選挙

東アジアニュース

過去4年間にわたり韓国人差別政策を露骨に繰り広げてきた小池氏、東京都知事再選・・・「嫌韓」続く見込み -韓国紙

過去4年間にわたり韓国人差別政策を露骨に繰り広げてきた現職の小池百合子氏(67)が東京都知事選で再選を果たした。小池氏は5日、22人が立候補した東京都知事選挙で再選を決め、今後4年間の都政を再び預かることになった。小池氏はこの4年間、韓国を差別する嫌韓政策を展開した。2016年の出馬時、朴槿恵(パク・
地方ニュース

【都知事選】開票結果…小池氏366万 宇都宮氏84万 山本氏65万 小野氏61万 桜井氏17万 立花氏4万

過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67)が、2回目の当選を果たしました。東京都知事選挙の結果です。 ▼小池百合子、無所属、現。当選。366万1371票。 ▼宇都宮健児、無所属、新。84万4151票。 ▼山本太郎、れいわ新選組、新。65万7277票。 ▼小野泰輔、無所属、新。61万2530票。 ▼桜井誠、諸派、新。17万8784票。 ▼立花孝志、諸派、新。4万3912票。 ▼七海ひろこ、諸派、新。2万2003票。 ▼後藤輝樹、諸派、新。2万1997票。 ▼澤紫臣、無所属、新。2万7
国内ニュース

【都知事選】共産党・志位委員長「宇都宮氏は勝利出来なかったが、市民と野党の共闘が発展した。連帯と信頼の絆が広がったことは財産だ」

宇都宮氏を支援した共産党の志位委員長は、NHKの取材に対し、 「宇都宮氏は勝利出来なかったが、新型コロナウイルス対策の検査と医療の抜本的な充実など選挙で訴えた内容は、 都政の進むべき方向を示した道理のあるものだったと確信している。市民と野党の共闘が都知事選挙を通じて発展
国内ニュース

【都知事選】小泉今日子「投票率の低さに驚いた」「しかし、この数日いい夢を見たよね」★2

 女優の小泉今日子(54)が5日、自身のツイッターを更新し、無所属現職の小池百合子氏(67)が再選を確実とした東京都知事選について投稿した。 自身が経営する制作会社「明後日」の公式ツイッターで「現実は受け止めないといけないが、投票率の低さに驚いた」と反応。「しかし、この数日いい夢を見たよね。他候
地方ニュース

【都知事選】「人気低下、認めざるを得ない」落選の立花孝志氏、次の衆院選を見据え「戦略を見直す」★2

 NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)は小池氏の当選確実を受け、動画サイトでライブ配信し「(昨年参院選より党の)人気が下がったと認めざるを得ない」と落選を受け止め、次の衆院選を見据え「戦略を見直す」と述べた。 都知事選は2016年の前回選に続く挑
地方ニュース

【都知事選】桜井誠氏「ネットの力を少しでも感じていただけたんじゃないかと。そして次の選挙です。」 ★2

東京都知事選挙(2020年7月5日投開票)で現職・小池百合子氏の当選が確実になったことを受け、候補者たちが敗戦の弁を述べている。日本第一党党首の桜井誠氏は、 NHKが発表した出口調査で5番手につけた(前回2016年の都知事選は約11万票を獲得し5位)ユーチューブでライブ配信を行い
地方ニュース

山本太郎氏が選挙戦振り返る 小池都知事と公開討論実現なら「結果は違った」

 れいわ新選組の公認で東京都知事選(5日投開票)に出馬した山本太郎氏(45)が4日、新宿駅南口で行われた街頭演説会を終えて、17日間の選挙戦にピリオドを打った。 山本氏は1000人を超す聴衆の前で「山本太郎を都知事にしてください!」と訴えたあと、マスコミの取材に応じた。「(現在の心境は?)真っ白い灰になる
国内ニュース

#小泉今日子 「投票してきました」 著名人が続々反応「#都知事選を史上最大の投票率にしよう」ツイート

5日、東京都知事選の投開票日を迎え、ツイッター上では「#都知事選を史上最大の投票率にしよう」ツイートが多く拡散されている。これに多くの著名人が反応。タレントのラサール石井(64)は「あなたが選挙に行って、もし今回過去最高の投票率ということになれば、あなたは歴史を塗りかえたことになる。ただ1日の何分、何時間、選
地方ニュース

【都知事選】宇都宮氏「異常な選挙戦」小池知事へ公開質問状送付

東京都知事選(5日投開票)に出馬している宇都宮健児氏(73)が1日、都内で緊急会見を開き、小池百合子知事あてに公開質問状を送付したことを明らかにした。小池氏の新型コロナウイスル対策について「政治的な思惑が大きく絡んでいたのではないか」と疑問を呈し、3日午後3時までの回答を要求している。
地方ニュース

【都知事選】誰に投票? 野党支持層は分散 ー東京新聞世論調査★2

都内の有権者を対象の調査政党支持と投票予定先の関係を見ると、自民、公明の与党支持層の大半が小池氏への投票を予定しているのに対し、野党支持層の投票予定先は分散している。立憲民主、国民民主両党の支持層の投票予定先トップはいずれも小池氏だった。共産党支持層では宇都宮氏
地方ニュース

【毎日新聞都知事選情勢調査】小池氏が優勢、他候補大きく引き離す ネット「2位争いが見もの。ここで野党の離合集散の展開が決まる

小池氏が優勢、他候補大きく引き離す毎日新聞は27日、東京都知事選(7月5日投開票)についてインターネット調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏が優勢。大きく引き離されて、れいわ新選組代表の山本太郎氏、日本維新の会が推薦する小野泰輔氏、立憲民主・共産・社民各党の支援を受ける宇都宮健児
地方ニュース

【新潮】「山本太郎」都知事選出馬の真の理由 支持率低下と資金不足

一般的に、後出しじゃんけんで負けるのは至難の業。 しかし、今月15日に“後出し”で都知事選への出馬を表明した「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)の場合、最初から惨敗が見込まれているんだとか。  全国紙記者によれば、「山本氏が出馬したところで宇都宮健児氏と
地方ニュース

【都知事選】小野泰輔氏「私には熊本の8年間がある」「くまモンヒットの実績もある」

東京都知事選(7月5日投開票)に立候補した、日本維新の会推薦の小野泰輔氏(46=元熊本県副知事)が21日、午後4時半すぎから町田駅西口で街頭演説して「ひじタッチ」で支持を訴えた。新型コロナウイルス対策で、透明アクリルボードのマウスガード姿の小野氏は「握手はできませんが、ひじタッチ
地方ニュース

【都知事選】小池氏大きくリード 情勢調査、コロナ対策評価6割(日経)

7月5日投開票の東京都知事選について、日本経済新聞社は19~21日に電話調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏(67)が大きくリードしている。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)やれいわ新選組代表の山本太郎氏(45)らが追う展開となっている。初当選時と同様に無所属で出馬した小
地方ニュース

【都知事選】連合が小池支持を表明

連合東京は、6月17日開催の第8回執行委員会において、6月18日告示、7月5日投開票の東京都知事選挙についての対応を決定した。連合東京と東京都知事との関わりについては、前回の舛添都知事辞任に伴う選挙において、いずれの候補者についても関係性が無かったことから、自主投票とした。