東アジアニュースadzuck
おすすめ配信
外部配信

韓国紙「米国はなぜクワッド招待状を韓国に送らないのか」「日本が韓国排除ロビーを公然と…」

1: きつねうどん ★ 2021/10/20(水) 11:59:59.71 ID:CAP_USER
米国・日本・豪州・インドなど4カ国による戦略対話枠組みである「クワッド(QUAD)」について、韓国にはまだ正式な招請がないことを韓国紙が指摘している。

韓国日報は19日、『クワッド招待状が来ない理由』というタイトル記事を掲載し、背景に日本の韓国排除ロビー活動などがあると伝えた。

同紙は、「クワッド構想の発祥地は日本だ」とし、「2006年に安倍晋三首相(当時)が4カ国間の戦略対話の必要性を提起して、後日、米ドナルド・トランプ政権が、中国孤立を目的として立てたインド太平洋戦略と絶妙にマッチして誕生したのがクワッドだ」と指摘した。

韓国日報は、クワッドについて「米国が率いているが《株式》で計算すれば日本も劣らないわけだ」と例え、「去る3月に史上初のクワッドサミットが開かれたとき、日本のマスコミが《日米の外交的勝利》と評価したのはこのような背景からだ」と説明した。

同紙によると、当初韓国内でも米国はすぐにでもクワッドの招待状を韓国に送るという予想が大勢だったことや、慎重論も含め、米国の招待が既成事実のようになっていたものの、「しかし、クワッド首脳会議が2回行われたものの、米国は韓国を呼ばずにいる」とし、米政府が韓国政府の戦略的曖昧さ考慮したことや、「日本など他の加盟国が韓国を歓迎しない」ことが理由であると分析した。

韓国日報は、「《韓国は外交的約束を守らない国》という米国に向けた日本の《韓国排除ロビー》が外交の場では公然と存在する」とし、「日本としては、過去の歴史の葛藤でいつも不快な韓国が国際社会で地位が高めることを喜ぶはずがない。主要7カ国(G7)首脳会議の韓国の参加を反対した唯一の国が日本だった」と伝えた。

同紙はまた、韓国がクワッドに参加すれば、「反中の雰囲気がぼやける」とみており、「反中ムードに負担を感じているインドと(韓国が)力を合わせた場合、クワッド内に別の穏健派が誕生する惨事につながる可能性」があり、「日本に劣らず中国に強硬な豪州もこのような流れで加盟国の拡大に積極的ではない」との見方があることを伝えている。

実際、イ・スヒョク駐米韓国大使の最近、「クワッド加盟国が、当分の間は会員を拡大する意思がないことを確認した」と答えていることから、「呼ばれもしないのに、私たちが先に参加するかどうかを計算する理由はあるのか」との意見があるとしている。

ただし、半導体サプライチェーンやワクチンの問題もあることから、「無視しても、無視されてもいけない」と同紙は主張しており、5月に韓米首脳会談でクワッドの重要性については確認していることから、「招待状の発送が遅れているだけ」であると分析した。

この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「韓国がクワッド参加を拒否したら、当然G7先進国の立場では、日本が正しいとし、日本の言葉だけ聞こうとするだろう。現在、米国は韓国を同盟国として見ておらず、中間同盟国として見ているとか…」

「中国の顔色ばかり見ていないでクワッドに早く加入すべき…日本に得なことばかりする」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。

http://korea-economics.jp/posts/21101903/

 

ミャンマー軍、クーデターに抗議のデモ隊に軍車両突っ込み5人死亡!
【ヒュンダイ】日本再進出の韓国現代自が「自信」、その理由は=韓国ネット「日本人は韓国製品を信用してる?」
安倍元総理の「台湾有事は日本の有事」発言に対して、中国が強く反発するも、日本大使が反論!
【現場映像40秒】隣人男性必死の呼びかけ 住宅密集地で13棟延焼 放火の疑い
【速報】中国恒大、デフォルトになった可能性 wwwwwwwwww
F1サウジアラビアGP:ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン
李在明大統領候補「日本政府は強制徴用賠償判決を速やかに履行しなければならない」…現金化を主張=韓国の反応

ネットの声

22: Ψ 2021/10/20(水) 12:26:47.07 ID:B8tSN+jS
>>1 今まで中国や北を抑え込むのに日米韓でやろうとしてたけど、韓国が
いつまでたってもぜんっぜん当てにならないのでクアッドを作ったんだと思う。
もしも韓国を入れたら元の木阿弥になるんじゃないのかね。

 

46: Ψ 2021/10/20(水) 14:42:57.89 ID:8s4NfFcf
>>1
日本と中国の戦いは簡単
相手に韓国を押し付けたほうが勝つ
異論は認めない

 

2: Ψ 2021/10/20(水) 12:01:15.89 ID:6fCe1pWX
レッドチームはお呼びじゃない

 

6: Ψ 2021/10/20(水) 12:05:06.02 ID:Z/JY3v0S
自分の胸に手を当てて,よく考えてごらん。

 

7: Ψ 2021/10/20(水) 12:05:06.92 ID:7lXm6uS4
フッ化水素横流ししてただろ

 

8: Ψ 2021/10/20(水) 12:05:28.78 ID:gZoSgIVW
演習とか参加しないのも日本のせいなの?

 

9: Ψ 2021/10/20(水) 12:06:31.99 ID:ocK+ELw5
好かれる行動をしてから言えよ

 

11: Ψ 2021/10/20(水) 12:08:41.42 ID:T1eghRJv
日本にそんな影響力あるんならそんな回りくどいことせんでもええやろ

 

12: Ψ 2021/10/20(水) 12:08:46.29 ID:JopJpdis
軍事機密を北と中国に渡すからだよ

 

13: Ψ 2021/10/20(水) 12:10:30.79 ID:LsCt6oou
G7で反対したの日本だけじゃねーだろ?
何でも日本のせいにするの辞めろ

 

14: Ψ 2021/10/20(水) 12:10:50.55 ID:p+cfJ0JV
何とか日本のせいにしようと考えたんだろうけど無理がありすぎんだろ
日本がアメリカに対してロビー活動できるわけないし 

 

17: !omikuji !dama 2021/10/20(水) 12:17:14.87 ID:uEkqfBD4
お前ら戦時中だろ!

 

18: Ψ 2021/10/20(水) 12:17:23.28 ID:R7wEdhS1
そろそろ国民も反日報道に不審に思い始めるんじゃないの

 

19: Ψ 2021/10/20(水) 12:19:39.26 ID:0c0p2T5Q
朴槿恵が中国共産党の軍事パレードに出席して
手を振っていたのを忘れたとみえる。

 

21: Ψ 2021/10/20(水) 12:26:14.18 ID:q0598yJk
招請されたら困るんじゃないの?

 

26: Ψ 2021/10/20(水) 12:32:44.11 ID:yFR8gqvw
信用に値しないからでしょう
国際条約も遵守できなければ当然ね

 

30: Ψ 2021/10/20(水) 12:41:53.04 ID:SmaFAIn+
風船を飛ばしたんだけど
どうしてもそちらに行かないんだよねー

 

33: Ψ 2021/10/20(水) 12:51:33.36 ID:hh3WHXGp
旭日旗が嫌いなんでしょ?だったら何も出来ないじゃん

 

38: Ψ 2021/10/20(水) 13:17:54.97 ID:kLpwjL2/
いやもう根本的にさ、クアッドって「4」だよな?
何で5つ目の席があって、そこに自分が呼ばれて然るべきと当たり前に思ってんの?マジで不思議なんたけど。もう席ねぇじゃん。

 

39: Ψ 2021/10/20(水) 13:32:29.78 ID:oNu3GW7P
麻生が安倍が
太平洋とインド洋の安全について語ってたときに
あんたら妄言だ日本の軍拡の口実だと否定的だったじゃん

 

43: Ψ 2021/10/20(水) 14:28:15.11 ID:mlUxY4El
自分たちの今までの行動や言動で現在に至る
っていつになったら悟るのだろうか
無理なのは分かるけど

 

47: Ψ 2021/10/20(水) 14:45:01.14 ID:8s4NfFcf
もともとこれ
安倍首相のセキュリティーダイヤモンド構想だ
あのシステムを面と向かって罵倒してた韓国は資格がない

 

51: Ψ 2021/10/20(水) 15:18:10.90 ID:vGq+xJ/0
出ました
「日本ガー」

 

引用元: https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1634698799/

コメント



新規のコメント受付けにつきましては、現在休止させて頂いております。ご不便おかけし申し訳ございません。


美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」

発売日: 2021年09月15日頃

内容紹介(「BOOK」データベースより)
日本人の矜持を取り戻すために、そして「確かな未来」を切り拓くために、私のすべてを捧げることを誓う!

岸田ビジョン 分断から協調へ

発売日: 2020年09月11日

内容紹介
「日本のため、国民のため、政権を勝ち取る」ーー本命候補が、ついに決起宣言する。

ここ数年、格差拡大、「勝ち組」と「負け組」、中間層の没落などが顕著になり、新型コロナウイルスの感染拡大によってさらにその傾向は強まった。

日本を前に進める

発売日: 2021年08月30日頃

内容紹介(出版社より)
「この本は、河野太郎という政治家が、これまで何をやってきたか、そして皆さんと一緒に、これからどのような国や社会をつくっていこうと考えているのか、その考えをまとめたものです」(本書「はじめに」より)。

タイトルとURLをコピーしました