東アジアニュース

行きたいけど行けない・・・日本の夏で思い浮かべるものってなに?=中国メディア

 梅雨が明け、日本列島に本格的な夏がやってきた。とはいえ新型コロナウイルスの影響により、今年の夏は去年までとは雰囲気も、できることも大きく変わってしまっている。そして、夏の日本を楽しみにやってくるはずだった多くの中国人観光客の姿も、今年はない。  中国のポータルサイト・百度に5
国内ニュース

【立川志らく】PCR検査を素早く受けられた理由を語る最中に放送画面停止→復旧後「話ががどこまで進んだか分からなくなった」

落語家の立川志らくが6日、TBS系の情報番組「グッとラック!」にリモート出演。体のだるさと発熱のため番組を休んでいたが、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性だったことを報告し、復帰を果たした。 志らくは3日に体調不良となり、4日に番組を休んで、PCR検査を受けていた。5日には自身のツイッターで「PCR検査とCTの検査を受けまして運良く陰性でした」と報告し
国内ニュース

立憲・辻元議員が自民党本部を訪問 二階幹事長と面会

 立憲民主党の辻元清美幹事長代行(衆院大阪10区)は4日、自民党本部に二階俊博幹事長を訪ねた。辻元氏が地元の観光関係者を紹介したという。二階氏は全国旅行業協会会長で観光政策に明るい。野党幹部が自民本部を訪問するのは珍しい。  普段は舌鋒鋭く、安倍政権を追及する辻元氏は自
国内ニュース

飲み会報道の石田純一「まったく言っていないことを書かれて困っている。ハメられたっぽい。」

新型コロナウイルス感染拡大が深刻化する中、福岡での連夜の飲み会出席が週刊誌に報じられた俳優石田純一(66)が6日、文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」に生出演した。出張について「批判はしっかり受けたい」と語った一方で、発言内容については「まったく言っていないことを書かれて困っている。ハメられたっぽい。簡単に言うと怒っています」と話した。
東アジアニュース

権力型セクハラ“パワセク”という韓国文化 「文化の違い」と言い逃れ…ニュージーランド首相は文大統領に怒りの電話 /室谷克実

 朝鮮半島の組織は、李王朝の昔から「上は絶対」の原則で動いてきた。上に従順な者は出世し、逆らう者は左遷される。こういう組織文化は、雇用情勢が悪いほど、「横暴な上」をつくる。「権力型のセクハラ」(以下、パワセクと呼ぶ)が横行するわけだ。  ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長のパワセク疑惑自殺に続いて、いま韓国で大問題になっている
東アジアニュース

米厚生長官の台湾訪問に「武力使用する可能性あり」=中国メディア

米国のアレックス・アザー保健福祉長官は、新型コロナウイルス感染症に関する協力方案を協議するため、台湾を訪問する予定だと発表したことで、中国が強く反発している。 5日、中国共産党機関紙“人民日報”の姉妹紙“環球時報”は社説で「アザー米保健福祉長官の台湾訪問は、台湾
国際ニュース

【レバノン】硝酸アンモニウム倉庫の壁を溶接→爆発か

レバノンの首都ベイルートで4日(日本時間5日未明)に起きた大規模な爆発で、レバノン当局などによると100人以上が死亡、日本人1人を含む4000人以上がけがをした。爆発が起きた港の倉庫には爆発物の主要原料となる硝酸アンモニウムが大量に保管されており、ずさんな管理が爆発につながった可能性がある。  レバノン保健省によると、200
東アジアニュース

中国政府「今年も靖国参拝は自粛するように」

 15日の「終戦の日」を前に、中国側が日本政府に対して、靖国神社への閣僚らの参拝自粛を念頭に「慎重に対応するよう」求めていたことが、JNNの取材でわかりました。  関係者によりますと、中国側は外交ルートを通じて、靖国神社について日本側に慎重に対応するよう要請したということで、安倍総理らの参拝自粛を求めたと見られます。
国内ニュース

「やめたら損するのはあなたの方」韓国の“GSOMIA終了いつでも可能”発言に辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎は8月5日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、韓国外交部が「GSOMIAの終了はいつでも可能」と発言したことについて、これまでの日韓関係を踏まえて批判した。 日本と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、韓国外交部のキム・インチョル報道官は4日の定
東アジアニュース

北朝鮮で住宅の爆発相次ぐ 30人以上死傷

 爆発音とともに立ちのぼる煙と炎。これは、北朝鮮北部・恵山(ヘサン)市を中国側から撮影した映像です。韓国の北朝鮮情報専門サイト「デイリーNK」によりますと、3日夕方、恵山市の集合住宅で大規模な火災と爆発が起きました。  爆発は10回起き、火は1時間半後に消し止められましたが、少なくとも9人が死亡、30人あまりがけが
国内ニュース

【文春】「二階さんとは深い」受注額ダントツ JTBの“ドン”に「GoTo」問題を直撃

 安倍政権が7月22日から開始した「Go To トラベルキャンペーン」。中小よりも大手が恩恵を受けると指摘されているが、その筆頭がJTBだ。同社は昨年度、国内旅行で約9300億円と断トツの取扱額を誇る。またJTBは、国の観光政策を担う観光庁とも“蜜月関係”にある。 「観光庁が年間90億円前後の運営
国際ニュース

シンガポールでデング熱の感染 過去最多の2万2000人超に

シンガポールでは蚊が媒介するデング熱の感染が、ことしに入って2万2000人余りと、これまでで最も多くなっていて、当局が警戒を呼びかけています。 シンガポールでは、ことし4月ごろから、蚊が媒介するデング熱の感染が例年を上回るペースで報告されています。 先週1週間に1380人の感染が確認されるなど
国際ニュース

中国から届いた『謎の種』を植えてしまった男性「狂ったように成長しだした」

ざっくり言うと ・中国から「謎の種」が送りつけられたという報告が各国で相次いでいる ・米男性がすでに「種」を植えてしまい、2カ月以上が経っていたと分かった ・男性によると、芽が出てから「狂ったように成長しだした」とのこと
国内ニュース

玉川徹「検査しても明日感染するかもしれないって、よく話出てくんですけどナンセンスだから」 ネット「自分でPCRの事否定してるの気づいてない…

新型コロナ、 玉川徹 「明日感染するかもしれないって、よく話出てくんですけどナンセンスだからやめた方がいいと思うんですよ。今感染してない人が明日感染するってどんだけ市中感染率高いんですかって話なんですよ。そんなナンセンスな話しなくていい」
地方ニュース

【長野県】マツタケ豊作、前年同期の100倍

 本格的なキノコのシーズンを前に、夏の県産マツタケの出荷量が伸びている。国際自然保護連合のレッドリストで絶滅危惧種に指定されたことが話題となる中、青果卸の長野県連合青果(上田市)によると、少なくとも過去10年で最も多い。夏のマツタケは「早松(さまつ)」とも呼ばれ、一般的に少量で出回りにくいが、今季は既に前年同期の100倍以上の約80キロを出荷