ブログのURLを変更しました。旧:http://incident-wo.bex.jp/ → 新:http://incident-wo.com/

自治体

地方ニュース

【埼玉県議会】 お茶は自分で…「女性が県議にお茶出し」廃止 現在はお茶出しだけの専従で7人雇用

 自分のお茶は自分で――。埼玉県議会の常任委員会などで、女性職員らが委員の県議にお茶を出す慣例が廃止されることになった。この慣例のために県は、お茶出しだけを担当する臨時職員の女性を7人雇っていた。経費削減などの理由から、自民党県議団が13日の会派代表者会議で提案し、他会派も同意した。
地方ニュース

岡山・総社市、マスク43万個を市内の個人・医療機関・福祉施設・学校等に配布 これが地方自治だぞ兵庫・香川

本日までで新型コロナウイルス対策用のマスクを総社市内43万個、概ね配布が完了いたしました。内訳は市民個人へ23万個、医療機関、福祉施設、学校等に20万個。ご協力頂きました地域コミュニティーの皆様、全ての関係者に感謝いたします。
地方ニュース

【青森】弘前市職員2700人分の情報流出か 氏名住所給与最終学歴

青森県弘前市職員2700人分の情報流出か  青森県弘前市は13日、市職員約2700人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。同県内の報道機関に氏名や住所、月給額や最終学歴が記されたデータがメールで届いたという。
地方ニュース

【HDD流出】神奈川県文書流出、警視庁が廃棄業者従業員を捜査へ

大量の個人情報を含む神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)がインターネットオークションに出品、落札された問題で、HDDの廃棄を請け負ったブロードリンク(東京都中央区)の従業員が社内から別のHDDを持ち出していたとして、警視庁捜査3課が窃盗容疑で捜査する方針を固めたことが6日、捜査関係者への取
地方ニュース

神奈川県庁の行政文書が大量流出 データ破棄請負業者社員がHDDをネットオークションで転売 ー朝日新聞独自

 納税などに関する大量の個人情報や秘密情報を含む神奈川県庁の行政文書が蓄積されたハードディスク(HDD)が、ネットオークションを通じて転売され、流出していたことが朝日新聞の取材で分かった。県のサーバーから取り外されたHDDのデータ消去が不十分なまま、中古品として出回っていた。県によると、データの消去から廃棄までを請け負った業者の社員が、転売に関与したことを認めているという。
国内ニュース

自治体向け業務システムダウン 全国50の区市町村に影響

東京の情報処理会社が自治体向けに提供している業務システムで、4日から不具合が続き、全国50の区市町村に影響が出ています。復旧の見通しは立っていないということです。 このうち東京・中野区では、戸籍謄本など戸籍に関する証明書が発行できなくなっているほか、出生届や婚姻届などはシステムに登録することができず受け取りのみを行っています。
地方ニュース

【横浜市】パートナーシップ制度開始 LGBTや事実婚 外国人も対象

横浜市は2日、性的少数者(LGBT)や事実婚のカップルと証明する「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを開始した。 制度の対象は2人とも市内に住むか、1人が市内に住んでいてもう1人も転入予定の成人。外国人も対象とし、希望者には宣誓書の翻訳も配布する。市によると、事実婚も含めるのは千葉市、神奈川県横須賀市に続き、全国で3例目。
地方ニュース

【イカれとるww】 「町長にレイプされた」と言い出した草津町議失職 「マスコミはネトウヨ」と意味不明な

群馬県草津町議会は2日、議会の信用を失墜させたなどとして提案された、新井祥子町議(50)の 除名を求める懲罰動議を賛成多数で可決した。新井氏は失職した。 新井氏は黒岩信忠町長(72)に迫られて性的関係を持ったことなどの内容を電子書籍上で告白。 黒岩町長は「事実無根だ」として名誉毀損(きそん)容疑で長野原署への告訴を表明していた。
地方ニュース

【東京・町田市】「赤旗」庁舎内購読自粛を通達 管理規則に抵触

東京都町田市が、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」を含む政党機関紙を庁舎内で購入することを自粛するよう求める通達を今月、全職員に出していたことが21日、分かった。同市は平成26年度以降、3回にわたって同様の通達を出したが、同市の共産市議が最近でも市職員に庁舎内で赤旗を配布したり、購読料を集金したりしていた事実が判明し、こうした行為が庁舎管理規則などに抵触する可能性があると判断した。
国内ニュース

【NHK】反国防、反改憲、反原発、反米、慰安婦などプロ市民活動への後援、全国の自治体で政治的中立理由に断るケース増加

「政治的中立」配慮 揺れる自治体 愛知県などが開いている国際芸術祭で、展示の一部が、脅迫を理由に中止されてから1か月余り。 「公的な場」での表現活動に行政がどう関わるべきなのか。 全国の自治体が今、頭を悩ませているようです。 ▼後援方針 変えた 「今の時代、より慎重に判断する必要があると痛