国内ニュース

【河野防衛相】ミサイル防衛「なぜ中国の了解がいるのか。なぜ韓国の了解が必要なのか」 会見で語気強める ★3

河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で、ミサイル防衛に関して「相手領域での弾道ミサイルなどの阻止」を盛り込んだ自民党提言が「中国や韓国の理解を得られる状況ではないのでは」と質問され、「主に中国がミサイルを増強しているときに、なぜその了解がいるのか」と語気を強めた。
東アジアニュース

中国で「新型ブニヤウイルス」が流行のきざし 60人感染、7人死亡 白血球減少や体内での出血など

「新型ブニヤウイルス」というウイルスに感染し、中国で7人が死亡していることが分かりました。 中国メディアによりますと、江蘇省南京市に住む60代の女性は40度の高熱が続いてせきとだるさもあったため病院に行ったところ、 新型ブニヤウイルスに感染したと診断されました。同じ病院では今年に入り、合わせて37人の感染が確認されてい
国内ニュース

テレビ朝日・玉川徹氏、国会を開催しない安倍首相へ「『悪夢のような民主党政権』と言っていたんですけど、それ言えますかね?」

 4日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、感染が拡大する新型コロナウイルスについて特集した。  スタジオでは、感染拡大の中、閉会している国会の開催について議論した。コメンテーターで同局の玉川徹氏は、民主党政権時代の2011年の東日本大震災の時に国会が「通常国会が8月末まであった。だからまだ東日本大震災の時は今も
東アジアニュース

「なぜ日韓の対立は消えないのか」=米メディアの疑問に韓国ネットからさまざまな意見

2020年8月3日、韓国日報は、米メディアが「なぜ日韓の対立は消えないのか」と報じたことを取り上げた。 記事によると、米ブルームバーグ通信は同日、「徴用工問題や慰安婦問題など、日韓の間で『適切なざんげと補償』の有無をめぐる対立が生じている」とし、「これは両国の安全保障協力能力にまで影響を及ぼしている」と伝えた。
国内ニュース

【サッカー】飲酒にブーイング…ルール違反のサポーター続出 Jリーグ試合「無観客に戻すべき」の声も

 観戦ルールは徹底できるのか。新型コロナウイルス感染対策のため人数を制限して観客を動員しているサッカーJリーグで、リーグやクラブが周知しているルールに反するサポーターの行為が見受けられている。新規感染者数が増加傾向にあるだけに、インターネット上で物議を醸している。  2020年8月1日に開催されたJ1第8節では
国内ニュース

石田純一全く懲りず 7月中旬に福岡に5日間滞在し女性をお持ち帰り 東尾理子も呆れ -ゴゴ通

タレントの石田純一さんが4月に新型コロナウィルスによる肺炎で入院したことにより、多くの人から誹謗中傷を受けており、また仕事の復帰が出来ずに金銭的な面でも苦しんでいることを2020年7月31日放送の『直撃LIVE グッディ!(フジテレビ系)』で告白したばかり。 その放送では「多くの批判を受け
地方ニュース

軽症者の宿泊施設、沖縄だけゼロ…菅長官が不快感「何回となく促した」 玉城知事は反論 ★4

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の軽症者や無症状者が療養する宿泊施設の確保が沖縄県で進んでいないとして、「政府から何回となく、確保すべきであると促してきた」と不快感を示した。一方、沖縄県側は国の通知通り期日の7月末までに確保したと反論。問題はないとの認識を示している。
東アジアニュース

韓国の大学教授「日本がスワップ再開できずに残念がっている状況で、我々は全く残念に思う状況でない」

 日本の強制徴用企業の国内資産を差し押さえるための裁判所手続きが4日午前0時から始まった。大邱地裁浦項支部が6月、ポスコと日本製鉄(旧:新日鉄住金)の合弁会社PNRに対して下した株式差し押さえ命令の公示送達効力が発生し、現金化のための手続きを踏めるようになることによるものだ。ただし、債務
東アジアニュース

【片想い】韓国、最愛のドイツが“G7参加”に反対…こだわる文在寅への冷めた視線 -新潮

事あるごとに日本に謝罪と賠償を要求する韓国の常套句に、「ドイツを見習え」というのがある。ナチスの蛮行を謝罪したドイツを見習って、日本も韓国に謝罪せよという意味で使われている。そんなドイツは日本に続き、韓国の「先進国首脳会議(G7)参加」に反対を表明した。米トランプ大統領は5月、米国
国内ニュース

立川志らく、「グッとラック!」を欠席。昨日37.5度、PCR検査受ける

落語家の立川志らくが4日、MCを務めるTBS系「グッとラック!」を欠席した。国山ハセンアナウンサーによると、志らくは前日に帰宅後、身体にだるさを感じ、37・5度の発熱があったという。 番組冒頭、ハセンアナが志らくについて「昨日、放送を終えた後、帰宅後です。身体にだるさを感じたた
国内ニュース

【NEC】豪州の5G、来年にも参入 ファーウェイ不在で空白となった部分に日本勢が食い込めるのか

NECのオーストラリア現地法人の室岡光浩社長兼最高経営責任者(CEO)は3日、時事通信のインタビューに応じ、政府が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を排除した豪州の次世代通信規格「5G」市場に、早ければ来年の参入を目指す方針を明らかにした。
国内ニュース

【台風接近】尖閣周辺に中国公船現れず 連続航行111日で途切れる

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で、3日に中国海警局の船の航行が確認されなかったことが4日、海上保安庁関係者への取材で分かった。平成24年9月の尖閣諸島国有化以降、最長となっていた周辺海域での連続航行日数は111日で途切れた。  2日午前に接続水域を出た4隻はその後、
東アジアニュース

【徴用工訴訟】日本製鉄の韓国内資産、4日から現金化可能に

いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁が新日鉄住金(現・日本製鉄)に賠償を命じた問題で、韓国の大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支部が6月にとった日本製鉄への資産差し押さえ命令の「公示送達」の効力が4日に発生する。これにより、韓国国内の同社の資産の現金化手続きが可能となる。
東アジアニュース

【新潮】中国「三峡ダム」決壊危機、日本に責任転嫁!?

・・・・中国が世界に誇る巨大ダムの決壊は、我が国にとって決してひとごとではない。というのも先の譚氏は、 「ダムが決壊することになれば、中国政府は“原因は日本企業にある”と言い出しかねません」 そう警鐘を鳴らすのだ。かつて2000年、三
国際ニュース

米陸軍「在韓米軍は必要ない」「主要パートナーは日豪で、韓国は不要」

「米軍の抜本的な配備変更とともに必要なのは、主要なパートナーだ。それは日本とオーストラリアだ」 「両国は、多領域での統合戦闘能力を連帯配備するうえで最も適した、そして最も重要なパートナーである」 在韓米軍兵力の大半を占める米陸軍の基幹的シンクタンク