裁判

国内ニュース

関西生コン「犯罪集団」は真実に基づく公正な論評だと確定へ

4月5日最高裁第二小法廷は関西生コンの上告を棄却し、上告不受理を決定しました。これで関西生コンを「犯罪集団」と評したことも生コン業者から「みかじめ料をとって私腹を肥やしている」という論評も真実に基づく「公正な論評」であることが確
地方ニュース

「私は全財産をNPO法人に相続させる」遺書の筆跡本人と異なる……名古屋地裁が契約無効の判決

身寄りのない高齢者らの身元保証を請け負う名古屋市内のNPO法人が、同市内の90歳と74歳の姉弟と交わした死亡後の贈与契約について、親族が「(姉弟の)署名は自筆でない」として契約無効の確認を求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁であり、棚井啓裁
地方ニュース

暇空茜さんが東京都と小池百合子知事に勝訴! 「国家賠償請求訴訟」がトレンド入りもメディアはスルー?

ゲームクリエイターで作家の暇空茜さんが、東京都と小池百合子都知事を相手に公文書不開示決定の取り消し等を求めていた裁判で、東京地裁は3月26日、一部請求を認め不開示決定を取り消す判決を下した。
国内ニュース

頂き女子りりちゃんに懲役13年・罰金1200万円を求刑

恋愛感情を悪用して男性から現金をだまし取るなどした罪に問われている「頂き女子りりちゃん」の裁判で、15日、検察側は懲役13年と罰金1200万円を求刑しました。 “頂き女子りりちゃん”こと渡邊真衣被告(25)は、「借金を返済しなければいけ
国内ニュース

米エマニュエル大使、同性婚巡り「法の下の平等を実現するために、日本がまた一歩前進」判決を歓迎

米国のエマニュエル駐日大使は自身のX(旧ツイッター)を更新し、同性同士の結婚を認めていない法律の規定を「違憲状態」と判断した14日の東京地裁判決について、「千里の道も一歩から。婚姻の自由、そして法の下の平等を実現するために、日本が
国内ニュース

医師90人がグーグルを集団提訴へ クチコミ放置で「被害受けた」 最近めちゃくちゃ酷いレビュー見るね

医師90人がグーグルを集団提訴へ クチコミ放置で「被害受けた」 治療費の踏み倒し狙うケースも飲食店や病院などを選ぶ際に、参考になる「クチコミ」。しかし、実名を挙げての罵詈雑言や暴力的な書き込みが削除されずに放置されているとして、国内
国内ニュース

SNS開示簡略化で裁判所が機能不全 一人100件以上のケースも「すみません、正確には『もっと』です」

 昨今、インターネット上の誹謗中傷や名誉毀損が社会的な問題となっている。SNS等の書き込みに対して発信者情報開示請求をする仕組みも簡略化。誹謗中傷への対策を強化するプロバイダー責任制限法の改正も検討されている。
国内ニュース

学術会議 任命されなかった大学教授ら 文書開示など求め提訴

4年前の、日本学術会議の会員人事をめぐり当時の菅総理大臣から任命されなかった6人の大学教授や、支援する法学者らが「拒否の理由を明らかにしないのは違法だ」として国に文書の開示などを求める訴えを起こしました。
地方ニュース

左翼の巣窟・京都大学「吉田寮」 14人の入居継続を認める判決 京都地裁

京都大学の学生寮「吉田寮」のうち、築100年を超える古い建物に住む寮生に大学が明け渡しを求めた裁判の判決で、京都地方裁判所は、大学の訴えを一部退け、14人について入居の継続を認めました。
国内ニュース

「大川原化工機」えん罪事件 国と東京都が控訴する方針固める 原告側も控訴へ

横浜市の機械メーカー「大川原化工機」の社長らが逮捕されたえん罪事件の裁判で、控訴の期限のきょう、国と東京都が一審判決を不服として控訴する方針を固めたことがわかりました。
国内ニュース

「大川原化工機」の国賠訴訟、都と国に賠償命令…公安の逮捕も地検の起訴も「違法」認定

生物兵器の製造に転用可能な精密機械を不正に輸出したとして、逮捕後に起訴が取り消された会社社長らが東京都と国に計約5億6000万円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、国と都に計約1億6000万円の賠償を命じた。桃崎剛裁判長
国内ニュース

朝日新聞「最高裁の判決に従うのは理解に苦しむ」

自治体の権限を奪う「代執行」に今の制度下で初めて道を開く判断としては、あっけない判決だ。国の言い分通りの内容が続く。今回、法廷での審理は1日で終わっていたこともあり、代執行の是非をどこまで実質的に検討したのか、疑問が拭えない。
地方ニュース

辺野古移設「不当判決」法廷に怒号 憤りあらわに「沖縄をばかにするな」「司法の役割を果たせ」「沖縄いじめやめろ」

 「不当判決だ!」。裁判長が主文を読み上げると、法廷内に男性の怒号が響いた。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡る代執行訴訟で、沖縄県知事に承認を命じた20日の福岡高裁那覇支部判決。「県民の声を聞いて」「沖縄をばかにするな」。市
地方ニュース

手術なしで戸籍上の性別変更 戸籍謄本受け取り喜び 静岡 浜松

 戸籍上の性別を変更するには生殖能力をなくす手術を受ける必要があるとする法律の規定は、憲法に違反し無効だとして、静岡家庭裁判所浜松支部がことし10月、手術を受けていなくても性別を変更することを認めたことを受けて、申し立てた人が7日、市役所
地方ニュース

道路のコケで滑ってケガをし、市を訴えた男。国土交通省の職員と判明

国土交通省の出張所長の男性がランニング中に歩道で滑って大けがを負った事故を巡る訴訟で、福岡地裁は道路の安全性に不備があったとして管理者の福岡県那珂川市に約280万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。男性は坂になった路面上のぬれたコケで転倒