国内ニュース
おすすめ配信
スポンサーリンク

外部配信

舛添氏、感染症研究は「落ちこぼれの人たちが行くところ」発言で物議 「好き勝手言いたい放題」批判も

1: きつねうどん ★ 2021/04/13(火) 12:38:34.97 ID:CAP_USER

舛添要一氏

 元参議院議員、元東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が、4月12日放送の『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』(ニッポン放送)にゲスト出演した。辛坊氏は太平洋横断に挑戦中のため、この日は落語家の立川志らくが日替わりパーソナリティーを務めた。志らくと舛添氏は『グッとラック!』(TBS系)でもたびたび共演していた。
 志らくは「舛添さんってものすごくためになることととか良いことおっしゃる。そこは認めないと。ただ、都知事のしくじりがあるから『お前が言うな』って言われてしまう」と高評価のようだ。

 番組では新型コロナウイルス、特に同日から高齢者への先行接種が始まったワクチンについて語られた。舛添氏は、迅速な国産ワクチン開発には「予算を付けるのと、もっと優秀な研究者をつぎ込む」必要があると力説。

 さらに、舛添氏は「感染症(研究)の人たちは一般的に言って能力が足りない」「医学部の学生をずっと教えていたけれども、(感染症研究は)人気じゃない。悪いけど落ちこぼれの人たちが行くところなんですよ」とバッサリと切り捨てた。これに志らくも「聞いたことありますね」と共感を寄せていた。これには、ネット上で「舛添、はっきり言い過ぎだろ」「確かに地味な分野な印象はある」といった声が聞かれた。

 続けて、舛添氏は「(感染症研究は)こういう時は脚光を浴びてますけど、普段は脚光を浴びてない。第一線の遺伝子工学を使わないとメッセンジャーRNA(mRNA)を使ったワクチンはできない。そういう人が自由に参画できないといけないから、感染研が独占している体制を壊さないと」と感染研批判に結びつけた。

 例のごとく、舛添氏の鋭い政府、政権批判が現れたと言えるが、ネット上は共感の声のほか、「役所とかで当事者として働いてる人の事も少しは慮って発言しろよ。こんな報道ばかりだとテンションもだだ下がり」「好き勝手言いたい放題。こういうトップがいると下は振り回されて大変だろうねえ」といった違和感の声も聞かれた。

https://npn.co.jp/article/detail/200012668/
 
【韓国】来年の韓国は借金1000兆ウォン時代に突入、しかし財政危機対応はOECD最下位
海上自衛隊が初の燃料輸送艦建造に踏み切った理由に深刻な日本の安全保障の仕組みの欠陥が見える!
“アベノマスク”115億円分余剰...8200万枚使われず保管 年金機構のPCムダ発注にもメス
お笑いだけの韓国のK防疫!今度はエレベーターボタンでホルホルか!現実は全く効果の無い未曽有の事態が炸裂中なのに最高の自慢って…
【悲報】モデルナ製 6~11歳の子ども4753人で実験した結果・・・・・・
スパロボにおけるZガンダムについて語ろう!
タイ人「日本人はこうやって創造力を鍛えてるんだ!」日本の「くだらないものグランプリ」が話題に!【タイ人の反応】
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの声

22: Ψ 2021/04/13(火) 14:31:29.30 ID:TeFh/whD
>>1
おおせごもっとも。できる奴はアメリカの
研究所か理研で研究をやっている。感染研
の医師は二流医学部の卒業生ばっかり。

 

2: Ψ 2021/04/13(火) 12:44:00.52 ID:Q64vFSTE
都知事は国会の落ちこぼれが行くところ

 

3: Ψ 2021/04/13(火) 12:47:52.03 ID:kAy7Zv7k
何でも言ってくれると良い、頭の片隅に置いとく

 

4: Ψ 2021/04/13(火) 12:50:09.77 ID:fz99ZaVI
ホント専門家なんて馬鹿ばっかだよ
テレビに出てるのは特に

 

5: Ψ 2021/04/13(火) 12:51:12.66 ID:fz99ZaVI
その感染症専門家に煽られて
マスクマスク怖い怖いだもん
国民はもっと馬鹿だよ

 

8: Ψ 2021/04/13(火) 12:54:48.31 ID:vn2+509Q
人気がないだけで落ちこぼれは研究なんかしないぞ。

コイツの思考がオカシイ。

 

9: Ψ 2021/04/13(火) 13:05:10.68 ID:bo3T0pD4
そういう自分は議員からも都知事からもおちこぼれたよねwwwチャイナドレスで習字wwww

 

10: Ψ 2021/04/13(火) 13:10:51.13 ID:rG/zgTGg
彡 ⌒ ミ
(´・ω・`) こいつと同じくくりにされたくない

 

11: Ψ 2021/04/13(火) 13:11:29.85 ID:w64/Qo08
本当のことを言うと角が立つのです

 

12: Ψ 2021/04/13(火) 13:19:00.19 ID:aPeTfksW
でも、そういうのあるよね
例えば原子力とかもそうだよね
行政で言えば、警察・司法とかも
出来の良くないやつの吹き溜まりだ

 

13: Ψ 2021/04/13(火) 13:29:48.53 ID:E9b6Gz+F
お前元とは言え基本は政治側の人間だろ
そういう重要な研究に落ちこぼれしか行かないような状況にした責任はお前ら文官とそれを管理する政治家にあるんじゃねーのかよw

 

14: Ψ 2021/04/13(火) 13:31:47.13 ID:svXtguce
マッシーさんは、先ず、ご自身の反省から!
俺は何も悪くはない!という印象を残せば、政界再起は無理だろう

 

15: Ψ 2021/04/13(火) 13:32:20.47 ID:aPeTfksW
それに日本の学者の悪いところは
ハッキリものを言わんところだ
自分の知見で物事を判断するっていう習慣がない
本来、学問というのはそういうことをくぐり抜け
淘汰されてこそ信頼されるものだ
政府・官憲に聞かれて、おもねらずにハッキリしたことを言える学者が少なすぎる
いや、聞かれずともジャンジャンものを言うべきである
それが学問の実践である

 

16: Ψ 2021/04/13(火) 13:33:38.59 ID:NDy/rTlf
研究者は好きなところにいけばいい
流行りの分野に行くのはダメ人
これは企業も同じ
人のいないところに行く、開拓する
行く基準は自分が関心があるかどうか

 

17: Ψ 2021/04/13(火) 13:38:57.54 ID:NDy/rTlf
流行りの分野は10年もすれば終わる 
すでに熟しているからあとからいっても落ち穂拾い 
好きなところに行った場合権威になったときに
ブーム到来はありうる

 

18: Ψ 2021/04/13(火) 13:55:51.58 ID:eVv9Eita
野口英世のころは?

 

20: Ψ 2021/04/13(火) 14:23:44.24 ID:XNZY9Qzo
あんまりだなw
HIVの研究では、隣の国立国際医療センター病院感染症研究センターと共に、国立感染症研究所も表彰されてんぞ

しかし長いな、何とか成らんか

 

21: Ψ 2021/04/13(火) 14:26:59.64 ID:XNZY9Qzo
>>20
間違えたw
国立国際医療研究センター病院国際感染症センター、だった
長い

 

25: Ψ 2021/04/13(火) 15:00:45.93 ID:asQfi+wk
厚生労働省医系技官K「(官僚の武器の一つ)御用学者というのがですね、幅を利かせていまして」
K「これはどこの省庁でもおんなじなんですけれども、この人たちだけが重宝されるためにですね、本当に優秀な頭脳っていうのはみんな海外に流出しちゃってるんです」
たけし「ああなるほど」
K「だから日本にはクズしかいないんです」
たけし「かなりあの、日本のノーベル賞なんか海外研究ですよね」
K「他の省庁のことは申し上げられないんですけど、少なくとも厚生労働省の御用学者っていうのはクズしかいないんです」
たけし「クズしか...w すみません、これ、私映さないようにお願いします」
一同「(笑)」

公務員に媚びる学者ばかり重宝してるせいで本当に優秀な頭脳に逃げられちゃってる公務員。
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/koumu/1603462966/

 

引用元: https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1618285114/

コメント

  1. 匿名 より:

    国会議員になっても野心丸出しで、有力政治家多くから見放されて孤立した人がよく言いますね。



新規のコメント受付けにつきましては、現在休止させて頂いております。ご不便おかけし申し訳ございません。


美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」

発売日: 2021年09月15日頃

内容紹介(「BOOK」データベースより)
日本人の矜持を取り戻すために、そして「確かな未来」を切り拓くために、私のすべてを捧げることを誓う!

岸田ビジョン 分断から協調へ

発売日: 2020年09月11日

内容紹介
「日本のため、国民のため、政権を勝ち取る」ーー本命候補が、ついに決起宣言する。

ここ数年、格差拡大、「勝ち組」と「負け組」、中間層の没落などが顕著になり、新型コロナウイルスの感染拡大によってさらにその傾向は強まった。

日本を前に進める

発売日: 2021年08月30日頃

内容紹介(出版社より)
「この本は、河野太郎という政治家が、これまで何をやってきたか、そして皆さんと一緒に、これからどのような国や社会をつくっていこうと考えているのか、その考えをまとめたものです」(本書「はじめに」より)。

タイトルとURLをコピーしました