資源・食糧

地方ニュース

「私たち三流大学なんで」 北海道の牛舎に女子大生が無断侵入、被害農家は”口蹄疫”を危惧「知らないでは済まされない」

牛舎に侵入って言葉もでない…年齢的に口蹄疫の時のこと覚えてないのかもだけど、これは警察に不法侵入で被害届出して厳重に対処したほうがいいのでは…」といった反応もみられた。●立ち入りと撮影を注意されても…女子大生ら「三流大学なんでわからないですよ」
国内ニュース

日本のフリマサイトで出品される種苗、海外向け代理購入ECサイトが原因で優良品種が海外流出…農水省「対応を検討」

登録品種の海外流出の懸念について、海外に住んでいる人が日本のECサイトで商品を購入する際に使う代理購入サイトで、栽培地域が日本国内に制限されている登録品種の種苗が購入できるようになっているサイトも複数ありまして
地方ニュース

🐟船が沈むほど獲れた富山のイワシ、1匹10円の大盤振る舞い\(^o^)/

“船が沈んでしまう”ほどの量が獲れている富山県氷見市のイワシ。店では10匹100円、つまり1匹10円の値段がつけられました。どこからか情報を聞きつけたお客さんたちが集まり、ビニール袋に次々とイワシを入れていきます。実はこの光景去年も見られて
国内ニュース

農家に増産指示、罰金も 食料危機時の対策法案、概要判明

 農林水産省が食料・農業・農村基本法改正案と併せて今国会に提出する食料供給困難事態対策法案(仮称)の概要が8日、分かった。コメ、小麦、大豆などが不足する食料危機時に政府が供給目標を設定。農家に増産計画の届け出を指示できるとし、従わ
地方ニュース

【福島】冬の味覚の主役「ズワイガニ」初競り中止…ほとんど網にかからず「こんなの初めて…」

 福島県相馬市の松川浦漁港で19日、冬の味覚・ズワイガニの初競りが行われる予定だったが、主役のズワイガニがほとんど網にかからず、中止となった。昨年は2・9トンが初競りにかけられていて、相馬双葉漁協は「これほどの不漁は過去に例がない」とす
地方ニュース

福井県沖でかつてない寒ブリ大漁…なぜ?漁師も驚き 水揚げ量は今シーズン既に昨季の5倍超え

福井県美浜町の日向漁港で今季、寒ブリがかつてない大漁続きとなっている。日向定置網漁業組合によると、1月10日までの水揚げ量は約3万5千匹。既に昨季の5倍超えで、1978年の組合発足以降で最も多くなった。福井県海洋資源研究センター(敦
国内ニュース

温暖化を加速させる牛のげっぷ、海藻飼料でメタン削減…鹿島が量産技術を開発

 ゼネコン大手の鹿島建設は、牛のげっぷに含まれるメタンを減らす効果のある海藻「カギケノリ」の量産技術を開発した。メタンは二酸化炭素(CO2)の約25倍の温室効果があり、世界的に削減が課題となっている。鹿島は今後、酪農家などと連携して研
国内ニュース

【水産庁】韓国の漁船「808チョンナム」を拿捕、船長を逮捕…五島沖のEEZで無許可操業

水産庁九州漁業調整事務所は24日、長崎県五島市沖の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国のはえ縄漁船「808チョンナム」(44トン、11人乗り込み)を 拿捕だほ し、船長(59)を漁業主権法違反(無許可操業)容疑で逮捕したと発表した
国内ニュース

日本の大陸棚、太平洋で延長決定 父島東方、レアメタルなど資源開発が可能に

 岸田文雄首相は22日の総合海洋政策本部会合で、大陸棚の延長に関する米国との調整が終了し、小笠原諸島の父島東方に位置する「小笠原海台海域」の大部分を日本の大陸棚と定めると明らかにした。レアメタル(希少金属)など海洋資源開発が可能になる。
国内ニュース

冷凍カニ、大幅下落 米の禁輸でロシア産在庫だぶつく 昨季より4割安も

 スーパーや鮮魚店で、冷凍のカニが安くなっている。流通の大半を占めるロシア産が、ロシアのウクライナ侵攻を巡る米国の禁輸措置でだぶついているためだ。昨季より4割安く売る店もある。贈答用や鍋用に売れ行きが伸びる年末に向け、各店は品ぞろえを
国内ニュース

イクラ、今年は値下がり 国内サケ不漁でも…極めて異例

 イクラが今年、値下がりしている。ここ数年は過去に例がないほど高騰していたが、売れ行き悪化で膨らんでいた在庫を処分する動きが出てきたほか、海外産原料の輸入が順調だったため。年末年始の需要期に向けて、ちょっと買いやすくなったイクラを店頭で見掛
国内ニュース

ホタテ業界「もう…これ以上は限界だ…」。ストック解放 ついに割引価格で市場に流れ始める

去年の3割安”冷凍ホタテがお得 中国禁輸が長期化…「輸出予定のストック限界へ」今、冷凍ホタテが異例の安さとなっています。去年よりも3割ほど安く購入でき、さらに東京都では最大30%ポイント還元されるお得な制度も始まっています。
国内ニュース

南鳥島レアアース来年度試掘開始へ 世界需要の数百年分相当の埋蔵量

政府は日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)沖の海底で確認されているレアアース(希土類)について、令和6年度中に試掘を始める方向で調整に入った。経済対策を反映する5年度補正予算案に関連経費を盛り込む。レアアースはハイテク製品に欠かせな
国内ニュース

ホタテ、欧州拡販へ 中国禁輸で本腰 うまみと歯応えアピール

【ケルン時事】中国による禁輸で行き場を失ったホタテをはじめとする日本産水産物について、欧州へ販路の転換を目指す取り組みが本格化している。英仏でPR活動が実施されたほか、ドイツではプロ向けの試食会を開催。米国やアジアと比べて輸出実績は少
地方ニュース

【茨城】新米コシヒカリが1週間で1500キロ超盗まれる 被害総額35万円

 茨城県筑西市の農家からコシヒカリの玄米が相次いで盗まれていることが分かりました。10月以降に2件、合わせて1500キログラム以上の被害が出ています。 警察によりますと、10月1日から2日の間に、筑西市の農家の倉庫から新米のコシヒカ