国内ニュース

国内ニュース

日米豪印、10月に東京で外相会談へ 中国けん制狙い 菅首相との面会も調整

 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国は10月上旬にも東京で外相会談を開く調整に入った。日本政府関係者が19日、明らかにした。南シナ海や東シナ海で海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。法の支配など国際ルールを重視する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向け、連携を確認する。
国内ニュース

スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は「350万部以下」か

新聞離れに歯止めが掛からない中、朝日新聞の販売部数(朝刊)が8月についに500万部を割ったことが分かった。400万部台に落ち込んだのはおよそ55年ぶりのことだ。新聞販売関係者の間では、読者に配達されないまま廃棄される「押し紙」の分を差し引いた実売部数は300万~350万部程度との見方が強い。10年で300万部失う惨状
国内ニュース

安倍前首相に「五輪組織委の新ポストを」 森喜朗会長が意向

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は17日、安倍晋三・前首相に組織委内の新たなポストを用意する考えを示した。安倍前首相は組織委の顧問会議の最高顧問・議長を務めてきたが、このポストには菅義偉首相が就く予定になっている。  16日に発足した新内閣でともに留任した萩生
国内ニュース

【文科省】職員100人超が副大臣らを深夜出迎え「非常識」 -朝日新聞

新内閣発足に伴う文部科学省の新しい副大臣と大臣政務官計4人の初登庁が18日夜、省内であり、職員ら100人以上が待機して出迎えた。その後の記者会見は日付をまたいで行われ、職員は未明まで対応した。省内では9月までを「働き方改革推進強化月間」としており、職員からは「非常識」との声が上がった。
国内ニュース

ジャパンライフ、大手新聞社OBなどを顧問にして顧客を信用させていた 元朝日新聞には顧問料として3千万円

顧客から2,100億円を集め破綻した「ジャパンライフ」の山口元会長ら14人が逮捕された事件で、元特許庁長官や元大手新聞社の政治部長を顧問に登用するなど、著名人を利用して、顧客らを信用させていたことがわかった。 被害者弁護団によると、オーナー商法を展開
国内ニュース

【週刊実話】 主要人事は4人組の「談合」 安倍・麻生、菅・二階の権力私物化を全部バラす!

新政権での主導権と利権構造を維持したい安倍・麻生、菅・二階の「4人組」。先のデスクが説明する。 「昨年秋の内閣改造で、菅氏は平将明氏を内閣府副大臣に引き抜き、重用しました。二階氏も鴨下一郎党都連会長と都知事選対応で関係を強めた。平・鴨下氏は石破氏の側近です
国内ニュース

安倍前総理が靖国神社を参拝。安倍氏の参拝は総理在職中の2013年12月以来

本日、靖国神社を参拝し、今月16日に内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告いたしました。
国内ニュース

辻元清美「菅総理、ご就任おめでとうございます。叩き上げ対決、待っててね。」

菅総理、ご就任おめでとうございます。 叩き上げ対決、待っててね。
国内ニュース

【週刊現代】 全国289選挙区当落完全予測 「自民43議席増 327議席、立憲29議席減 78議席」

支持率60%で臨む前代未聞の勝負 小沢一郎も菅直人も 海江田万里も落選! 菅政権が歴史的勝利 「自民43議席増 327議席、立憲29議席減 78議席」 ――小選挙区のマジック、10%票がひっくり返っただけで恐ろしい結果に。
国内ニュース

橋下徹氏、石破茂氏は「野党のトップとして自民と勝負してもらいたい」

 17日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、スタートを切ったばかりの菅政権を特集した。  この日の番組には元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が生出演。総裁選で敗れた石破茂元幹事長(63)について、 「国民が日本のリーダーになって欲しい二番手のポジションに菅さんに次いでいるのが、石破さん。自民党
国内ニュース

【毎日新聞】ジャパンライフに8000万円投じた女性「安倍首相らが広告塔なので信用してしまった。踏んだり蹴ったりの生活になった」★4

全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」を率いた元会長、山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕された。商品を購入すると配当がもらえるというセールストークを信じて老後の蓄えを投じたお年寄りは今、「なぜ信じてしまったのか」と悔やみきれない生活を送っている。
国内ニュース

【不正】事業者がゆうちょに反論「2要素認証を行うのはゆうちょ銀行側であり、こちら側の了解を得て判断するものではない」

そして先ほどのゆうちょ銀行のお知らせにあった「2要素認証」だ。サービス事業者のアカウントと銀行口座の接続において、相互で本人認証が行われることはセキュリティ上重要だ。2要素認証とは、2つの異なる要素(例えば「ID+パスワード」と「トークン(ワンタイムパスワード)」や「生体認証」)を組み合わせる仕組みのことだ
国内ニュース

自民・高鳥修一衆議院議員 新型コロナ感染確認 国会議員で初 ★3

衆議院は、自民党の高鳥修一衆議院議員が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。国会議員の感染確認は初めてです。 感染が確認されたのは、衆議院新潟6区の選出で自民党の高鳥修一議員、59歳で、18日午後、衆議院が発表しました。
国内ニュース

鳥越俊太郎氏「”管”総理の誕生だ。」

管首相の誕生だ。前文科省事務次官、前川喜平氏はこれを許す国民を「蒙昧の民」と呼ぶ。同志社大教授、浜矩子氏はもっと厳しい目を向ける。管首相を「奸佞首相」と切り捨てる。しかし、「週刊現代」は解散総選挙は10月25日、自民党が310議席取ると予測。
国内ニュース

【東京新聞】憲法が認める「必要最小限の防衛力」とは…議論ないまま攻撃的兵器の配備が拡大 安保法あす5年

 安全保障関連法の成立から5年。政府はこの間、一貫して「専守防衛」の方針に変わりはないと主張してきた。その一方、護衛艦の事実上の空母化や長距離ミサイルの導入決定など、他国を攻撃できる兵器の配備に向けた準備を着々と進め、敵基地攻撃能力の保有検討にも着手している。他国を武力で守る集団的自衛権の行