国内ニュースadzuck
おすすめ配信
外部配信

高橋真麻「公職選挙法ゆるすぎ 甘すぎる」 木下富美子都議の処分に納得いかず

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/11/22(月) 14:53:34.78 ID:CAP_USER9
11/22(月) 13:55
スポニチアネックス

高橋真麻「公職選挙法ゆるすぎ 甘すぎる」 木下富美子都議の処分に納得いかず
フリーアナウンサー高橋真麻
 フリーアナウンサーの高橋真麻(40)が22日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月〜金曜前11・55)に生出演。7月の東京都議選の期間中に無免許で当て逃げ事故を起こし、在宅起訴された木下富美子都議(55)についてコメントした。

 東京地検は19日、5〜7月にかけて7回無免許運転をしたとして、木下氏を道交法違反の罪で在宅起訴した。公職選挙法は禁錮以上の実刑が確定した場合は失職と規定。執行猶予が付いた有罪判決が確定しても議員の身分を失うことはない。木下氏は事故を公表せず再選。都議会からは2度も辞職勧告決議を受けている。

 真麻は「普通に考えて免停で7回運転するってありえない。もっとフランクな言葉で言うと『それやばくない?』みたいな。そういう感覚は、ふつうの人は持ってない。それができちゃう人が都議をやってることがおかしい」とバッサリ。「公職選挙法がゆるすぎて、執行猶予付きの判決だったら失職しないなんて甘すぎる」と納得がいかないようで「そこの見直しもせっかくこのことがあったから、議論してほしい」と訴えた。

フリーアナウンサー高橋真麻


https://news.yahoo.co.jp/articles/5e8fa65eb2a463c5e978af353a1a08bc5963bb41
 

ネットの声

3: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 14:55:36.19 ID:iBWFJTUs0
コネ採用も批判しろ

 

5: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 14:57:33.04 ID:GOcRtXOe0
そういうアホなポピュリズムで政治家が追放されないように法律があるんやで

 

9: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:02:59.20 ID:1MyLTZAt0
犯罪者に甘い芸能界に向けても言えよ

 

10: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:03:04.17 ID:tVoGCvr50
普通の感覚なんて持ってたら議員なんてなれませんよ?
そもそも学校を卒業し順当にキャリアを積んでたら政治家なんて選択肢は出てこないでしょう。

 

14: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:05:57.86 ID:Hxx90ESO0
「地方自治法 第135~137条」に書かれてあるような「懲罰」で
「除名」になると、「クビ」You’re fired!・・・・「失職」するんだけんどもな。
「都議会本会議」で、議員の「3分の2以上」が出席し、その「4分の3以上の賛成」で
「除名」にはできるのよな。

 

19: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:15:26.97 ID:GOcRtXOe0
>>14
それは議会活動に関することに限定されるから道交法では無理

 

35: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 16:40:04.52 ID:7UP46G7E0
>>14
除名されても裁判で訴えることも可能みたいだから
除名後も揉めるよ

 

15: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:07:15.67 ID:ugwO6sKk0
公選法の問題ではないと思うが

 

17: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:09:15.83 ID:TcF/690R0
次の選挙で落とせばいいだけ

 

18: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:10:32.97 ID:cpPVYa3l0
真麻は当たり前の事しか言わない。

 

20: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:18:05.82 ID:LK2ypCNY0
法律や制度を作っている人達からすれば
自分達の都合の良いように作るに決まってんじゃん
 
【速報】神戸市役所、市民の個人情報運用責任者を韓国籍限定で募集 ⇒ 問い合わせた結果驚愕の事実!!!!
【速報】サラリーマンが天引きされる税金、給料の50%超へ!!!!
俺「隣でカップルが行為してる」ネカフェ店員「注意します」→店員がその個室のドアをいきなり開けた結果wwwww
海外「世界一美味しい!」日本で勃発したカレー論争が世界に波及して大騒ぎ
全国初か バイクの前輪浮かせる“ウィリー走行”男7人摘発 練習中の事故で発覚
|●|【国辱恥】韓国人「また韓国人がアメリカで逮捕されてしまう‥」インサイダー取引で韓国系元ネットフリックス社員ら4人が監獄送りに‥ 韓国の反応
F1サウジアラビアGP:ドライバー・オブ・ザ・デイはフェルスタッペン

 

22: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:18:26.79 ID:pzcXLxfD0
あとで会見するってよやっと辞める気になったか

 

24: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:24:48.42 ID:F4ifQwE40
気持ちはわかるが、なぜこのようなルールになっているかから議論しないと
タダの井戸端会議

 

25: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:26:35.58 ID:wrAKdjVa0
おまえら云々言ってるけど
マーサのコメントは市井の人ほとんど同意だろ。
市議やら都議やら、「もしも自分が」想定なルールが罷り通ってるのがオカシイ。
「もしも自分が」があるせいで強く出られない現職もオカシイ。
百合子が粛清しろよ。

 

26: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:27:00.27 ID:rKCXD7qE0
桃太郎侍に退治してもらわないとな

 

28: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:39:35.50 ID:JP1Dk4Zl0
投票日当日までの犯行を秘密にしてた奴は速攻失職でいいだろ
知ってれば投票する奴激減するだろうし

 

29: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:49:06.90 ID:pqZ22kkO0
沖縄は普段から公職選挙法違反しまくりだよね
高橋さんにも視察してほしいな

 

30: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 15:58:48.41 ID:y7wUVUPh0
公職選挙法の問題か

 

32: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 16:01:23.03 ID:qQBb9qGt0
公職選挙法より地方自治法が障壁になって辞めさせる手立てがないんだけどな。

 

36: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 16:57:33.44 ID:+IMcUG2/0
投票したヤツとか力を貸して欲しいと言ってるヤツも批判されて然るべきだと思うんだが誰も言わないね

 

38: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 17:00:25.18 ID:ORhv9yaU0
>>36
何か意味や効果があるならば言うでしょうね

 

39: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 17:02:59.84 ID:dbR3fD3Z0
いや、まあ道路交通法の軽微な罪で国会議員が辞めさせられたら……

 

45: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 17:48:45.31 ID:9IdvfbSf0
>>39
1回ならな

 

41: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 17:08:48.02 ID:pX1F6Zqg0
スレタイは都議の話だが都議に限らず
議員は悪いことしてもクビにできないとか、
国会議員の報酬は1日でも1か月分振り込まれてその金を返すことができないとか
議員の法律(特権)があまりにも常識からかけ離れすぎで呆れるばかりだ。

野党が本当に国民の側に立っている党であるならこう言うあまりにも議員に甘すぎる
法律改正を提出して議員特権ともいうべき法律改正を強く言い出すべきだ。

 

46: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 18:02:07.94 ID:lmHIpGmc0
キツくすると野党議員も困るから個人批判で終わるんよな

 

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637560414/

コメント



新規のコメント受付けにつきましては、現在休止させて頂いております。ご不便おかけし申し訳ございません。


美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」

発売日: 2021年09月15日頃

内容紹介(「BOOK」データベースより)
日本人の矜持を取り戻すために、そして「確かな未来」を切り拓くために、私のすべてを捧げることを誓う!

岸田ビジョン 分断から協調へ

発売日: 2020年09月11日

内容紹介
「日本のため、国民のため、政権を勝ち取る」ーー本命候補が、ついに決起宣言する。

ここ数年、格差拡大、「勝ち組」と「負け組」、中間層の没落などが顕著になり、新型コロナウイルスの感染拡大によってさらにその傾向は強まった。

日本を前に進める

発売日: 2021年08月30日頃

内容紹介(出版社より)
「この本は、河野太郎という政治家が、これまで何をやってきたか、そして皆さんと一緒に、これからどのような国や社会をつくっていこうと考えているのか、その考えをまとめたものです」(本書「はじめに」より)。

タイトルとURLをコピーしました