裁判

地方ニュース

日本企業、中国マスク不良で提訴 860万円請求、金沢地裁

 新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足を受けて中国製マスクを仕入れた金沢市内の企業が、異物の混入など不良品が見つかり損害が生じたとして、東京の輸入業者に約860万円の賠償を求めて金沢地裁に提訴していたことが3日、分かった。第1回口頭弁論が1日に開かれ、輸入業者側は請求棄却を求めた。
国内ニュース

NHKが映らないテレビ、受信契約を結ぶ義務なし。東京地裁★8

NHKが映らないテレビであれば、受信契約をしなくてもいいのか。この点が争われた訴訟の判決で、東京地裁は26日、契約義務がないことの確認を求めた原告の訴えを認めた。小川理津子裁判長は「どのような意図であれ、受信できない以上、契約義務はない」と述べた。 判決によると、原告はNHKの受信
地方ニュース

弁護人がマスク着用拒否で裁判中断 …裁判員「着けてほしい」 弁護人「今後も着ける気はない」

 「法廷は窓もない。マスクをしてほしかった」――。コロナ禍の感染対策が裁判所の法廷でも求められる中、被告の弁護人がマスクの着用を拒んだ東京地裁の裁判員裁判で12日、判決が言い渡された。判決後、裁判員らは弁護人の対応に疑問を呈した。  殺人罪に問われた被告の主任弁護人
国内ニュース

「マイナンバー制度は憲法違反!プライバシー権がー」 →地裁「はい棄却」

マイナンバー制度は憲法13条が保障するプライバシー権を侵害するかどうかが争われた訴訟で、金沢地裁は9日、個人番号の利用差し止めなどを求めた原告側の請求を棄却した。
地方ニュース

【名古屋】韓国籍の松浦静子こと尹靜順被告(74)「派遣社員の息子に感染すると、切られるかもしれないと思った」病院から消毒液盗んで逮捕

名古屋市北区の病院から、消毒液を盗んだ罪に問われていた女に、懲役1年、執行猶予3年が言い渡されました。  起訴状などによりますと、名古屋市東区に住む韓国籍の無職、松浦静子こと尹靜順(いん・せいじゅん)被告(74)は、ことし2月、名古屋市北区の総合病院の1階廊下で、利用者用に設置された消毒液1点を鞄に入れて盗んだ窃盗の罪に問われ
国内ニュース

賭け麻雀、黒川検事に加え朝日新聞社員ら3人も告発 常習賭博容疑★2 ー朝日新聞

 東京高検の黒川弘務・前検事長(63)=22日付で辞職=が新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に産経新聞記者や朝日新聞社員と賭けマージャンをしていた問題で、岐阜県の弁護士らが25日、常習賭博の疑いで黒川氏と記者ら計4人に対する告発状を東京地検に郵送した。
国内ニュース

弘中弁護士事務所でゴーン氏らが逃亡相談かwwww

 ゴーン容疑者の逃亡を手助けしたとして逮捕状が出た3人のうち1人は昨年、弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所で、ゴーン容疑者と複数回面会していたことが分かった。東京地検特捜部は逃亡の相談をしたとみて捜査している。
地方ニュース

大阪市のヘイトスピーチ抑止条例「合憲」 大阪地裁判決 ー朝日新聞

 大阪市のヘイトスピーチ抑止条例は憲法が保障する表現の自由に反するなどとして、市内在住の男女8人が松井一郎市長に対して、ヘイトスピーチを認定する審査会の委員の報酬など計約115万円の支払いを吉村洋文前市長に請求するよう求めた住民訴訟の判決が17日、大阪地裁であった。三輪方大(まさひろ)裁判長は条例は合憲と判断し、市民側の請求を棄却した。
国内ニュース

【文春】ゴーン逃亡を擁護 ”変装保釈”の担当弁護士に跳ね返る「日本司法の深刻なダメージ」 非合法集団が潜入できる日本の現実

 昨年末に電撃的な極秘出国を果たしたカルロス・ゴーン元日産自動車会長の脱出劇の内幕が徐々に明らかになってきた。ゴーン元会長は1月8日、記者会見を開き、日本の司法制度を大々的に批判して日本の法曹界を揺るがしたが、深刻なのは非合法グループが国内に潜入し、ゴーン元会長の「出獄」を手助けしたことだ。
地方ニュース

キレイな八重山「ゴーン弁護団よ、『これが弁護士の仕事だ』と子供に語れるのか」

かつての世界的大企業トップが保身のため、なりふり構わぬ姿を見せた。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が国外逃亡に使ったという楽器ケース。 世界の注目を浴び堂々とプレゼンしていた人物が、この中に身を潜め、息を殺して航空機内に運ばれたのかと思うと、哀れを通り越して滑稽(こっけい)だ
国内ニュース

ゴーンの記者会見終了後、即座に森法相が反論会見 東京地検もコメント発表

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の会見を受け、森雅子法相は9日午前0時40分すぎから臨時の記者会見を開き、「潔白というのなら司法の場で無罪を証明すべきだ」と述べた。日本側の正当な主張を速やかに世界に発信するため、極めて異例となる未明の会見となった。
国内ニュース

東京地裁「フランスのパスポートを持っていていいよ。鍵のかかった箱に入れておいてね」

関係者によりますと、ゴーン元会長は何らかの理由でフランスから2通のパスポートの発行を受けていて、当初はいずれも弁護団が保管していたということです。 しかし去年5月、元会長にパスポートの携帯義務が生じたため、弁護団が保釈条件の変更を請求し、フランスのパスポート2通のうち1通を鍵が付いたケースに入れた状態で携帯することを裁
地方ニュース

【ヘイトスピーチ】朝鮮学校ヘイト有罪 在特会元支部長に 京都地裁、名誉毀損で初判決

 2017年4月に京都市で「ここに日本人を拉致した朝鮮学校があった」などとヘイトスピーチをして学校法人京都朝鮮学園の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元京都支部長、西村斉(ひとし)被告(51)に対し、京都地裁(柴山智裁判長)は29日、罰金50万円(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。
地方ニュース

日本国籍確認求め台湾人3人が国を提訴へ 「今も生まれたときと変わらない日本人である」

日本統治下の台湾で生まれ育ちながら、戦後に日本国籍を喪失したとされるのは不当として、台湾人の男性3人が近く、日本政府に日本国籍を有していることの確認を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが3日、関係者への取材で分かった。 代理人弁護士によると、日本統治時代の台湾にルーツを持つ人が、現在も日本国籍を持つことの確認を求める訴訟提起は初めてという。
地方ニュース

【LGBT】宇都宮地裁「憲法24条は同性婚を否定していない」初判断 日本政府「24条は同性婚を想定していない」

性カップルに内縁関係に準じた法的保護を認めた初判決で、同性婚に関する極めて重大な判断が行われました。詳細は以下から。 ◆同性カップルも内縁関係に相当と初判断 世界中で同性婚を合法化する動きが広がっている中、日本でも国に先んじて各地の地方自治体が同性パートナー制度を開始しています。そうした状況下で起こった裁判の