宗教・民族

国内ニュース

統一教会の解散命令請求は困難な情勢 文化庁事務方トップは「全く見通しが立っていない」

 文化庁が進めている、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)への解散命令請求が、困難な情勢となっていることが「 週刊文春 」の取材でわかった。岸田政権は昨年10月に史上初となる質問権行使を表明し、当初は年度内である今年3月までに解散命令請求に
国内ニュース

【共同通信】靖国参拝、高市氏回答せず 例大祭、首相は見送りへ

 高市早苗経済安全保障担当相は18日の記者会見で、東京・九段北の靖国神社で21日から始まる春季例大祭に合わせた参拝について「プライベートな事柄なので申し上げることはない」と述べるにとどめた。関係者によると、岸田文雄首相は参拝しない方向だ。鈴木
国際ニュース

ローマ教皇、性行為「美しいこと」 LGBT肯定、中絶は否定

【バチカン市ロイター時事】フランシスコ・ローマ教皇(86)がドキュメンタリー番組で 性行為を「神が人間に与えたもうた美しいことの一つ」と礼賛した。 5日に公開された動画配信サービス「ディズニープラス」の番組で語った。
国内ニュース

【旧統一教会】田中会長 自民党の関係断絶方針「遺憾で衝撃的」「統一地方選で教団として応援することはない」

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の田中富広会長が1日までに共同通信の単独インタビューに応じた。問題の高額献金は「家庭に対する配慮が足りていない部分があった」と認め、恐怖心をあおって求めたとの指摘には「事実だとすれば申し訳ない。改
国内ニュース

アイヌ差別「ある」微増 内閣府調査、歴史の理解不十分

 内閣府は14日、「アイヌに対する理解度に関する世論調査」結果を公表した。アイヌ民族への差別や偏見が「ある」と答えた割合は、2016年の前回調査と比べ3.4ポイント増の21.3%。「ない」と答えたのは、同22.0ポイント減の28.7%だった。
国際ニュース

スウェーデン連立与党、議員がコーランを燃やした件を「言論の自由はNATO加盟より重要」と発言

ストックホルムのトルコ大使館前でコーランが燃やされたことに関して、スウェーデン首相は、合法だからと言って妥当な行為ではないとコメント一方、連立与党内のスウェーデン民主党は、"言論の自由はNATO加盟より重要" と異論を唱
国内ニュース

【旧統一教会】今夏にも解散命令が出される見込み…窮地に追い込まれた教団が繰り出す「最後の一手」

「’23年の1月か2月中には解散命令請求が出て、早ければ夏頃には地裁で命令が下されます。 国は教団解散に向けて本気で動いている。裁判で確実に主張が認められるよう、現在は文化庁を 中心に証拠集めを徹底的に行っていると思われます」
地方ニュース

北海道大学の教員「アイヌは先住民族でないことは確か」 SNSで不適切発言、投稿は削除

北大教員が交流サイト(SNS)にアイヌ民族などに関する不適切な投稿を繰り返していた問題で この教員は、アイヌ民族が先住民族であることに疑問を呈する投稿をしていたことが22日、分かった。大学関係者によると、教員は大学院保健科学研究院の教授で、学内の聞き取り調査に
国内ニュース

「賽銭は100円以上で…」都内の寺が異例のお願いをした理由は

 「賽銭さいせん100円以上に疑問」—。こんな見出しの投稿が本紙発言欄に掲載された。都内の寺で「賽銭は百円以上に」の貼り紙を見かけたというのだ。もうすぐ新年の初詣シーズン。本来は参拝者の「気持ち」であるはずの賽銭に下限額を設けたのはなぜなのか。
国内ニュース

元信者・飯星景子さんが銃撃事件後初証言 「統一教会は宗教だと思っていません」

「私は統一教会は宗教だとは思っていません」ー飯星景子さんは力を込めて、こう語った。1992年に旧統一教会に入信し、その後脱会したタレント・飯星景子さん。 キャスターやタレントとして活躍する真っ只中、一体、彼女に何があったのか。
国内ニュース

【悲報】共産党とれいわ、統一教会被害者救済法案に反対してしまうw

旧統一教会の被害者救済に向けて悪質な寄付を規制する新たな法案は、衆議院本会議で、自民・公明両党や立憲民主党などの賛成多数で可決されました。法案は参議院に送られ、会期末の今月10日、成立する見通しです。
国内ニュース

長井秀和語る 創価学会と芸能人…「氷川きよしくんは池田大作氏の話に涙ぐみ、僕を睨んだ。幹部会には滝沢秀明くんも」

長井秀和語る創価学会と芸能人「氷川きよしくんは池田大作氏の話に涙ぐみ、僕を睨んだ。幹部会には滝沢秀明くんも」「えっ、〇〇もガッカイ!?」各誌が創価学会バッシングを繰り広げるなか、ネット上には「学会員の芸
国内ニュース

朝日新聞、突然解散命令への流れに疑問符を投げかける

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対する、宗教法人の解散命令をにらんだ政府の動きが進んでいる。「信教の自由」や「政治と宗教」にも関わるこの問題を、どう考えるべきなのか、日本政治思想史を専攻する政治学者の河野有理・法政大学教授に聞いた。
国内ニュース

旧統一教会・文鮮明氏、「日本の天皇は平凡」「長崎の対馬は韓国の土地」 天皇・領土巡り保守派と相いれぬ発言

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の創始者、文鮮明(ムン・ソンミョン)氏が2002年に韓国内で信者に向けて行った説教で、日本の天皇を「平凡」と表現し、その約2年後には長崎県の対馬を「韓国の土地」と明言していた。韓国語で記された文氏の発言録全615巻の中から毎日
国内ニュース

「親から体罰、希望校を受験させてもらえず」 エホバの証人3世訴え

 キリスト教系新宗教「エホバの証人」の3世として育った夏野ななさん(仮名)が7日、国会内で開かれた野党のヒアリングに出席し、熱心な信者だった親から体罰を受けるなどした生い立ちを明かした。「子どもが親に信仰を強制されず、学ぶ機会を奪われないようにしてほしい」