国際ニュース
おすすめ配信
スポンサーリンク

外部配信

【米英豪・軍事同盟】イギリスがAUKUS結成を画策した理由──激変するインド太平洋情勢

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/10/08(金) 21:24:46.66 ID:CAP_USER
<世界を驚かせた米英豪の同盟「AUKUS」創設のきっかけは、今年3月、ロンドンのオーストラリア高等弁務官事務所での出来事だった。なぜオーストラリアは原子力潜水艦を求めるのか。なぜジョンソン英首相は「渡りに船」と捉えたのか>

英国の空母「クイーン・エリザベス」の艦隊の日本訪問は文字通り、インド太平洋時代の幕開けを告げることになった。

「クイーン・エリザベス」が日本を離れてちょうど1週間後の9月15日、英国、米国、オーストラリア政府はインド太平洋に新たな安全保障同盟「AUKUS(オーカス)」を創設することを突如発表し、世界を驚かせた。

この発表は手始めにオーストラリアに原子力潜水艦を供与することを明らかにした。中国はすぐにこれを冷戦思考だとして非難し、CPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への加盟を申請するなど、巻き返しに出ている。

しかし、AUKUSの創設はかなり前から周到に準備、計画されていたものであった。英国は米国と連携して、インド太平洋での新秩序の形成に向けて歩みを始めている。

コードネーム<フックレス作戦>

英国政府筋によれば、AUKUS創設のきっかけになったのは、今年3月、英国の海軍制服組のトップである第一海軍卿、サー・トニー・ラダキン提督がロンドン市内のオーストラリア高等弁務官事務所(英連邦加盟国は英国には大使の代わりに高等弁務官を置いている)に招かれた時のことだった。

ラダキン提督はそこで会談したオーストラリア海軍長官のマイケル・ヌーナン提督から意外な相談を持ちかけられた。「英国、米国は同盟国の潜水艦艦隊の建造に協力することが可能かどうか」という内容だった。

これは、オーストラリアがフランスから提供を受ける予定のアタック級通常型潜水艦12隻の建造計画を破棄し、英米から高性能の原潜の供与を受けられるかという打診だった。

この突然の要請はただちに英首相府(ダウニング街10番地)に持ち込まれて協議された。ジョンソン首相とその周辺の専門家たちは、オーストラリアの申し入れを好機と捉えた。

彼らは当時、EU離脱後の英国の新戦略「統合レビュー」を公表したばかりであり、その具体的な行動として、空母「クイーン・エリザベス」の艦隊をインド太平洋に派遣する計画ではあったが、それだけでは不十分と考えていたからである。

英国がインド太平洋で恒常的に活動するにはもっと確固とした法的な枠組みが必要だったのだ。

ジョンソン首相にはオーストラリアの要請はまさに渡りに船だった。もし、オーストラリアへの原潜の供与を一つのプロジェクトとして位置付けることができれば、それをばねにさらに広範な安全保障協力へと拡大することができるし、それを英米豪で行えば新しい安全保障同盟の創設につなげることができると考えたのである。

しかし、同盟の創設は繊細で機微な問題である。情報が外部に漏れると必ず外国が干渉してくるし、特にフランスがじゃましてくることが予想された。

そのため、首相府はこの問題は英米豪で合意するまですべて極秘に進めることを決め、「フックレス作戦」というコードネームのもと、政府内でもごく少数のスタッフだけがこの計画を進めることになった。

続きはソース先にて。(全4頁)

秋元千明(英国王立防衛安全保障研究所〔RUSI〕日本特別代表、大阪大学大学院招聘教授)

Newsweek 2021年10月8日(金)15時50分
https://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/10/aukus-2_1.php
米海軍のヴァージニア級攻撃型原子力潜水艦

 

持続可能なナトリウムイオン電池への扉を開く新しいグラフェン…エネルギー容量を従来の約10倍に!
【緊急速報】中国デフォルト!!!!
中国不動産バブル崩壊はリーマンショック級以上の衝撃か?業界の負債総額が560兆円!ヤバ過ぎて中国の民間報道は全面禁止!!
高市政調会長が財務省トップの「給付金批判」にガチギレ!”日本の財政は大変”は大嘘!
【10/17 10:30】今日のコロナ +347,482
【速報】宇垣美里 一瞬裸に見えちゃうインスタ投稿が話題にwww
3%枝野「立民候補者240人が全員当選すれば単独政権!まさに千載一遇のチャンス」
韓国人「韓国 vs 日本、海外の資料で見る客観的な国家地位の差をご覧ください・・・」
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの声

44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:48:45.12 ID:t3fUyNZB
>>1
なんかな~~
フランスとの計画が遅れて2030年代半ばにズレ込む心配があるから、原潜と言ってもなーー

オーストラリアには技術者もいないから、原潜の場合は2040年代と言われているんだよ。

 

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:25:22.32 ID:WnCvDxQT
日本は呼ばれなかった訳だがw

 

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:34:37.50 ID:sdouQJrW
>>2
パヨクのお前に追随したくはないがこれには確かに違和感がある
クアッドに英が入ればよかったのにそれをしなかったは日印への不信があると思われても仕方がない

 

21: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:53:45.41 ID:3j3QP3en
>>8
クアッドは経済連携
オーカスは軍事同盟

って聞いた

 

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:56:46.96 ID:3fSFnC2/
>>8
もし日本がオーカスに入れば、クアッドでインドのみが阻害された事になる。インドもオーカスに入れば良いが、ロシアとのつながりや伝統的な非同盟で受け入れられない

とはいえ対中国でインドは欠かせず、インドを離反させない形で軍事同盟を強化する意図なのだろう

 

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:38:52.96 ID:vhbxOFtF
>>2
ファイブアイズの3カ国だろうがよ
日本が呼ばれる意味がワカラン

 

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:49:47.93 ID:F/cKK0Ro
>>2
ソース全文読んだらどうだ

 

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:30:30.38 ID:JzvARTJI
肝心のインドが入っていない違和感

 

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:41:57.34 ID:WX9P2xYE
日本は憲法改正が必要なんじゃない?
入りたければだけど。

 

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:47:16.99 ID:zc8FW4//
クアッドは安全保障の枠組みではないからオーカスと比較できない。

 

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:49:56.83 ID:45L5azQa
香港の1国2制度という国際社会に向けた約束を、
ああ、いとも簡単に反故にされて、
1番ガチギレしているのは英だろうからな。
中共はタダでは済まないよ。
英の腹黒を舐めてはいけない。

 

20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:51:42.47 ID:CrF2ue4F
当初の堅実な計画を
誰が見ても失敗するレベルにまで政治に無茶苦茶にされた豪海軍がキレて
外側から根回ししたわけか

 

28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:10:50.36 ID:ypYk+mW4
>>20

豪海軍の立場では、日本のそうりゅう型潜水艦を希望してたが、当時の政権が
中国の圧力に屈指、おフランスに決定。

だが、コリンズ級の大失敗で現場で生死の危険にさらされるのが海軍w
今回のおフランスの潜水艦も実績なしでいきなり作るw
出来上がってもコリンズ級の悪夢がまた再来するw 海軍はたまったもんじゃないw
それなら、ファイブアイズの米英に相談しようってことだろねw

それが成功したw

 

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 21:56:41.50 ID:xkYoxVJx
昨今の太平洋安全保障のまとめみたいな記事だな

 

24: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:01:44.63 ID:PR4EnLGi
第1段階で原潜の供与を実施、第2段階では安全保障に関する幅広い分野での軍事的、
技術的協力をこの新しい同盟を通じて実施し、さらに第3段階では加盟国を地域の
大国である日本やインド、フランスなど欧州の国にまで拡大し、インド太平洋を
舞台にした新しい同盟に発展させて行きたいと考えた。

日本やインドは第三段階か、でもフランスがこうなったら前途多難だね

 

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:13:43.51 ID:U3HrGk1f
釜山に寄港しなかった理由が見えてきたね
アジア最強の船の存在を隠すためだ

 

34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:17:53.26 ID:lA46QGdG
なぜAUKUSなのか?JAUKUSにならなかった理由は?
日本人は真剣に考えたほうがいいぞ

 

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:29:18.67 ID:yeujHGQf
米英豪はそもそも昔から軍事同盟で特に何も変わってない、あえて名前を付けたというだけ

 

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 22:51:55.34 ID:t3fUyNZB
韓国の1/3以下の軍事費のオーストラリアで
フランスとの12隻で7兆円の計画は
最初から無理過ぎなんよ。

 

48: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:06:00.15 ID:6+LNOrLx
英米豪で好きにやったらよろしい。
日本は協力を求められたらでOK。

 

50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:14:20.94 ID:D8sk+5BN
まぁグローバルブリテン構想だよ
アメリカの影に隠れてるけど、未だにイギリスの影響力はデカい
いずれ、日本にも何かしらのアクションがあるだろ
ロシアを東側から攻められる土地だし

 

51: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:18:42.85 ID:TZR1VPXx
近い将来 “JAUKUS” になりそう
(´・ω・`)

 

53: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:21:34.04 ID:eIkoJoO3
英国に関しては、欧州から出て新しい戦略地図と同盟が必要で
太平洋ってより、海洋国家連合の幹部に成ろうとしてるんだろ。
日本が設計図を描き、そこに欠けてた軍事分野でのけん引役が英国で
盟主に米国を据える。
日本のやり方を見て、上手く重ね合わせた。
で日本やcptppと協調して、将来的には太平洋連合の常任理事国ポストを得ると。
ある程度はっきり形ができると、次は目的までの下準備に入るが。

一方で中国は、キンペー的に究極のレガシー足り得る
台湾占領をもくろんで動き始めたと。
どっちが先んじられるか。

 

57: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:35:59.05 ID:IbtLpZUQ
イギリスの野心は判るが、イギリス自身は太平洋に軍を増強しようとは考えていない

英空母打撃群なんか極東に常駐しない。今年来たからって来年も来るとは限らない
イギリスの新たな極東常駐艦隊は2000トンのミサイル1発すら無い、ちっぽけな哨戒艇2隻だけだ(と海兵100人)
それまで極東に常駐していた強襲揚陸艦アルビオンやミサイル駆逐艦ドラゴンなどの艦隊は北大西洋に去った
「極東より自国の防衛が先」これが本音

だからAUKUSで豪に負担を増やさせようとしたんだよ
それによって英軍需企業の売上も増えるからな(現状はスペインの造船所などに取られてる)

 

58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/10/08(金) 23:40:08.30 ID:jOurP2m1
中国の影響が東南アジアにも及んでるってのもあるからな

 

引用元: https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1633695886/

コメント



新規のコメント受付けにつきましては、現在休止させて頂いております。ご不便おかけし申し訳ございません。


美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」

発売日: 2021年09月15日頃

内容紹介(「BOOK」データベースより)
日本人の矜持を取り戻すために、そして「確かな未来」を切り拓くために、私のすべてを捧げることを誓う!

岸田ビジョン 分断から協調へ

発売日: 2020年09月11日

内容紹介
「日本のため、国民のため、政権を勝ち取る」ーー本命候補が、ついに決起宣言する。

ここ数年、格差拡大、「勝ち組」と「負け組」、中間層の没落などが顕著になり、新型コロナウイルスの感染拡大によってさらにその傾向は強まった。

日本を前に進める

発売日: 2021年08月30日頃

内容紹介(出版社より)
「この本は、河野太郎という政治家が、これまで何をやってきたか、そして皆さんと一緒に、これからどのような国や社会をつくっていこうと考えているのか、その考えをまとめたものです」(本書「はじめに」より)。

タイトルとURLをコピーしました