新型コロナウイルス感染症対策推進室 (内閣官房)公式Twitter

裁判

国内ニュース

弘中弁護士事務所でゴーン氏らが逃亡相談かwwww

 ゴーン容疑者の逃亡を手助けしたとして逮捕状が出た3人のうち1人は昨年、弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所で、ゴーン容疑者と複数回面会していたことが分かった。東京地検特捜部は逃亡の相談をしたとみて捜査している。
地方ニュース

大阪市のヘイトスピーチ抑止条例「合憲」 大阪地裁判決 ー朝日新聞

 大阪市のヘイトスピーチ抑止条例は憲法が保障する表現の自由に反するなどとして、市内在住の男女8人が松井一郎市長に対して、ヘイトスピーチを認定する審査会の委員の報酬など計約115万円の支払いを吉村洋文前市長に請求するよう求めた住民訴訟の判決が17日、大阪地裁であった。三輪方大(まさひろ)裁判長は条例は合憲と判断し、市民側の請求を棄却した。
国内ニュース

【文春】ゴーン逃亡を擁護 ”変装保釈”の担当弁護士に跳ね返る「日本司法の深刻なダメージ」 非合法集団が潜入できる日本の現実

 昨年末に電撃的な極秘出国を果たしたカルロス・ゴーン元日産自動車会長の脱出劇の内幕が徐々に明らかになってきた。ゴーン元会長は1月8日、記者会見を開き、日本の司法制度を大々的に批判して日本の法曹界を揺るがしたが、深刻なのは非合法グループが国内に潜入し、ゴーン元会長の「出獄」を手助けしたことだ。
地方ニュース

キレイな八重山「ゴーン弁護団よ、『これが弁護士の仕事だ』と子供に語れるのか」

かつての世界的大企業トップが保身のため、なりふり構わぬ姿を見せた。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が国外逃亡に使ったという楽器ケース。 世界の注目を浴び堂々とプレゼンしていた人物が、この中に身を潜め、息を殺して航空機内に運ばれたのかと思うと、哀れを通り越して滑稽(こっけい)だ
国内ニュース

ゴーンの記者会見終了後、即座に森法相が反論会見 東京地検もコメント発表

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の会見を受け、森雅子法相は9日午前0時40分すぎから臨時の記者会見を開き、「潔白というのなら司法の場で無罪を証明すべきだ」と述べた。日本側の正当な主張を速やかに世界に発信するため、極めて異例となる未明の会見となった。
国内ニュース

東京地裁「フランスのパスポートを持っていていいよ。鍵のかかった箱に入れておいてね」

関係者によりますと、ゴーン元会長は何らかの理由でフランスから2通のパスポートの発行を受けていて、当初はいずれも弁護団が保管していたということです。 しかし去年5月、元会長にパスポートの携帯義務が生じたため、弁護団が保釈条件の変更を請求し、フランスのパスポート2通のうち1通を鍵が付いたケースに入れた状態で携帯することを裁
地方ニュース

【ヘイトスピーチ】朝鮮学校ヘイト有罪 在特会元支部長に 京都地裁、名誉毀損で初判決

 2017年4月に京都市で「ここに日本人を拉致した朝鮮学校があった」などとヘイトスピーチをして学校法人京都朝鮮学園の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元京都支部長、西村斉(ひとし)被告(51)に対し、京都地裁(柴山智裁判長)は29日、罰金50万円(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。
地方ニュース

日本国籍確認求め台湾人3人が国を提訴へ 「今も生まれたときと変わらない日本人である」

日本統治下の台湾で生まれ育ちながら、戦後に日本国籍を喪失したとされるのは不当として、台湾人の男性3人が近く、日本政府に日本国籍を有していることの確認を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが3日、関係者への取材で分かった。 代理人弁護士によると、日本統治時代の台湾にルーツを持つ人が、現在も日本国籍を持つことの確認を求める訴訟提起は初めてという。
地方ニュース

【LGBT】宇都宮地裁「憲法24条は同性婚を否定していない」初判断 日本政府「24条は同性婚を想定していない」

性カップルに内縁関係に準じた法的保護を認めた初判決で、同性婚に関する極めて重大な判断が行われました。詳細は以下から。 ◆同性カップルも内縁関係に相当と初判断 世界中で同性婚を合法化する動きが広がっている中、日本でも国に先んじて各地の地方自治体が同性パートナー制度を開始しています。そうした状況下で起こった裁判の
東アジアニュース

宇都宮元日弁連会長「日本の企業は韓国最高裁の判決を受け入れるべき」 -ハンギョレ

日両国の法律家が会って、日帝強制動員問題と韓国最高裁判所(大法院)の判決を振り返り、解決策について話し合うために膝を突き合わせた。 ソウル地方弁護士会主催で5日、ソウル瑞草洞(ソチョドン)の弁護士会館で開かれた「日帝強制動員問題の争点と正しい解決策の模索に向けた韓日共同シンポジウム」で、 宇都宮健児元日本弁護士連
国内ニュース

新手の詐欺が流行中、裁判所から突然の「提訴の告知」。封書を開封する前に詐欺だと分かる、たった一つのポイント

地方裁判所を装った組織から、提訴を告知するという封書を送りつける新手の詐欺が流行中だ。 SNS上で大きな話題を呼んでおり、裁判所のホームページでも警鐘を鳴らしている。 ■「地方裁判所 民事訴訟部」を名乗る詐欺封書にご注意 奈良英喜さんの自宅に届いたのは「地方裁判所 民事訴訟部」から送られてきた封書。
国内ニュース

【日韓】日本政府、国際司法裁提訴へ本格検討

1: ボ ラギノール(岐阜県) 2019/07/17(水) 23:16:05.54 ID:9gMwcucy0 B...
東アジアニュース

【反日裁判】韓国に開く「亡国の門」 遡及法が国を滅ぼす

4日から始まった日本政府による韓国への半導体の輸出規制強化により、韓国では洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相が「撤回しなければ相応の措置を必ず取る」と報復を示唆。国民の間にも日本製品のボイコットが広がるなど、日韓関係は悪化の一途をたどってるが、実はその数日前に日韓関係はもちろん、韓国の未来さえ破壊する
地方ニュース

朝鮮学校の生徒が怖がっている 周辺や最寄り駅での街宣禁止、仮処分決定

東京朝鮮中高級学校(東京都北区)を運営する学校法人が、最寄り駅前で学校を非難する街宣活動をしている男性の活動禁止を求めた仮処分手続きで、東京地裁(古谷健二郎裁判長)は5日、駅を含めて学校の半径500メートル以内での演説やシュプレヒコールの禁止を命じる決定を出した。
国内ニュース

韓国人遺族の靖国神社合祀訴訟「原告のすべての要求を棄却する」わずか5秒で終了

日本の植民地時代に軍人・軍属として徴用されて戦死し、靖国神社に合祀(ごうし)された韓国人の遺族27人が日本政府と同神社を相手取り、 合祀の取り消しを求めた第2次訴訟の判決公判が28日に東京地裁で開かれ、地裁は原告の要求を棄却した。  訴訟が提起されてから5年7カ月での判決だったが、