国連・国際機関

国際ニュース

英国の国際貿易相「中国が依然として発展途上国と認定され、WTOで特別待遇を受けているのは正しくない」 中国「責任ある発展途上の大国として・・

英国の国際貿易相はこのほど、「中国が依然として発展途上国と認定され、世界貿易機関(WTO)で特別待遇を受けているのは正しくない」と述べた。 これについて中国商務部の高峰(ガオ・フォン)報道官は8日の定例記者会見で、「すでに繰り
国内ニュース

夫婦別姓など求める国連の文書、外務省が2年以上放置 ー朝日新聞

 国連の女子差別撤廃委員会が日本政府に送った見解の文書を外務省が内閣府男女共同参画局に報告せず、2年以上も放置していたことが23日、参院の特別委員会の質疑で分かった。国連は女性が旧姓を維持できる法改正などを勧告後、見解で追加の情報提供を求めてきたが、内
東アジアニュース

国連、64カ国が中国を支持する声明! 中国外交部「途上国の発言は正義の声」

1: ビクテグラビルナトリウム(茸) 2021/03/14(日) 01:36:51.54 ID:aC0BlBec0 BE:668024367-2BP(1500) sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 国連人...
国際ニュース

WHO「コロナワクチンの知的財産権の保護を一時停止すべき」

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスのワクチンの供給が依然として十分でないとして世界各地で広く生産ができるようワクチンに関する知的財産権の保護を一時的に停止すべきだと訴えました。 WHOのテドロス事務局長は5日の定例の記
東アジアニュース

韓国、国連人権理事会でまた慰安婦言及 外相から格下げ、配慮も?

 韓国の崔鍾文第2外務次官は23日、国連人権理事会でビデオ演説し、慰安婦問題について「普遍的な人権問題として取り組まなければならない。紛争下でのこうした深刻な人権侵害の再発は防がなければならない」と訴えた。  韓国は昨年まで3年連続で康京和外相
国際ニュース

【五輪】東京に続いて「北京五輪」も開催危機、ウイグル弾圧で世界各国160以上の人権団体がIOCに開催地変更求め

「東京五輪・パラリンピックの開催はどうなる!?」という大問題をよそに、それよりも組織委員会の森喜朗会長の性差別発言とその謝罪会見のあまりのヒドさにばかり目が行く状況で、ますます東京五輪の開催は五里霧中に陥っているのだが、話は早くも2022年に北京で開催予定の
国際ニュース

WHO調査団メンバー 「コロナは中国から始まったと思う」

中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスに関する現地調査を行った世界保健機関(WHO)国際調査団のメンバー、オーストラリア人研究者のドミニク・ドワイヤー氏は10日夜、 豪放送局ナインニュースのインタビューに対し、「新
東アジアニュース

【コロナ】中国「アメリカもWHOの調査を受けろ」 まさかのアメリカ起源説

WHO=世界保健機関の調査チームが中国・武漢での活動を終えたことを受けて、中国外務省は、武漢で感染が拡大する前にも世界各地で新型コロナウイルスの感染例が見つかっていたとする研究もあると指摘し、中国が発生源だと主張してきたアメリカも調査を受け入れるべき
東アジアニュース

武漢調査のWHO「実験室からコロナウイルスが流出した可能性は極めて小さい」

新型コロナウイルスの発生源解明のため世界保健機関(WHO)が中国に派遣した調査団は9日、湖北省武漢市での調査を終え、中国側の専門家と共に武漢市内で記者会見した。 WHOのピーター・ベンエンバレク氏は「実験室からウイ
東アジアニュース

WHO調査団の「華南海鮮卸売市場」視察、約1時間で終了…実質的成果なしか

新型コロナウイルスの発生源を調べるため、武漢入りしている世界保健機関(WHO)の国際調査団は1月31日、流行初期に感染者が集中した華南海鮮卸売市場を視察した。市場は閉鎖から1年以上が経過しており、感染経路などの解明につながるかは不透明だ。
国際ニュース

WHO調査チーム、武漢の市場を視察するも… なぜか多くの患者が発生した海鮮市場とは別の場所

新型コロナウイルスの発生源などの解明に向けて、中国・武漢を訪れているWHO=世界保健機関の国際的な調査チームは、31日、市内の市場を視察しました。 この市場は、感染拡大当初、多くの患者が確認された海鮮市場
東アジアニュース

【中国】武漢の遺族100人参加SNSが突然閉鎖、当局から5万円渡され口止めも…WHO調査で圧力か

世界保健機関(WHO)の国際調査団が本格調査を始めた中国湖北省武漢市で、新型コロナウイルスの感染で家族を亡くした遺族に対し、当局からの圧力が強まっている。新型コロナ対応で当局を批判する遺族らの主張が調査に影響する事態を警戒しているとみられ、今月中
東アジアニュース

IAEAの事務総長、また日本の味方”福島第一原発の汚染水処理に協力” =韓国報道

日本の福島原発汚染水の海洋放流を支持する趣旨の発言をし論議を呼んだ国際原子力機構(IAEA)のラファエル・マリアーノ・グロッシー事務総長が、汚染水の海洋放流について再度「日本側と協議している」という立場を明らかにした。
国際ニュース

バイデン政権、WHOのコロナ対応を称賛

米新政権は21日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の対応を主導してきた世界保健機関(WHO)を称賛するとともに、米国が加盟国としてとどまると言明し、前政権から方針転換した。  米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長で、ジョー・バ
国際ニュース

バイデン新大統領、WHO脱退の撤回命じる大統領令に署名

アメリカのバイデン新大統領は就任初日の20日、トランプ前政権が打ち出していた、WHO=世界保健機関からの脱退の撤回を命じる大統領令に署名しました。脱退の方針を撤回することで、新型コロナウイルス対策で、国際協調を重視する姿勢を強調した形です。