新型コロナウイルス感染症対策推進室 (内閣官房)公式Twitter

差別問題

地方ニュース

沖タイ阿部岳「フリーランス休業助成は、ヤクザや破防法関係者を排除。善悪で判断するな!差別だ」

日額4100円のフリーランス休業助成は、風俗営業関係者を排除している。 そこに生身の人間がいるという事実に向き合わない差別。 ヤクザ、破防法関係者も除外。 安倍首相は「国民一人一人の協力」を求めたのではなかったか。 今は、善悪の価値判断を持ち出す時ではない。一律だ。
国際ニュース

【マイアミ】LGBTQ祭で同性愛者9人がコロナ陽性

数千人のアメリカ人がマイアミのビーチフェスティバルに参加して少なくとも9人がコロナウイルスに感染。 マイアミビーチで開かれたLGBTQ祭で大量のウイルス感染が起きた。祭りが開かれた段階(3月4日~3月10日)ではまだ大規模なイベントのキャンセルや、日々の生活への注意喚起が行われていなかった。
国内ニュース

とある日本の弁護士「コロナ危機は差別的な人にとっておいしい事案。中国人韓国人に対する差別意識を正当化している」

コロナ危機は、差別的な人にとっては二重三重においしい事案と言えるでしょう。 日本国内では中国人や韓国人に対する差別意識を満たし 欧米でのアジア人差別を見ては「欧米だって差別してるじゃないか」と言って自分の差別意識を正当化できるからです。
国内ニュース

立憲所属の市議が「立憲フェス2020」ジェンダーを考えるブースでセクハラ発言w -毎日新聞

立憲の伊東市議、フェスでセクハラ発言「銀座のママみたい」「地元ではみんな喜ぶ」  2月16日に東京都新宿区で開催された立憲民主党党大会「立憲フェス2020」で、同党に所属する静岡県伊東市の石島茂雄市議(61)が、 ジェンダーを考える出展ブースに参加していた女性に対し「銀座のクラブのママみたいだね」などとセクハラ発言をして
国内ニュース

【炎上芸人】渡米したウーマン村本、NYの路上で「この国からでていけ!」と罵倒されるも静観

渡米中のお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(39)が6日、自身のツイッターを更新。ニューヨークの路上で「この国からでていけ!」と罵声を浴びせられたことを明かした。 村本は「深夜のNYを歩いてたら車椅子の女性から大声で『アジア人、コロナ、この国からでていけ!』と叫んで彼女は高速で走り去った」とツイート。「おれは差別ではないと思ってる。おれも彼
国内ニュース

なぜ「ヘイト本」が書店にあふれるのか 関係者を取材してわかった“凡庸な悪” 安田浩一書評

 息苦しい。怖い。オマエの存在など認められないのだと、詰問されているような気持ちになる――。  知人である在日コリアンの女性は、そうした理由で、行きつけだった書店から足が遠のいたという。彼女に恐怖を強(し)いているのは、いわゆるヘイト本の存在だ。  隣国やマイノリティへの差別を煽るヘイト本
国際ニュース

【悲報】米アカデミー賞、視聴者数が過去最低に 韓国パラサイトが受賞するなど多様性進めたのになぜ…

 韓国映画「パラサイト」が英語以外で初めて作品賞を受賞するなど、多様性を求める世界の映画人を沸かせた今年の米アカデミー賞。 だが、賞を主宰する米映画芸術科学アカデミーには重い「宿題」が突きつけられた。授賞式のテレビ視聴者数が過去最低を記録したのだ。 視聴者はなぜ減っているのか。アカデミーは今後どうしていくのか。
国内ニュース

蓮舫、選択的夫婦別姓「安倍政権がかたくなに受け入れないのは、何故なんでしょうか」

 立憲民主党の蓮舫副代表が5日、ツイッターに新規投稿。4日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が「選択的夫婦別姓」について「親の姓が違うと子供に悪影響が生じる」と答弁したことに対して、「安倍政権がかたくなに受け入れないのは、何故なんでしょうか」と疑問を呈した。  立憲民主党・大河原雅子議員の「希望する人だけが選
国内ニュース

【女性自身】武田鉄矢の発言に批判殺到!夫婦別姓は「女の覚悟の問題」

2月2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に武田鉄矢(70)がコメンテーターとして出演。そのなかで発言した「選択的夫婦別姓制度」に対する武田の見解に批判が集まっている。 1月22日に国民民主党・玉木雄一郎議員(50)が国会での代表質問で「夫婦同姓制度が結婚の障害となっている」と、選択的夫婦別姓の導入を提言。その際、自民党・杉田水脈議員(52)が「
国際ニュース

【人種差別】「ウイルスが通るぞ」中傷…アジア人種差別に広まった欧州

中国湖北省武漢から始まった新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)が拡散しながら世界各地で中国人嫌悪、人種差別を憂慮する声が高まっている。 確定患者7人が確認された日本では、神奈川県箱根温泉のある菓子店で「中国人立入禁止」と書かれた紙が張り出されて論争を呼んだ。
国内ニュース

【毎日新聞調査】災害時、LGBTなどへの「配慮」を盛り込んだ自治体23% 専門家「改善が必要」

災害時の対応を定めた地域防災計画や避難所運営マニュアルなどに、LGBTを含む性的少数者への「配慮」を盛り込んだ自治体は、全国の都道府県、道府県庁所在地、政令市、東京23区(計121自治体)の23%にとどまることが毎日新聞の調査で判明した。 性的少数者のカップルが、同居の親族と同様にパートナーの
地方ニュース

大阪市のヘイトスピーチ抑止条例「合憲」 大阪地裁判決 ー朝日新聞

 大阪市のヘイトスピーチ抑止条例は憲法が保障する表現の自由に反するなどとして、市内在住の男女8人が松井一郎市長に対して、ヘイトスピーチを認定する審査会の委員の報酬など計約115万円の支払いを吉村洋文前市長に請求するよう求めた住民訴訟の判決が17日、大阪地裁であった。三輪方大(まさひろ)裁判長は条例は合憲と判断し、市民側の請求を棄却した。
地方ニュース

【LGBT】大阪府がパートナー制度、22日から 都道府県では2例目

 大阪府は15日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的なパートナーとして認証する「パートナーシップ宣誓制度」を22日から始めると発表した。都道府県では茨城県に次いで2例目という。 府営住宅の入居要件も見直し、認証されたカップルが同居できるよう改める。  パートナー制度の対象は、一方または双方が性的マイノ
国内ニュース

国連人種差別撤廃の元委員「ヘイトスピーチの加害者は刑務所に入っても思想を変えるのは難しい」

 「それはとてもいいニュースだ」─。昨年12月に制定された「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」について国連人種差別撤廃委員会の元委員、ニコラス・マルガンさんはそう評価した。今月7日夜、海外のヘイトスピーチ、ヘイトクライム(差別と偏見に基づく犯罪)対策に学ぼうと非政府組織(NGO)が都内で開いた集会。
国内ニュース

嫌韓ヘイトを生み出したのは誰か! 安倍政権と極右勢力に乗っかり韓国叩きに明け暮れたコメンテーターの罪

 IR汚職にイラン自衛隊の中東派遣と、2020年は安倍政権のヤバイ正体が完全にはっきりする年になりそうだが、新たな問題の前にいま一度総括しておかねばならないのは、「戦後最悪」と呼ばれた日韓関係の背景と、韓国や在日コリアンに対するヘイト=差別の問題だろう。そもそも日韓対立のもとになった、慰安婦や徴用工、輸出規制