厚生労働

国内ニュース

日本の研究機関、小型ECMOの開発に成功=中国ネット「敬服せざるを得ない」と称賛

2020年4月16日、中国中央テレビ(CCTV)の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、日本が新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に有効な小型の人工肺「ECMO」の開発に成功したと報じた。記事は、日本メディアの報道として、大阪にある国立循環器病研究センターがECMOの小型化に成功し、安全性が高まり操作が
国内ニュース

体温計は「転売禁止の対象外」…マスクより品薄状態

新型コロナウイルスの影響で体温計が品薄になっている。起床後や出社前に検温するため、需要が高まり、各地の薬局などでは品切れが続く。体温計は、マスクと異なり、高額転売が法律で禁止されておらず、フリマアプリでは、定価の数倍で出品されるケースも目立っている。「本日、体温計の入荷予定はありません」
国内ニュース

タカラバイオ、開発中のコロナワクチンで量産体制整備 年内20万人分

タカラバイオは新型コロナウイルスのワクチンの量産体制を構築する。バイオ企業のアンジェスや大阪大学などと共同でワクチンを開発中で7月に臨床試験(治験)を始める。9月に厚生労働省から製造販売の承認を得た場合、年内だけで20万人分のワクチンを供給できる
国内ニュース

「アビガン」は新型コロナに本当に効くのか?開発者 白木氏に聞く -FRIDAY

大阪・吹田の千里金蘭大学の研究室でPCR装置を扱う白木教授。国内外から取材の依頼が絶えないという  新型コロナウイルスによる世界的大混乱の先行きが見通せない。その理由は、治療薬がないこと。逆に言えば、薬ができれば事態は収束に向かうはずだ。
国内ニュース

大阪大学発のバイオ企業アンジェス、コロナワクチンの治験開始を1カ月前倒し

大阪大学発のバイオ企業アンジェスは、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)を前倒しする方針を固めた。 当初、9月の開始を予定していたが、動物試験の進捗が順調なことなどから厚生労働省と協議し1カ月程度早めるもようだ。 人での安全性や有効性を確かめ、供給したい
地方ニュース

【埼玉・川口市】“新型コロナ対応”保健所職員3人感染

新型コロナウイルスの対応にもあたっている埼玉県川口市の保健所で、職員3人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。川口市によりますと、感染が確認されたのは川口市保健所に勤務する20代から50代の男女3人です。
地方ニュース

【東京/コロナウイルス】中野江古田病院 100人検査、新たに87人が感染 都「院内感染の可能性高い」

 東京都は12日、中野区の中野江古田病院で医師や入院患者ら計87人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。同病院では今月4日に入院患者5人の感染が判明しており、感染者の累計は92人になった。都は院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生している可能性が極めて高いとみており、国立感染症研究所などと協力しながら調査を進めている。
国内ニュース

「病院で感染が怖い」受診控え コロナ拡大で「患者がどんどん減っており、病院経営に与える影響も心配」

 新型コロナウイルス感染症に対応する病院だけでなく、さまざまな医療機関の日常的な診療に、感染拡大の影響が広がっている。緊急性の低い手術を延期したり、電話での再診に力を入れたりと、医療機関側は院内感染防止に必死だ。一方で、患者側には感染を恐れて受診をためらう動きが出ており、持病の悪化を懸念する声もある。
国内ニュース

【緊急事態宣言】日本医師会「ぎりぎり間に合った」

 日本医師会(日医)の横倉義武会長は7日夜、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言発令を受けて記者会見し、「爆発的な感染者の増加を防ぐのにぎりぎり間に合った」と、一定の評価を示した。 日医は医療体制の逼迫(ひっぱく)を踏まえ、1日に独
国内ニュース

【労働組合】軽症者のホテル滞在に原則反対

軽症者のホテル滞在に原則反対 労組、感染者との非接触など要請大手旅行会社やホテルなどの組合でつくるサービス・ツーリズム産業労働組合連合会は6日、東京都内で記者会見し、無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者のホテル滞在に、原則として反対する考えを明らかにした。滞在する場合は生命、健康を最優先にし、従業
国内ニュース

【コロナウイルス】「保健所のパンク」で検査ができない? 進まぬ人員強化 -朝日新聞

 新型コロナウイルスの感染者が東京都内で千人を超え、感染経路の解明などの役割を担う保健所の人員不足が浮き彫りになっている。保健所を運営する自治体に対し、厚生労働省は態勢強化を急ぐよう求めるが、対応は後手に回る。今後、全国各地で感染者が急増した場合、保健所の機能不全が大きな壁になりかねない。
地方ニュース

【コロナ】東京慈恵会医大病院で院内感染か 6人感染

東京慈恵会医大病院で院内感染か 6人感染東京慈恵会医科大学付属病院は、入院患者や医師など6人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。感染が確認されたのは、東京・西新橋にある東京慈恵会医科大学付属病院の入院患者2人と、勤務する医師1人、看護師3人のあわせて6人です。
国内ニュース

【アビガンと安倍】何故、安倍首相はアビガンを推すのか?アビガン製造の富士フイルムの古森重隆会長は度々会食する仲 ーアサ芸

不貞疑惑補佐官と安倍晋三「コロナ検査潰し」(終)患者本位ではなく財界主導 アビガンについても同様だ。政府はアビガンを第一治療薬に推しているが、専門家会議は「一定の治験が必要」と釘を刺したし、実際に新型肺炎治療の最前線に立つ「日本感染症学会」は「新型肺炎治療に帝人ファーマの喘息治療薬、オルベスコが効果がある」と発表した。
地方ニュース

台東区・永寿総合病院のクラスター 屋形船の感染者が原因か

感染クラスターとして今年1月中旬に発生した東京の屋形船の感染者が、7人が死亡した都内の永寿総合病院の集団感染の原因になっていた可能性のあることがわかった。 厚生労働省のクラスター対策班の分析によると、1月18日の屋形船での新年会で新型コロナウイルスに感染した患者が東
国内ニュース

厚労省「新型コロナ対策アンケートの詐欺に気を付けてください」

現在、LINE株式会社において、サービス登録者に対して健康状態に関するアンケートを実施しているとの情報を得ていますが、このアンケートを装い、クレジットカード番号等を尋ねる等詐欺が疑われる事案が発生しているとの情報が寄せられています。 LINE株式会社のアンケートでの質問項目は別紙で全てとなりますので、これ以外の項目を問うメッセージ等については回答しないよ