ブログのURLを変更しました。旧:http://incident-wo.bex.jp/ → 新:http://incident-wo.com/

沖縄

地方ニュース

沖縄県で1人が新型コロナウイルス感染の疑い クルーズ船下船者と接触 既に検査で陽性 ★3

 玉城デニー沖縄県知事は14日、同県内の1人について新型コロナウイルス感染の確認検査を進めていると明らかにした。県によると、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が1日に沖縄へ寄港した際、下船した乗客との接触者調査の中で感染の疑いが浮上した。関係者によると、既に検査で陽性となっているという。
地方ニュース

【沖縄タイムス】河野太郎防衛相にツイッターブロックされた

 河野太郎防衛相のツイッターを見ようとしたら、ブロックされていた。驚いた。護衛艦を中東に派遣した2日の発言を確認しようと思った ▼ブロックされるとこちらのコメントを届けられず、相手の発信も全て見られなくなる。河野氏は乱発で有名らしい。私は河野氏にコメントしたことはなく、自分のツイートで言動を批判しただけ。河野
地方ニュース

狂気 なぜか北朝鮮のチュチェ思想にハマる日本のパヨクたち なぜ彼らは従うのか?

北朝鮮の独裁政治を正当化する思想で、沖縄の知識人にも浸透していると言われる「チュチェ思想」に焦点を当てた。元日本共産党国会議員秘書の篠原常一郎氏と政治学者の岩田温氏による対談本。 チュチェ思想は「大衆を革命・建設の主人公としながら、民族の自主性を維持するために人民は絶対的権威を持つ指導者
地方ニュース

沖タイ「日本の防衛費増大、周辺国を刺激してないか?無防備こそ最大の防御というコスタリカを見習え」

「無防備こそ最大の防御だ」-。 インタビューに答える市民や大統領経験者らが目を輝かせ、誇らしげに自国の平和政策について語る姿にぐいぐい引き込まれた。 映画「コスタリカの奇跡」が沖縄市のシアタードーナツでアンコール上映中だ
国内ニュース

キレイな八重山「小泉進次郎環境相が育休。男性閣僚があえて育休取得する意義があるのか」

小泉進次郎環境相は15日、省内で開いた会合で「育児休業」を取得する意向を表明した。閣僚の育休所得は初めてだという。月内に予定されている第1子誕生後の3カ月間に合計2週間、育児のための時間を確保する。 少子化の進行を食い止めるためにも、小泉氏の決断が男性の育休取得を推進する呼び水になってほしい。ただ、閣僚の育休
地方ニュース

【八重山毎日】ウーマン村本ら「沖縄の自衛隊配備問題は民主主義を守る戦いだ」

1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) 2020/01/17(金) 12:39:06.09 ID:Jgi8...
地方ニュース

尖閣諸島のイメージキャラクターお披露目 アホウドリの「アルバちゃん」 ー八重山日報

14日に石垣市民会館で開かれた尖閣諸島開拓の日式典では、政府が選んだ尖閣諸島のイメージキャラクターで、アホウドリをモデルにした「アルバちゃん」がお披露目された。 アルバちゃんは、尖閣諸島のとある島で暮らすアホウドリの女の子。羽根や足が小さく、飛んだり泳いだりするのは苦手だが、近隣の島の友だちと遊んだり、おしゃべりするのが大好きという設定。
地方ニュース

「尖閣は日本固有の領土」 沖縄・石垣島で「尖閣諸島開拓の日」式典

約200人が参加した。国会議員などの登壇者は、尖閣諸島が日本固有の領土であることを強調。国際社会への発信、国民世論の啓発に取り組むことの重要性を改めて確認した。 中山義隆市長は式辞で、日本人による事業展開の歴史を踏まえて「固有の領土としての歴史的事実がある」と強調。2019年
地方ニュース

キレイな八重山「ゴーン弁護団よ、『これが弁護士の仕事だ』と子供に語れるのか」

かつての世界的大企業トップが保身のため、なりふり構わぬ姿を見せた。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が国外逃亡に使ったという楽器ケース。 世界の注目を浴び堂々とプレゼンしていた人物が、この中に身を潜め、息を殺して航空機内に運ばれたのかと思うと、哀れを通り越して滑稽(こっけい)だ
地方ニュース

【沖縄タイムス】「えたいの知れない集団が牛耳っている」 沖縄の仲井真元知事 「オール沖縄」に全面対決

自民党沖縄県連の最高顧問に就いた仲井真弘多元知事は、7日の県連新春の集いであいさつに立ち、「今沖縄は、オールなんとかという、えたいの知れない集団が牛耳っている」と玉城デニー知事率いる「オール沖縄」勢力を痛烈に批判した。県政奪還に向け重視する6月の県議選を前に、全面対決の姿勢を示した形だ。
地方ニュース

沖縄の痛み引き受けよう 吉永小百合さん 沖縄戦、基地問題…思い語る 辺野古埋め立て「悲しい」

 「知らんぷりしていい問題ではない。どうしても基地が必要と言うなら、沖縄の痛みを他の県(本土)も引き受けないといけない。それが嫌だったら、沖縄にもつらい思いをさせてはいけない」―。辺野古新基地に象徴される安全保障の負担が押し付けられる沖縄の不条理を巡り、きっぱりと語るのは、「国民的スター」と称される女優・吉永小百合さん(74)だ。
地方ニュース

琉球新報「弊社社員が飲酒運転して人を轢きました。心よりお詫びします」

豊見城署は26日、那覇市田原の県道221号で酒気を帯びた状態で車を運転し道を横断していた50代男性に衝突、転倒させ頭部打撲のけがを負わせたとして、過失運転致傷と道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で、琉球新報社営業局の上地博之容疑者(54)を逮捕した。 逮捕容疑は、26日午後9時半ごろ、那覇市の県道で基準値
地方ニュース

【沖縄県警】琉球新報社員を逮捕 酒気帯び運転で人身事故

酒を飲んで車を運転し、人身事故を起こしたとして、沖縄県警豊見城署は27日までに、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、琉球新報社営業局広告部制作グループの上地博之容疑者(54)を現行犯逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は26日午後9時半ごろ、
地方ニュース

【沖縄・辺野古】米兵と地元住民たちが、一足早いクリスマスパーティー

キャンプ・シュワブで12月7日、第38回子どものクリスマスがUSO(米国慰問団)で開催され、100人以上のボランティアの隊員や辺野古区住民を中心に、北は国頭村、南は宜野湾市からの家族を含む総勢400人以上が参加したビッグイベントになりました。 会場では海兵隊音楽隊のメンバーがクリスマスメロディーを奏で、来場者をクリスマスムードで歓迎していました。
地方ニュース

沖タイ阿部岳記者「プロ市民とは自称愛国者が使う造語。市民を名乗る活動家という非難が込められている」

「プロ市民」という造語がある。自称愛国者たちがよく使う。 「市民を名乗る職業的な活動家」という非難を込める ▼「自治基本条例に反対する市民の会」の村田春樹会長もこの造語を駆使し、「市政に外国人を含むプロ市民が介入」「日本乗っ取り」と危機をあおる。 全国で条例廃止を求めていて、先月石垣市で開いた講演会には与党市議もいた