沖縄

地方ニュース

国葬当日 半旗を掲げなかったのは47都道府県で沖縄のみ 玉城デニー知事「弔意は示した」

 安倍晋三元首相の国葬を巡り、共同通信社が27日、47都道府県の対応を調べたところ、半旗や弔旗の掲揚は沖縄のみ実施しなかった。国葬に参列した知事は42人。欠席は長野、静岡、佐賀、宮崎、沖縄の5県。
地方ニュース

琉球新報「土地規制法、基地周辺の土地所有者の国籍や思想信条を調査するのは憲法違反だ!」

安全保障上、重要な施設の周辺や国境離島を対象とする「土地利用規制法」が20日に全面施行される。規制対象区域では土地の所有者や国籍の調査が可能になり、国民のプライバシーが侵害される。 米軍基地が集中し、国境を接する沖縄には深刻な影響がある。そもそも土地規制
国内ニュース

【沖縄】政府 ”台湾有事”に備え避難シェルター設置を検討 玉城知事は「政府の検討状況を注視」

政府が有事に備え、住民用の避難シェルターの設置を検討していることが分かりました。これに対し玉城知事は、政府の検討状況を注視していく考えを示しました。 県によりますと政府は去年から有事を想定した住民用の避難シェルターの設置につい
国内ニュース

琉球新報「尖閣が固有の領土かどうかは中国の言い分もある。尖閣を共同管理し平和の海にしよう」

国有化は、12年4月に当時の石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島を都として購入すると表明したことが発端だ。石原氏が武力衝突も辞さないと強硬論を唱えていたことから、当時首相だった野田佳彦氏は「都が保有するよりも『平穏かつ安定的な管理』に近づくと思った」「
地方ニュース

玉城デニー「有事を想定するという事は日本の外交努力が全く成り立っていないという事だ」

中国のミサイルが日本の排他的経済水域に落下した件について、知事としてどういう取り組みをしていくか?という宮古毎日新聞記者の質問に対し 玉城デニー「つまり有事を想定するということは日本の外交の努力が全く成り立って
国内ニュース

中国、尖閣諸島周辺の漁船に軍事訓練を受け武装した民兵を乗船させて航行

中国が海洋進出を強めるなか、アメリカの研究機関が「海上民兵」が乗っている可能性があると特定した中国漁船の一部が、東シナ海でも活動し、沖縄県の尖閣諸島周辺の海域を航行していたことがNHKの分析でわかりました。アメリカのシンクタンク、CSIS=戦略国際問題
地方ニュース

沖縄・名護市議選、政権と協調路線の与党候補が過半数に 改選前より議席増

 米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市で11日、市議選(定数26)が投開票された。移設を進める政権と協調路線をとる渡具知(とぐち)武豊市長の与党候補が15人当選し、過半数を獲得した。改選前は、議員の死去などで与野党が12対12の同数だったが、与党
地方ニュース

沖縄宜野湾市長選、辺野古移設容認派の松川氏(自民・公明推薦) が 仲西氏(立民・共産・れいわ・社民推薦)を破り、再選

米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が11日投開票され、同飛行場の名護市辺野古への移設を容認する政府・与党系の現職・ 松川正則まつがわまさのり 氏(68)(無=自民・公明推薦)が、移設に反対する「オール沖縄」勢力の新人で元県高校PTA連
地方ニュース

沖縄県知事選 現職の玉城デニー氏 2回目の当選

現職と新人の3人による争いとなった沖縄県知事選挙は11日投票が行われ、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設反対などを訴えた現職の玉城デニー氏が2回目の当選を果たしました。 沖縄県知事選挙の開票結果です。
地方ニュース

【沖縄大】イカの養殖に世界初成功「温泉の仕組み」活用

日本の食卓に欠かせない存在なのに、漁獲量が急減している「イカ」。資源確保のため、約60年前から世界中で養殖の研究が行われているものの、なかなかうまくいかず、実現は不可能ともいわれてきた。だが沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームが、とうと
地方ニュース

左派市政の那覇市、旧統一教会から首里城再建の支援金受領も、沖縄メディアはスルー

・那覇市が、旧統一教会から首里城再建の支援金58万6,000円を受領 ・市は2年前にSNSで報告、城間市長が目録を受け取る画像もアップ ・地元メディア、自民系の知事選候補者と統一教会の関係は報じたのに…
地方ニュース

沖縄・石垣島の新型コロナ療養施設、8割が県外からの観光客で埋まる異常事態 地元民が利用困難に

 一方、人気の観光地である沖縄県石垣島では今、療養施設となっているホテルが県外の療養者で埋まるという事態に陥っている。 石垣市医療アドバイザー・境田康二医師:「お盆の週がありましたから、帰省された方で
地方ニュース

沖縄の玉城デニー知事「戦争を防ぐために世界の国々と交流を深めて信頼を築いていきます」

討論会では有権者から「どうしたら再び地上戦が起こることを防ぐことができますか」との質問が寄せられた。台湾海峡で軍事的な緊張が増し、南西諸島が戦火に巻き込まれるかもしれないという事態の想定が切迫したものになっている。
地方ニュース

玉城沖縄知事、ネットで流布する統一教会イベント参加情報を否定 民団の式典参加の写真転用

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)のイベントに玉城デニー知事が参加したとネットに投稿されている情報や写真に関し、知事は28日の記者会見で見解を問われ、在日本大韓民国民団(民団)県地方本部の創立50周年記念式典に参加したものと否定した。旧統一教会とは
国内ニュース

琉球新報「トリチウムが残る限り『汚染水』である」 とんでもないことを言い出す

 原子力規制委員会は東京電力福島第1原発のトリチウム汚染水の海洋放出計画を認可した。  安全性に問題はないというのが理由だが、果たしてそうなのか。疑問は尽きない。海に流してしまうということには地域、漁業者らに加えて国際社会にも批判がある。
タイトルとURLをコピーしました