ブログのURLを変更しました。旧:http://incident-wo.bex.jp/ → 新:http://incident-wo.com/

台湾

東アジアニュース

【台湾】蔡総統の支持率が急上昇 新型肺炎への厳格対応を評価 -朝日新聞

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を防ぐため、クルーズ船の寄港禁止や中国人の入境禁止など厳格な対応を進めている台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統の支持率が急上昇している。24日公表の調査は支持率68・5%で、先月の総統再選後の調査よりも11・8ポイント上昇した。
国際ニュース

【米】サンダース氏、台湾防衛に言及 もし台湾が中国から攻撃を受けたら?

米大統領選の民主党候補指名争いで連勝し勢いづく急進左派のバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員(78、バーモント州選出)は、23日の米テレビインタビューで、大統領に選出された暁には米国の利益保護と同盟国支援のいずれの目的であっても、正当な理由があれば「間違いなく」軍事力を行使すると述べた。
東アジアニュース

NHK、新型コロナ特集で台湾を中国と併記 台湾の外交部「わが国に関する不当な表記」

1: カルディオバクテリウム(長野県) 2020/02/23(日) 19:03:06.15 ID:XGRRzqL...
国際ニュース

【中国イライラ】台湾、WHO会合参加

世界保健機関(WHO)当局者は8日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の治療法やワクチンについて話し合う11~12日の会合に、台湾が参加すると明らかにした。台湾はWHO非加盟国で、中国の反対によりWHO総会へのオブザーバー参加も認められない状態がここ数年続いており、異例の対応となった。
国際ニュース

「台湾と中国は別」欧州議会の議員8人、WHOテドロス事務局長に訂正求める

(ブリュッセル中央社)複数の欧州議会の議員が7日、連名の書簡を世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に送った。新型コロナウイルスが世界的にまん延する中、WHOが台湾の参加を妨げたり、台湾を中国の一部と見なす誤った認識によって悪影響をもたらしたりするのを改めるよう求めている。 署名したのは、親台湾派議員グル
東アジアニュース

台湾、中国に住む中国人の入境を全面禁止 新型肺炎

中国を中心に感染が広がる新型コロナウイルスの流入を阻止するため、台湾は6日から、中国各省市に居住する中国人の入境を全面的に見合わせる措置を開始した。中国、香港、マカオへの渡航歴がある台湾人は同日から、14日間の在宅検疫が必要になった。中央感染症指揮センターが5日、実施を発表した。
国際ニュース

【新型肺炎】さまようクルーズ船 入港拒否相次ぐ ★3

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、日本や中国周辺を回る大型クルーズ船の運航に支障を来す例が相次いでいる。横浜に到着した船の乗客多数が感染していたことを受け、日本やアジアの国や地域で入港を拒否する動きが広がっているためだ。1月以降に中国を訪れた大型船21隻のうち最大5隻が次の寄港地が決まっていないことが分かった。向かう先で入港できず、次でも断られ、行き場を失う船が出てきた。
東アジアニュース

【台湾】WHOを批判 イタリア、ベトナムの直行便停止で 「感染者数の内訳、台湾を中国の一部とみなしているためだ」

台湾の呉●(=刊の干を金に)燮(ご・しょうしょう)外交部長は2日、緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防策でイタリアとベトナムが台湾との航空便停止を発表したのは、世界保健機関(WHO)が台湾を中国の一部とみなしているためだとして「誤った情報に基づく誤った決定だ」と抗議した。
東アジアニュース

台湾・蔡総統「国民を迎えに行きたい」チャーター機派遣働きかけも中国から回答なし ネット「共産主義国家なんてこんなもん。

(台北中央社)新型コロナウイルスへの感染が広がっている中国湖北省武漢市から台湾人を帰国させるチャーター機の派遣について、台湾は中国当局からいまだに回答を得られていない。蔡英文総統は30日午後に発表した談話で「国民を迎えに行きたい」と述べ、現地に残る台湾人の帰国に向けて中国側への働きかけを継続していく方針を示した。
東アジアニュース

【chew犬】飼い犬にパスポートを噛み砕かれ武漢への旅行を諦めた女性:台湾

今月初めに武漢を訪れる予定だった女性は、犬にパスポートをかみ砕き、コロナウイルスの被害を受けた都市への旅行を台無しにしてくれたことに感謝しています。 台湾の所有者は、彼女の犬のキミがかみ傷を噛んだボロボロのパスポートの写真を共有しました。?
国際ニュース

新型肺炎WHO緊急委員会、台湾は招かれず 中国以外の感染確認国で唯一 米仏からは台湾のWHO参加求める声

(台北中央社)中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、世界保健機関(WHO)が22日、ジュネーブで各国の専門家を集めて開いた緊急委員会に、台湾は輸入例が確認された国で唯一招かれなかった。米国務省のベテラン官僚やフランスの国民議会議員からは、台湾のWHO参加を求める声が出ている。
東アジアニュース

「表現の不自由展」台北でも4月から開催 内容は「検討中」

台北市の台北現代美術館は20日までに、昨年夏に愛知県で一時展示中止となった企画展「表現の不自由展・その後」を4月から開催すると発表した。展示内容については日本側と「検討中」としている。  同美術館によると、同館の館長が韓国・済州島で昨年12月から開催されている美術展に参加した際、特別展として催されていた「不自
東アジアニュース

【朝鮮日報】台湾も拒否した「中国との運命共同体」 「韓中は運命共同体」と言う文大統領の言葉を聞いたら何を思うだろうか★2

2008年初め、台湾の総統選挙で国民党の馬英九候補は「6・3・3」公約を掲げた。親中政策で経済成長率6%、国民所得3万ドル(現在のレートで約330万円。以下同じ)、失業率3%以下を達成するというのだ。「台湾独立」を強調していた反中派の民主党候補を圧倒した。 公約通り、馬英九総統は2010年に中国と自由貿易協定(FTA
東アジアニュース

台湾・蔡総統 中国の干渉阻止へ「反浸透法」施行

選挙で圧勝した台湾の蔡英文総統が中国からの干渉を阻止することを目的とした「反浸透法」の施行を発表した。 台湾のトップを決める総統選挙で圧勝し、再選を決めた蔡総統は15日、台湾統一を目指す中国政府などが台湾の政治や選挙運動に介入することを禁止する「反浸透法」を15日から施行すると発表した。違反すれば5年以下の懲役や罰金が科せられる。
国際ニュース

台湾・蔡総統「中国は現実を直視して台湾を尊重すべき」「侵略すれば大きな代償を払うことになるだろう」 BBC単独会見

中国に強硬な姿勢をとっている台湾の蔡英文総統(63)は、中国は「現実を直視」して台湾を「尊重」する必要があると、BBCの単独インタビューで述べた。 蔡総統は11日に投開票が行われた総統選挙で、中国政府からの高まる脅威を重点においた選挙戦を展開。地すべり的勝利を収め、再選を果たした。