6万2264人)の5人に1人が第8波で亡くなったと報じた。 他のテレビ局も年末から「フルロナ」という言葉で、インフルエンザと
地方ニュース

保育事業大手「グローバルキッズ」不正受給、都内3区と横浜市でも発覚

 保育事業大手「グローバルキッズ」(東京都千代田区)による不正受給が相次いでいる問題で、同社が都内3区や横浜市から設計費や運営費などとして、計約238万円を不正受給していたことが新たに分かった。これまでの判明分だけで、不正受給額は計約2200万円を超えた
国内ニュース

【悲報】マスコミさん コロナ5類化にブチギレww

岸田文雄政権は、新型コロナウイルスの感染症法上の区分を今春から、現在の「2類相当」から普通のインフルエンザなどと同じ「5類」にする方針だ。コロナ禍が始まって3年、ようやくインフル並みの対応でよくなると思えば、歓迎の声が上がるのも分かるが、死者数は今月だけで8
地方ニュース

【えっ】住民訴訟の監査対象である東京都福祉保健局さん、廃止へ

東京都は27日、子育て施策や高齢者の福祉政策、新型コロナウイルス感染症の対応などを担っている「福祉保健局」を今年7月に廃止し、「福祉局」と「保健医療局」を新設すると発表した。喫緊の課題となっている少子化や新たな感染症の発生などに対応するため組織を分割し
国内ニュース

コロナ禍で中国人が日本で買い求める「12の神薬」 『熱さまシート』『イブ』『龍角散のど飴』他

日本の市販薬は中国人観光客に大人気(ウェイボーより)  ゼロコロナ政策の撤廃で中国からの訪日客が日本で直接市販薬を買うことができるようにもなった今、日本国内の薬局で在庫切れが続出しているという。中国人にとって、医療先進国・
国内ニュース

木原官房副長官、少子化「消費税上げず」

 木原誠二官房副長官は22日のフジテレビ番組で、岸田文雄首相が掲げる「異次元の少子化対策」に伴う財源について、「消費税(率)を今回、上げることはないと言っていい」と述べ、財源論より対策の具体的内容を詰めるのが先との認識を示した。
国内ニュース

児童手当2兆~3兆円増必要か 第2子以降、上積みの場合

 岸田文雄首相が掲げた「異次元の少子化対策」の柱となる児童手当の拡充を巡り、第2子以降の支給額を増やした場合、新たに2兆~3兆円程度が必要となる可能性があることが分かった。政府は他にも所得制限の撤廃や、現行は中学生までとなっている支給対象年齢の拡大を検討してお
国内ニュース

「年金なんていらない。払わない」維新・中条きよし参院議員に「年金750万円未納」疑惑

 昨年7月の参院選比例代表で初当選した歌手で日本維新の会の中条きよし参院議員(76)に、年金未納の疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。期間は数十年に及び、累積した未納額は約750万円になるとみられる。
地方ニュース

【埼玉・大野知事】「ある先生から、重症化或いは死亡者の方は、ワクチンを全く打ってない方ばかりになってきたという話がございました」

オミクロン株対応ワクチン接種のお願いであります。ワクチン接種には、重症化リスク或いは死亡リスクを大きく低減させる効果が確認をされています。 また、感染予防効果があることも分かっております。これから卒業式ですとか入試或いは就
国内ニュース

【コロナ】4月1日から「5類」に緩和  政府が20日決定「感染者の7日間の療養期間も不要」

政府が、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを4月1日から原則、季節性インフルエンザと同等の「5類」に緩和する方針を固めた。感染状況を見極め、岸田文雄首相と関係閣僚が20日に協議して決定する。
国内ニュース

少子化対策拡充「評価」58%、負担増は「反対」56%…読売世論調査

 読売新聞社の全国世論調査で、少子化対策を大幅に拡充する岸田首相の方針を「評価する」は58%となり、「評価しない」は34%だった。一方で、少子化対策で増税を含めた国民負担が生じることに「反対」が56%で、「賛成」の38%を上回った。
国内ニュース

自民・麻生太郎副総裁 少子化の最大の要因は「晩婚化」 「出産する時の女性の年齢が高齢化」「中長期的には日本の最大の問題」

岸田総理大臣が今年の主要テーマに少子化対策を掲げるなか、自民党の麻生副総裁は少子化の最大の原因は晩婚化との見方を示しました。  自民・麻生副総裁:「(少子化の)一番大きな理由は出産する時の女性の年齢が高齢化し
タイトルとURLをコピーしました