資源・食糧

国内ニュース

【小泉進次郎氏後任】山口壮環境大臣、レジ袋無料化に慎重姿勢「行政は継続が大事」「グレタさんに共感」

 山口壮環境相は7日、時事通信などのインタビューで、原発の利用に関して「可能な限り低減させていく」とする一方、再生可能エネルギーを最大限導入する考えを強調した。  国民の一部にレジ袋有料化の見直しを求める声が上がっていることに関しては、慎重に対
地方ニュース

【ふぐ】安い! 秋の味覚に異変

本格的なシーズンが始まった「フグ」。初競りの最高価格は、去年を下回り、今年は、お得に食べられるかもしれません。  フグの本場、山口県下関市にある「南風泊市場」は、全国唯一のフグ専門の卸売市場。シーズンの到来を告げる「初競り」です。
国内ニュース

レジ袋削減の次はマグロ電気!? 小泉進次郎環境相がエネルギー政策で持論

経済産業省が今夏に発表したエネルギー基本計画によると、2030年度までに再生可能エネルギーの電源構成比率を36~38%にまで引き上げる方針だ。しかし、これに異を唱えたのが自民党総裁選に立候補した高市早苗氏。9月13日に出演した番組で、「(このままでは)日本の産業は
国内ニュース

茶わん1杯のご飯が10円ほどに コロナ禍でコメ価格が「暴落」 農家の使命感に頼るのも限界

2021年産のコメ価格が値崩れしている。JAグループが農家から買い取る価格は東日本を中心に60キロ当たり8千円を切るケースも出てきた。中国地方でも銘柄によっては1万円を割り込む。全国的に前年比2~3割減の「暴落」ぶりだ。
国内ニュース

【総裁選】<男児>「僕たちが大人になったら、本当に虫を食べなければいけないんですか」4候補者に質問!高市氏「栄養もありますよ」

自民党総裁選(29日投開票)に立候補している4候補者が25日、党主催のオンライン討論会に臨んだ。防災、観光振興、農林水産について国民からの質問に答えた。 学校の授業でSDGs(持続可能な開発目標)について学んだという小学校1年生の男児(6)は「
地方ニュース

中国韓国から流れついた漂着ペットボトルで衣料品製造へ

石垣市は22日、漂着ペットボトルを繊維商社の豊島株式会社(本社愛知県)に継続して買い取ってもらう契約を締結したと明らかにした。今後、漂着ペットボトルを繊維の原料とする雑貨品や衣類などが製作されるという。市によると、同様の契約は全国初。離島の石垣市は長年、漂着ペット
東アジアニュース

【台湾】日本産食品の輸入再開も―TPP申請「経済戦略の一環」 中国加入に危機感

台湾政府高官は23日、閣議後の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)への加入申請について、「台湾の長期的な経済発展が目的であり、経済戦略の一環だ」と述べた。台湾の数日前に加入を申請した中国に関しては、「先に加入されると、台湾にとってはかなりのリスク
地方ニュース

【化学調味料不使用】近年水揚げ増えるブリの消費拡大へ 函館で『ブリだし塩ラーメン』の試食会

近年、道南で水揚げが増加しているブリの消費拡大を図ろうと、ブリでだしをとった函館のご当地グルメ、塩ラーメンの試食会が行われました。 道南では近年、ブリの水揚げが増えていますが、地域ではなじみが薄いことから、地元の有志で作る団体が環境問題などに取り組む日本財団
地方ニュース

【魚影の群れ】メートル超が数千匹 クロマグロの大群・北海道松前町沖

マグロの中でも最も高級とされるクロマグロの大群を道南の松前町の沖合でNHKの水中カメラが捉えました。専門家によりますと、日本の近海で大規模な群れが撮影されるのは非常に珍しいということです。 クロマグロの大群が撮影されたのは松前町の沖合2キロの海域で、
国際ニュース

米国、福島原発事故後の食品輸入規制を全面撤廃 菅総理、退任間近に偉業達成

 農林水産省は22日、東京電力福島第1原発事故後の日本産食品の輸入規制について、米国政府が現地時間21日に撤廃したと発表した。米国は日本の県単位で輸入停止措置を講じており、最新の規制で福島を含む14県が対象だったが全面解除した。福島県産のコメや各地の原木シイタケなど
地方ニュース

”代替肉” ベンチャー企業が専用工場建設へ 来夏稼働で月に375万食生産する計画・長岡

大豆など植物由来の原材料を使って、肉のような食感や味わいを再現しようという 「代替肉」の普及を目指し、東京のベンチャー企業が長岡市に専用の工場を設けることになりました。 この会社では、主に大豆を使った「代替肉」を取り扱っていて、これまでに
国際ニュース

【国連】農家支援策の87%は有害、日本など名指し 「食料の貿易や生産、消費をゆがめる」「環境に悪影響を及ぼす」

 【ロンドン時事】国連食糧農業機関(FAO)など国連3機関は14日、世界全体で年5400億ドル(約60兆円)に上る農家支援策のうち、87%は価格をゆがめたり環境に悪影響を与えたりして「有害」だとする報告書を公表した。  こうした政策を維持
地方ニュース

昆布をエサにブランド牛の育成 釧路町と標茶町1次産業で連携 北海道

道東の釧路町と標茶町は1次産業で連携を深めようと、特産の昆布をエサとして与えたブランド牛の育成に取り組んでいます。 昆布の産地として有名な釧路町と畜産が盛んな標茶町は、ことし6月、1次産業の連携協定を結びました。そのひとつとして標茶町の牧場で
地方ニュース

【サンマ】北海道、今年お値ごろ?去年は一匹350円だったところ今年は130円で店頭に

北海道 大型船が初水揚げ サンマが今年お値ごろ? 北海道根室市に27日、サンマ漁の主力となる大型船が戻り初水揚げされました。  根室市の花咲港には大型のサンマ漁船7隻が戻り、道東沖で取れたサンマ91.7トン以上が水揚げされました。
地方ニュース

「蜜入りリンゴ」の仕組み明らかに 安定生産に光(愛媛大)

リンゴを包丁でスパッと切ると、中心付近に黄色く透き通った部分が…。品種「ふじ」などのリンゴに入る「蜜」について、愛媛大学大学院農学研究科の和田博史教授(45)=植物細胞システム計測学=らの研究グループが、細胞レベルで「蜜」の代謝メカニズムを世界で初めて解明し、ネ
タイトルとURLをコピーしました